TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~新潟編~【2017年8月20日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~新潟編~【2017年8月20日版】

抱きしめて!ミスターP
日曜日の新潟は1Rのダイメイジャスミンに注目。

このコラムを書き始めてから「今後の主流血統はキングマンボ系であり主役はロードカナロア」と何度も書いた。

ダイメイジャスミンは、そのロードカナロア産駒。母父もミスタープロスペクター系のスマートストライク。「ミスターP」のコラムで書くにはピッタリの馬だろう。

しかし、この馬の血統背景で注目したいのは、むしろ3代母のチャンシースクゥオー。

白井寿昭先生が牧場時代にアメリカで発掘したアグネスデジタルの母だ。

アグネスデジタル以降もジャリスコライトやシェルゲームといった活躍馬を出した名牝でもある。

名馬を生んだ牝系に、父は期待のロードカナロア。

馬体重が400キロほどで小柄過ぎるので最初はデビュー当初は「様子見かな」と思っていたが、初戦も前走も好スタートを切ってゲートの上手さを見せる上に、好位の競馬で最後までしぶとく脚を残す。

馬体の小ささは常にネックだが、改めて注目している。

新潟1Rは⑤ダイメイジャスミンを軸に「3連複1頭軸」で流して計10点。
相手は、アグネスデジタル産駒③マントラのほか、①アースフライト、⑩ゴールドシャッツ、⑫ニシノアリオス、⑭アトレヴィード。

各5千


抱きしめて!ミスターP~札幌編~
抱きしめて!ミスターP~小倉編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line