TOP > エンタメ・雑学 > 2017年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
セントウルSを制したのがファインニードル、京成杯AHを制したのがグランシルクだった今週の競馬界。
サトノダイヤモンドの結果、韓国国際競走は日本馬大活躍など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

人気に応えファインニードル勝利!【セントウルS】

inyofu 9月10日、阪神競馬場で開催された第11R・セントウルS(GII、芝1200m)は、先団追走の1番人気ファインニードル(牡4、栗東・高橋忠)が、直線早めに逃げ馬を交わし先頭へ躍り出ると、そのまま一気の押し切り勝ちを収め、初タイトルを掴み取った。勝ちタイムは1分7秒5(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。1馬身1/4差の2着は中団から差を詰めた6番人気ラインミーティア、2着にクビ差の3着は最後方大外より追い込んできた4番人気ダンスディレクターが入っている。

▽配当
単勝7 310円
馬連6-7 3090円
馬単7-6 4500円
3連複6-7-13 7570円
3連単7-6-13 3万6810円
(7.ファインニードル、6.ラインミーティア、13.ダンスディレクター)
動画を見る
1番人気に推されたファインニードルが前走の鬱憤を晴らす圧勝でセントウルSを制した。2着には6番人気ラインミーティア、3着は4番人気ダンスディレクターであった。

グランシルクが勝利!【京成杯AH】

inyofu 9月10日、中山競馬場で開催された第11R・京成杯AH(GIII、芝1600m)は、中団追走の1番人気グランシルク(牡5、美浦・戸田)が、直線外めより一気に弾け1着でゴールイン。ラストは後ろを振り返るほどの余裕綽々ぶりで、待望の重賞初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分31秒6(良)で、鞍上は田辺騎手。1馬身3/4差の2着は後方から追い込んだ11番人気ガリバルディ、2着にクビ差の3着は好位より脚を伸ばした6番人気ダノンリバティが入っている。

▽配当
単勝6 300円
馬連3-6 4050円
馬単6-3 6460円
3連複3-6-13 1万3920円
3連単6-3-13 6万8880円
(6.グランシルク、3.ガリバルディ、13.ダノンリバティ)
動画を見る
1番人気グランシルクが人気に応えて待望の重賞初制覇を果たした。見事な圧勝劇であった。2着は11番人気ガリバルディ、3着は6番人気ダノンリバティであった。

武豊韓国初騎乗初勝利&日本馬1、2フィニッシュ!【韓国国際競走】

inyofu 韓国国際競走が10日、ソウル競馬場で行われた。コリアスプリント(G1、ダート1200メートル)はグレイスフルリープ(牡7=橋口)がV。国内では昨年佐賀のサマーチャンピオン(G3)を勝利している。鞍上の武豊(48)は韓国初騎乗で初勝利を決めた。コリアカップ(G1、ダート1800メートル)はロンドンタウン(牡4=牧田)が逃げ切り、2着クリソライト(牡7=音無)で日本馬がワンツーを決めた。
韓国初騎乗の武豊騎手はコリアスプリントにグレイスフルリープで出走し、見事韓国初勝利をG1で成し遂げた。またコリアカップでは岩田騎手騎乗のロンドンタウンが1着、武豊騎手騎乗のクリソライトが2着で決まった。岩田騎手はこれで海外G1通算4勝目となった。

サトノダイヤモンドまさかの4着【フォワ賞】

inyofu まさかの結末だった。僚馬サトノノブレスがペースメーカーを務め、2番手で折り合ったダイヤモンド。ルメールと折り合い十分。スムーズにコーナーをクリアし、余力を残して直線に向いたかに見えた。残り400メートル。役目を終えたノブレスを交わし、ルメールが満を持して追い出すが、いつもの反応がない。必死に手綱をしごくが、外から伸びたチンギスシークレットなど、上位3頭に抵抗できぬまま4着に沈んだ。

 この日のシャンティイは重馬場。ルメールはレース前「軟らかい馬場だけが心配」と話していたが、不安が的中する結果に。「長い休み明けだし、馬場が凄く重かったのも影響した。100%の状態ではない中で、よく走ったと思うが、最後の200メートルで止まった」と肩を落とした。池江師はショックが大きく、青ざめた表情で言葉を失った。
凱旋門賞に向けて勝っておきたかった前哨戦フォワ賞でサトノダイヤモンドはまさかの4着に。重馬場の影響が大きいとのことだが日本悲願の凱旋門賞制覇に暗雲か。本番までになんとか立て直して欲しいものである。

今週のリーディング情報

inyofu ■リーディングジョッキー
■リーディングジョッキー 1位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【125.86.65.58.51.255】(→)
2位 M.デムーロ騎手(今週5勝)【117.73.60.40.39.145】(↑)※前週3位
3位 C.ルメール騎手(今週0勝)【113.88.75.50.35.178】(↓)※前週2位
4位 福永祐一騎手 (今週3勝)【81.57.56.42.43.212】 (→)
5位 和田竜二騎手 (今週0勝)【69.54.71.74.70.369】 (→)
6位 内田博幸騎手 (今週1勝)【67.62.68.65.59.360】 (→)
7位 岩田康誠騎手 (今週2勝)【67.60.64.53.50.292】 (→)
8位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【64.50.34.35.33.226】 (↑)※前週9位
9位 武豊騎手   (今週1勝)【63.65.46.46.42.201】 (↓)※前週8位
10位 吉田隼人騎手 (今週1勝)【61.27.41.36.39.301】 (→)

先週9勝のC.ルメール騎手は、フランス遠征のため国内の騎乗はなし。僅か1週でM.デムーロ騎手が2位の座に返り咲いています。また、武豊騎手&岩田騎手は韓国遠征のため、騎乗は土曜のみでしたが、本日のコリアスプリント&コリアCでともに海外GI制覇の快挙を達成。この勢いままに次週の3日間開催ではいったいどんなプレーを見せてくれるでしょうか。実に楽しみですね。
今週はルメール騎手がフランス遠征のため0勝だったが、その間にデムーロ騎手が5勝を挙げて2位に。1位戸崎騎手との勝ち数の差もあまりなく、この3人でのデッドヒートが繰り広げられるこれからの戦いが本当に楽しみである。

2017年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは上位3騎手の差がどんどんなくなっていきとにかく毎週どんな順位になるか予想がつかない楽しさがある。また海外組ではフランスのサトノダイヤモンドはフォワ賞で重馬場の影響か4着という残念な結果になったが、韓国に遠征したグレイスフルリープ、ロンドンタウンが1着、クリソライトが2着になるという大活躍をみせてくれた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line