TOP > 競走馬 > 【2014年プロキオンS】ノリにノってるノーザンリバーが一気に重賞5勝目へ!
競走馬

【2014年プロキオンS】ノリにノってるノーザンリバーが一気に重賞5勝目へ!

芝、ダートあわせて重賞を4勝しているノーザンリバー。プロキオンSを制して重賞2連勝で、5つめの重賞制覇なるか!?
競走馬

近走の成績がすばらしいノーザンリバー

昨年の8月のクラスターCでの3着以来掲示板を逃していないノーザンリバー。その間に重賞を3回勝っている。


↓ ノーザンリバーの戦績データはこちら ↓

ダートでの重賞初勝利【カペラS】

http://youtu.be/Sue3GN9gk6M
inyofu 1着 ノーザンリバー 柴田善臣騎手 「1400mの競馬を使っていてズブくなってきたと聞いていましたので、最内枠から前へ行きました。3~4コーナーはいい手応えでどこへ行こうか迷うくらいでしたし、仕掛けてからも馬の間を抜けるのが速かったです。状態もよく、乗りやすい馬で思ったより強かったです。短いところで走りましたが、1400mでも走れますし、元気もあります。これからも楽しみな馬です」

ダート重賞2勝目【東京スプリント競走】


inyofu 勝ったノーザンリバーは、父アグネスタキオン、母ソニンク、その父Machiavellianという血統。昨年12月のカペラSでダート重賞初制覇(芝では3歳時にアーリントンCを制している)を挙げると、続く根岸Sで2着、フェブラリーSで4着と、ともに人気薄ながら健闘。断然人気に支持されたここをキッチリと制し、改めてその実力を証明した。

前走、ダート重賞3勝目【さきたま杯】

inyofu 【蛯名正義騎手のコメント】 「なんとか勝ててよかったです。スタートは普通に出られて、もうちょっと行けるかなと思ったんですけどね。自分が思ったよりも位置取りが後ろになってしまいました。カーブがキツくてなかなかスピードの乗りが良くなかったんですけど、直線を向いてからはこの馬本来の伸び脚で伸びて、届いてくれてよかったです。残り100mぐらいのところでは結構いい脚だったので間に合うと思いました。ここのところ状態、成績共に安定していますし、今後も楽しみだと思います。今日はありがとうございました。また頑張っていきますので応援よろしくお願いします」

プロキオンSで重賞連勝で5勝目へ

inyofu ノーザンリバー(牡6、栗東・浅見秀一厩舎)は3歳時に芝のアーリントンCを勝つなど、ダート馬としては軽いスピードが武器の馬。距離の1400mはベストと言っても良い条件だし、梅雨の時期で脚抜きの良いダートになれば、そのスピードをいかんなく発揮できそう。前走のさきたま杯に引き続き、重賞連覇が期待される。
inyofu ノーザンリバーが背負う斤量は58kg。 かなり重いです。 過去10年で58kg以上背負った馬は 0-1-2-5 と未勝利。 ただ、1番人気に推された馬は0頭。 2番人気に推された馬は 0-1-1-0 で複勝率100%。 厳しい重斤量でも、高い支持を受けた馬は確実に好走してきます。
inyofu 中京ダート1400mで開催されます。 中京コースは初ですが、同じ左回りで直線の長い東京コースは大得意。 今年、根岸S1着・フェブラリーS4着と、申し分ない実績を残しています。
inyofu フェブラリーSで多くの有力馬に先着しています。
4着ノーザンリバー
10着ゴールスキー
13着ベストウォーリア
14着アドマイヤロイヤル
15着シルクフォーチュン
inyofu という訳で、ノーザンリバーのプロキオンSでの評価は…
95点
余程の不利がない限り、馬券圏内は安泰でしょう。

不安は斥量?


重賞5勝目へノリにノっているノーザンリバーが重賞5勝目を成し遂げる期待度は高そうだ。少なくとも馬券に絡むことは間違いないというのが大方の予想である。心配なのは斥量58kgのハンデ。ここを不安視する声があるが果たしてどうなるか?また、近走で相性のいい蝦名騎手の騎乗にも期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line