TOP > エンタメ・雑学 > 2017年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
札幌記念を制したのがサクラアンプルールだった今週の競馬界。
サトノダイヤモンドの近況、アロゲート連敗など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

【札幌記念】伏兵サクラアンプルール勝利!

inyofu 8月20日、札幌競馬場で開催された第11R・札幌記念(GII、芝2000m)は、中団内々で脚を溜めた6番人気サクラアンプルール(牡6、美浦・金成)が、直線外めより一気に脚を伸ばし1着でゴールイン。待望の重賞初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分0秒4(良)で、鞍上は蛯名騎手。クビ差の2着は後方から猛然と追い込んできたブービー12番人気のナリタハリケーン、2着に1馬身半差の3着は先団やや後方より脚を伸ばした1番人気ヤマカツエースが入った。なお、2番人気エアスピネルは好位追走も終いの伸びを欠き5着、3番人気マウントロブソンはスタート後手が響いたか8着、4番人気サウンズオブアースは中団から終い良く差を詰めるも4着までとなっている。

▽配当
単勝1 1990円
馬連1-2 3万7670円
馬単1-2 6万9510円
3連複1-2-3 2万6730円
3連単1-2-3 20万1410円
(1.サクラアンプルール、2.ナリタハリケーン、3.ヤマカツエース)
動画を見る
6番人気だったサクラアンプルールが重賞初制覇での優勝。さらに2着に12番人気ナリタハリケーンが入るなど荒れた結果に。

ルメール騎手 今年も100勝!

inyofu ■札幌競馬第12R・石狩特別でスターオブペルシャ(セ4)が1着となり、騎乗していたクリストフ・ルメール騎手(38、栗東・フリー)は、3年連続3回目となるJRAでの年間100勝を達成している。本年の年間100勝達成は、戸崎圭太騎手、M.デムーロ騎手に続く3人目。C.ルメール騎手は「インタビューの時間が長くとれる最終レースで年間100勝を達成することができました。藤沢和雄厩舎の馬で達成しましたが、オークスと日本ダービー両方を勝ったように、今年はとてもいいコンビネーションです。ソウルスターリングやレイデオロは強い馬ですから、秋も楽しみです。札幌競馬場はとても綺麗で、ヨーロッパの芝に似ています。これからも年間100勝を達成していきたいです」と、JRAを通じてコメントしている。
今年もルメール騎手が100勝を達成。今年では戸崎騎手、デムーロ騎手に続いて3人目であった。毎年当たり前のように100勝を達成しているがとんでもない記録である。これからも競馬界を盛り上げていってくれるだろう。

サトノダイヤモンド フランスの地に到着

inyofu 凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月1日=仏シャンティイ)に挑むサトノダイヤモンド(牡4、池江)が20日、フランス・シャンティイの小林智厩舎へ到着した。

 僚馬サトノノブレス(牡7)とともに、成田空港から約12時間でオランダのアムステルダム空港へ。さらに陸路で8時間をかけて、同日午前0時42分(日本時間同7時42分)に現地に到着した。
サトノダイヤモンドとサトノノブレスがともに無事フランスに到着。前哨戦フォワ賞、そして本番に向けて調整をしていく。

今週のリーディング情報

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週5勝)【119.84.57.53.49.233】(→)
2位 M.デムーロ騎手(今週5勝)【109.69.58.39.37.133】(→)
3位 C.ルメール騎手(今週2勝)【101.85.70.47.34.171】(→)
4位 福永祐一騎手 (今週0勝)【72.53.49.38.38.194】 (→)
5位 内田博幸騎手 (今週1勝)【65.59.65.61.55.324】 (→)
6位 和田竜二騎手 (今週0勝)【62.51.61.68.67.336】 (→)
7位 岩田康誠騎手 (今週2勝)【60.55.57.50.47.273】 (↑)※前週8位
8位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【60.46.31.29.32.210】 (↓)※前週7位
9位 吉田隼人騎手 (今週1勝)【58.24.36.32.38.276】 (→)
10位 武豊騎手   (今週3勝)【57.59.45.45.41.192】 (→)

イギリス遠征から帰国した戸崎騎手は今週さっそく5勝を積み重ね、早くも120勝台にリーチ。追うデムーロ騎手も同数の5勝と気を吐いたものの、1人気馬で4度の取りこぼしと、もったいない結果になってしまいました。その他では、7月1日の落馬負傷以来、戦線を離脱していた田辺騎手が今週より騎乗再開。本日20日に新潟で勝ち鞍をあげ、元気な姿を見せてくれています。本年序盤には首位をキープしていた時期もあっただけに、ここから何とか巻き返しを図りたいところでしょう。
戸崎騎手、デムーロ騎手ともに5勝を挙げて差は変わらず。ルメール騎手も含めてまだまだ激しい首位争いは続きそうである。

アロゲートまさかの連敗【パシフィッククラシック】

inyofu 主戦のM.スミス騎手を背に出走したアロゲートは3番手でレースを進め、3コーナー過ぎから進出を開始。直線ではアロゲートと、その前を行っていたコレクテッドとアクセラレートの3頭に勝負の行方は絞られたが、ハナに立っていたコレクテッドが逃げ切った。鞍上はM.ガルシア騎手。アロゲートはコレクテッドを半馬身捕らえられず2着。アクセラレートが3着。勝ちタイムは2:00.70。

 勝ったコレクテッドは父City Zip、母Helena Bay(その父ヨハネスブルグ)の4歳牡馬。この勝利で4連勝とし、G1は初制覇。アロゲートと同じボブ・バファート調教師の管理馬で、アロゲートとともにブリーダーズCクラシックに向かう見通し。
現役最強馬と名高いアロゲートがパシフィッククラシックに出走して同厩舎のコレクテッドに敗れて連敗を喫した。なにかあったのかと心配な声も上がるが、それでも2着でゴールしており、負けたことがニュースになるのも最強の証であろう。次走の巻き返しに期待したい。

2017年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは戸崎騎手が単独トップで君臨。デムーロ騎手ルメール騎手は捕らえられるか。札幌記念は伏兵サクラアンプルールが大いに盛り上げてくれた。アロゲートの連敗やサトノダイヤモンドフランス到着など海外からもニュースが飛び込んできて話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line