TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~札幌編~【2017年8月20日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~札幌編~【2017年8月20日版】

抱きしめて!ミスターP
柳田です。
日曜日の札幌は9Rに出走するタワーオブロンドンに注目。

昨日の小倉編のコラムで「ミルリーフ系」の話を書いた。

オークス馬のソウルスターリング、桜花賞2着リスグラシュー。いずれも母母父はミルリーフ系種牡馬。同様にファインモーション、スノードラゴン、テイエムオーシャンなど。

また父がミスタープロスペクター系ならローズキングダム、ハクサンムーンが母母父にミルリーフ系の種牡馬を持った馬として活躍した。

そして、タワーオブロンドンは母父にミルリーフ系のダラカニが入る。

日本の競馬で母父ダラカニの産駒は多くなく、またこれまで活躍した馬も特にいない。

ただ、勝ち星を挙げられなかった馬の大半は父サンデーサイレンス系。それに対して、少ない中からタワーオブロンドンのように、そこそこの結果を残している馬はいずれも父はミスタープロスペクター系である。

つまり、母父ダラカニと父ミスタープロスペクター系の相性は、サンデーサイレンス系よりも「合う」という可能性が高い。

ちなみにタワーオブロンドンの父はレイヴンズパス。日本で走った産駒は少ないが、母父のロードアトウォーは数少ない産駒から活躍馬を出したウォーエンブレムの母父と同じ。

これらの血が覚醒するようなら、タワーオブロンドンのような血統が日本で活躍する可能性は十分に秘めていると思う。

札幌9Rは⑩タワーオブロンドンを軸に「3連複1頭軸」で流して計6点。
相手は、②ヴーディーズピアス、③リープフラウミルヒ、⑧イシマツ、⑪デルマキセキ。

各1万


抱きしめて!ミスターP~新潟編~
抱きしめて!ミスターP~小倉編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line