TOP > 予想/馬券 > 前走と同じ騎手の馬が9連勝中【第31回セントウルステークス】予想まとめ
予想/馬券

前走と同じ騎手の馬が9連勝中【第31回セントウルステークス】予想まとめ

2017年9月10日(日)阪神競馬場で行われるGI【第31回産経賞セントウルステークス】はサマースプリントシリーズの最終戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(2006年中京も含む)

inyofu ・セントウルS/人気データ
1番人気 (1-5-2-2)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (2-0-0-8)
5番人気 (1-1-2-6)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (0-1-2-27)
10人以下(2-1-2-55)

・セントウルS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/13500円・19080円(11-7-1)
2008年/16600円・124330円(3-11-9)
2009年/ 1430円・20130円(5-1-11)
2010年/ 3700円・14010円(4-2-5)
2011年/ 4760円・ 3080円(2-5-1)
2012年/ 1670円・61870円(6-1-12)
2013年/ 240円・ 430円(2-1-3)
2014年/ 1180円・ 1900円(4-1-2)
2015年/11010円・40700円(10-1-5)
2016年/ 490円・ 5050円(1-2-9)

・セントウルS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-1-0-0)
2.0~2.9倍 (1-3-2-1)
3.0~3.9倍 (0-1-0-2)
4.0~4.9台 (1-1-0-3)
5.0~6.9倍 (1-1-1-6)
7.0~9.9倍 (3-0-0-9)
10.0~14.9倍(1-1-2-15)
15.0~19.9倍(1-1-1-13)
20.0~29.9倍(0-0-1-14)
30.0~49.9倍(2-1-0-10)
50.0~99.9倍(0-0-2-15)
100倍以上  (0-0-1-32)
inyofu ・セントウルS/馬齢データ
3歳 (3-1-1-14) 15.8% 21.1% 26.3%
4歳 (3-2-2-21) 10.7% 17.9% 25.0%
5歳 (4-5-3-30) 9.5% 21.4% 28.6%
6歳 (0-1-4-34) 0.0% 2.6% 12.8%
7歳上(0-1-0-21) 0.0% 4.5% 4.5%

・セントウルS/性別データ
牝馬  (6-3-6-38)
牡・セン(4-7-4-82)

・セントウルS/所属データ
美浦(1-1-2-18) 4.5% 9.1% 18.2%
栗東(9-7-8-101) 7.2% 12.8% 19.2%
外国(0-2-0-1)  0.0% 66.7% 66.7%
inyofu ・セントウルS/枠データ
1枠(2-1-0-11)
2枠(3-0-1-14)
3枠(1-0-1-16)
4枠(0-2-2-16)
5枠(1-1-0-18)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-2-1-17)
8枠(2-3-3-12)

・セントウルS/馬番データ
1番 (2-1-0-7)
2番 (0-0-0-8)
3番 (0-0-1-9)
4番 (3-0-1-6)
5番 (0-0-0-10)
6番 (1-0-1-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-1-1-8)
9番 (1-2-0-7)
10番(0-1-0-9)
11番(1-0-2-7)
12番(0-0-1-9)
13番(1-1-0-8)
14番(0-0-1-7)
15番(0-1-1-6)
16番(1-2-1-2)

・セントウルS/脚質データ
逃げ(4-0-1-5)
先行(4-6-3-27)
差し(2-2-6-39)
追込(0-2-0-49)
inyofu ・セントウルS/前走データ
北九州記念(5-1-5-50)
アイビスサマーダッシュ(3-1-0-5)
キーンランドC(0-1-0-7)
高松宮記念(1-2-0-5)
函館スプリントS(0-1-1-2)
安田記念(0-1-0-6)
CBC賞(0-1-1-7)
NHKマイルC(0-0-1-2)
ヴィクトリアマイル(0-0-0-4)
関屋記念(0-0-0-3)
海外G1(0-2-0-2)

OP特別(0-0-2-18)
1600万下(0-0-0-4)
1000万下(0-0-0-1)

・セントウルS/前走着順別データ
1着  (4-3-3-20)
2着  (0-4-0-9)
3着  (3-0-0-7)
4着  (0-0-2-10)
5着  (0-2-0-10)
6~9着(1-1-4-23)
10以下(2-0-1-40)

・セントウルS/前走人気別データ
1番人気 (3-3-4-10)
2番人気 (3-3-1-11)
3番人気 (0-1-0-7)
4番人気 (0-0-2-13)
5番人気 (1-0-1-12)
6~9人 (3-1-2-33)
10人以下(0-0-0-31)
inyofu ・セントウルS/前走距離データ
1000m(3-1-0-5) 33.3% 44.4% 44.4%
1200m(6-7-7-88) 5.6% 12.0% 18.5%
1400m(0-0-2-12) 0.0% 0.0% 14.3%
1600m(1-2-1-15) 5.3% 15.8% 21.1%

・セントウルS/間隔データ
連闘(0-0-0-2)
2週(0-1-1-14)
3週(2-0-3-23)
4週(3-1-2-32)
5週~9週(3-1-0-11)
10週~25週(2-7-4-35)
半年以上(0-0-0-3)
inyofu ○1番人気
(1-5-2-2)
△単勝50倍以上
(0-0-3-47)
×7歳以上で当日3番人気以下
(0-0-0-21)
追い込み
(0-2-0-49)
△OP特別・条件戦
(0-0-2-23)
×10番人気以下
(0-0-0-31)
△前走1400m
(0-0-2-12)
inyofu 前走と同じ騎手が騎乗する馬に注目

