TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~阪神編~【2017年9月24日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~阪神編~【2017年9月24日版】

抱きしめて!ミスターP
絶好調コラムのミスターP。
土曜も阪神と中山で的中。

さて、今年のダービーはミスターPのレイデオロが勝った。一昨年にドゥラメンテも勝っているので近5年中2勝はミスターPの勝利。

日曜のメインは神戸新聞杯。
阪神芝2400mで過去10年の最多勝はキングカメハメハ。レイデオロの父でもある。
ともかくレイデオロの実力を考えると、今回は安泰という気がする。

では、他のミスターPは?

ミスタープロスペクター系とサンデーサイレンス系の組み合わせは活躍馬が多数出ており、その相性の良さは証明済み。

今回なら、ダンビュライト、キセキ、アドマイヤウイナーが該当。

ちなみに今回のレースにミスターPは6頭が出走。そのうち5頭はキングマンボ系。私がこれまで何度も書いた通り、キングマンボ系はこれからの日本の競馬を引っ張っていく血。中距離の芝はサンデーサイレンス系の牙城だが、今回は全く異なる結果だと思っている。

つまり、勝つのもミスターPなら、2着も3着もミスターP。そんなレースになりそうだ。

神戸新聞杯は③ダンビュライトと⑧レイデオロを軸に「3連複2頭軸」で流して計6点。
相手は、⑤キセキ、⑥アダムバローズ、⑦タガノシャルドネ、⑨マイスタイル、⑩ホウオウドリーム、⑭アドマイヤウイナー。

各5千。


抱きしめて!ミスターP~中山編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line