TOP > 予想/馬券 > 【プロキオンS】連覇なるか!?レコードホルダー アドマイヤロイヤル
予想/馬券

【プロキオンS】連覇なるか!?レコードホルダー アドマイヤロイヤル

昨年のプロキオンSの覇者アドマイヤロイヤルが連覇に向かって燃えている。近走も安定感のある走りで、昨年コースレコードで勝った脚は健在である。
アドマイヤロイヤル

2013年【プロキオンS】制覇

嬉しい初重賞制覇を成し遂げた昨年のプロキオンS。さらにコースレコードのおまけつき。この馬の1400の強さをしっかりと見せつけたレースであった。

掲示板を外さない安定の走り

inyofu 昨年のプロキオンSで1分21秒9のコースレコードをマークし、待望の重賞初制覇を達成。その後もダート重賞路線で上位争いを演じており、5戦して大きく崩れたのは3走前のGI・フェブラリーS(14着)だけで、残る4戦では武蔵野S2着をはじめ、すべて掲示板を確保している。

↓ アドマイヤロイヤル戦績 ↓

連覇に向けて

inyofu 良化途上だった前走を使って上向いている。以前は休み明けの方がよかったけど、体質が強くなってからは叩き2、3戦目の方が走れる状態になっている」と児玉助手。2日の1週前追い切りでは、栗東坂路を単走で4ハロン50秒4の自己ベストをマークしている。一昨年2着、昨年Vとレース相性は抜群で「器用なタイプじゃないので、広くて走りやすい中京は合っている」と、スターリングローズ(2002、03年)に続く史上2頭目の連覇を狙う。
inyofu 今回は、プロキオンS連覇を狙っての出走。2日の栗東坂路は全体的に時計の出やすい馬場コンディションだったが、ほぼ馬なりで4ハロン50秒4、ラスト1ハロン12秒8をマーク、文句なしの動きを披露している。スムーズな競馬ができるかどうかが、一番のポイントになりそうだ。
自己ベストを更新するなど調子はかなり良い。相性のいいコースで連覇に期待がかかる。

外枠がほしい

inyofu  橋田調教師「前走(アハルテケS=3着)は砂をかぶって嫌がっていたが、外に出してからはよく伸びていた。外枠がほしいところだね」
inyofu 。前走のオープン特別・アハルテケSは、道中で砂を被って後退してしまい、4コーナー12番手からクビ+2馬身半差の3着に追い上げるのが精一杯だった。
砂をかぶるのを嫌がるので内枠はあまり好ましくない。外枠が決まったらチャンスである。
 

連覇へ期待の声


2012年2着、2013年1着でコースレコードと得意にしているこのレース。今回も期待がかかって当然であろう。その期待に応えられる準備は、栗東坂路を単走で4ハロン50秒4の自己ベストを出していることからも万全と言えよう。枠順が内になると不安材料も見えてくるがそこは祈るしか無い。2014年プロキオンS、アドマイヤロイヤル連覇なるか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line