過去10年のセントウルSでは、前走と同じ騎手で臨んだ馬の成績が良好。乗り替わりで臨んだ馬は不振で、優勝したのは2007年のサンアディユが最後となっている。

阪神1200m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu 和田竜二(7-6-8-65) 8.1% 15.1% 24.4%
浜中俊 (7-2-9-42)11.7% 15.0% 30.0%
藤岡康太(6-1-2-25)17.6% 20.6% 26.5%
M.デム(5-3-5-13)19.2% 30.8% 50.0%
池添謙一(4-4-2-29)10.3% 20.5% 25.6%

小牧太 (4-2-3-35) 9.1% 13.6% 20.5%
藤岡佑介(3-1-0-28) 9.4% 12.5% 12.5%
戸崎圭太(2-2-0-5) 22.2% 44.4% 44.4%
北村友一(1-4-1-37) 2.3% 11.6% 14.0%
荻野極 (0-1-0-9) 0.0% 10.0% 10.0%

川須栄彦(0-0-4-28) 0.0% 0.0% 12.5%
大野拓弥(0-0-1-1) 0.0% 0.0% 50.0%
石橋脩 (0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%
西田雄一(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu アドマイヤムーン (15-11-5-38)21.7% 37.7% 44.9%
デュランダル   (6-2-0-24) 18.8% 25.0% 25.0%
マイネルラヴ   (4-3-4-20) 12.9% 22.6% 35.5%
キングカメハメハ (3-9-7-45)  4.7% 18.8% 29.7%
アルデバラン2   (1-3-1-9)  7.1% 28.6% 35.7%

Medaglia dOro  (1-0-1-2)  25.0% 25.0% 50.0%
ハーツクライ   (1-0-1-16)  5.6% 5.6% 11.1%
シンボリクリスエス(0-2-3-27)  0.0% 6.3% 15.6%
アドマイヤコジーン(0-2-2-13)  0.0% 11.8% 23.5%
Fastnet Rock   (0-1-0-0)  0.0% 100.% 100.%

メイショウボーラー(0-1-0-29)  0.0% 3.3% 3.3%
オンファイア   (0-0-0-10)  0.0% 0.0% 0.0%

短距離が合っている フィドゥーシア

inyofu Medaglia dOro産駒。母の父Sunday Silence。
オープン2連勝で挑んだアイビスサマーⅮは先頭をキープしていたが、ゴール前でクビ差で2着に惜敗。安定した先行力がありスピードを生かせる開幕週の場馬は向いていると思われる。母ビリーヴはセントウルS、スプリンターズS連勝、高松宮記念も制したスプリンター。血統的にも短距離が合っている。

キレイな馬場は好都合 ファインニードル

inyofu 前走の北九州近年は最後の直線でスムーズ差を欠く少しチグハグな競馬で5着だが、
4角でもう少し外に出せれば3着は十分に考えられた歯がゆい内容。
これまでの成績を見ても阪神芝1200mは相性の良いコースであり
アドマイヤムーン産駒で実際に成績が示している通り高速馬場の適性が高く開幕週のキレイな馬場は好都合。
1番人気で5着後でストレス疲労もなく叩き2戦目の今回で人気が落ちるなら絶好の狙い目になりそう。

実力は間違いなく上位 ダンスディレクター

inyofu アルデバランⅡ産駒。母の父サンデーサイレンス。
シルクロードSを連覇達成するがレースで骨折していた。実力は間違いなく上位であるが骨折休養明け初戦なのでスプリンターズSを見据えた仕上げで様子見の走りになる可能性高い。

勝ち圏内に届く ラインミーティア

inyofu 前走アイビスSDで嵌った結果の1着よりココでは軽視。というのがあまりにも蔓延っているがそれは否定したい。アイビスSDでの好走は過去のデータからもココへの好走につながっている。 この馬の場合、アイビスSDでは後方からだったが、1200戦の今回ではテンが落ち着く分、中団の位置にとれる。中団の位置が取れれば、勝ち圏内に届く。また西田騎手がこの馬での1200戦は初めてという事。これがかなり大事。1200戦では足りない、という意識を持たずに臨めるのだ。叩き二戦目の成績もよく、夏馬でもある。 気配は高い。

一発があってもおかしくない プレイズエターナル

inyofu アドマイヤムーン産駒。 週中のデータでお伝えした通り、 ミスプロ系の血統は成績抜群。 キレる脚も使えるので馬群が固まるようなら 一発があってもおかしくない。 前走の北九州記念は9着に惨敗しましたが、 前につけた馬に有利なレース展開の中、 後方から追い込んで勝ち馬と0.3秒差は立派。 後は展開次第ですね。

良馬場じゃなければ スノードラゴン

inyofu 言うまでもないですが荒れ馬場なら台頭の余地は十分ある。
高齢馬ですが今の低レベルな若駒スプリンターと比較すると
当然ですがこの馬でも通用する可能性があってもおかしくない。
舞台設定は悪くないしパンパンの良馬場じゃなければ狙ってみるかも。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

夏競馬全く当たらないままついに秋競馬に突入・・・

的中するまでは、あまりは多くは語りません。

本命(軸馬)はファインニードル。

前走の北九州記念は直線で前が詰まる不利があり。あれさえなければ3着争いは際どかったはずでしょう。
直線の伸びを見ても平坦コースよりは急坂コースの方が良い感じで、阪神コースに替わるのもプラスになりそうです。
阪神1200mは(2-1-0-0)の実績、馬齢、先行脚質、鞍上からここも当然に有力で本命です。

印は

◎ファインニードル
○フィドゥーシア
▲ダンスディレクター
☆アルティマブラッド
△ラインミーティア
△プレイズエターナル
△ミッキーラブソング
△スノードラゴン

馬券は◎→○▲☆の馬連3点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点

ちなみに中山メインの京成杯オータムハンデキャップはマルターズアポジー中心で。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line