TOP > コラム > 成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年8月19日版】
コラム

成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年8月19日版】

成り上がり夫婦のドリーム馬券術
山の神様からのお告げで、青が良い!と言われた洋子、実際先週の土日とも4枠の馬を選んで勝負したが、馬券は微妙。
ただ、どちらのレースも、枠連では、4枠がらみだった。

「だからさ、やっぱ当たってるんだって。山の神様凄いよ。どっちも4枠、青い帽子が来てるんだから。」

洋子「そうなのよね。だったら枠連だけにしようかな。でもそうすると、塩爺みたいに渋い馬券になっちゃうじゃん。」

「でも、2回続けて当たってるんだから、ここで、青を無視しちゃダメじゃないか?」

洋子「だよね。でもさ、あの爺さんさ、あの後もちょくちょく電話してきてさ、よく分かんないことばっかり言ってるのよ。」

「え?なにそれ。なんて言ってんの?」

洋子「今度、龍に乗りに行こう!とか、クマの手の平を食べに行こう!とか、蛇が洋子ちゃんを呼んでるとか・・。私は、訳分かんないから、あ~そうでしたか、でごまかしてるんだけどさ。」

「あの人自体が、山の神様みたいだもんな。普段はどこに住んでるの?あの人。」

洋子「ええと、ミッドタウンかな。」

「山じゃないのかよ。なんだ。ミッドタウン???」

洋子「そうなのよ、だからさ、山に行きたいんじゃないの、また私と。そもそも私、あの爺さんに全裸見られてるしね。」

「一人暮らしなんだろ?たまに遊びに行ってあげたら?ミッドタウンに。」

洋子「そうね、絶対お小遣いくれるしね。」

「で、あの人は、競馬やらないんだっけ?」

洋子「それがさ、どうも馬持ってるみたいなのよ。そして、1号とか7号とか知ってるとか言ってたから、馬主仲間なんじゃないの?」

「あらら、そうなんだ。じゃあ、今度、競馬上にも誘えば。」

洋子「あんた、どうして、あの爺さんと私をくっつけようとしてんの?」

「なんかさ、凄いパワー感じて、オレもご一緒したいんだって。」

洋子「へええ、じゃあ、連絡しとくよ。」

そんな訳で、謎の爺さんを誘うことになった洋子だが、明日も、やはり4枠から買うらしい。

狙うレースは・・・札幌6レース!

まずは、枠連。4枠二頭で決まる、4-4を3万。4-7,4-8を1万ずつ。
それと、6番のフュージョンロック軸一頭流しの三連複、相手が、2,4,5,11,13,を2000円ずつ。
頭固定の三連単を、相手5頭に1000円ずつ。

これで勝負するらしい。
また枠連だけにならないといいのだが・・・。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line