TOP > エンタメ・雑学 > 2017年9月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年9月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年9月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
スプリンターズSを制したのがレッドファルクスだった今週の競馬界。
凱旋門賞結果など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

レッドファルクス連覇!【スプリンターズS】

inyofu 10月1日、中山競馬場で開催された第11R・スプリンターズS(GI、芝1200m)は、中団後方を追走した1番人気レッドファルクス(牡6、美浦・尾関)が、直線中ほどより豪快に伸び見事な差し切り勝ち。1994年サクラバクシンオー、2013年ロードカナロアに次ぐ、史上3頭目の連覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分7秒6(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。クビ差の2着はイン強襲の5番人気レッツゴードンキ、2着に半馬身差の3着は逃げた7番人気ワンスインナムーンが粘り込んでいる。

▽配当
単勝8 320円
馬連2-8 1760円
馬単8-2 2890円
3連複2-6-8 7650円
3連単8-2-6 3万1850円
(8.レッドファルクス、2.レッツゴードンキ、6.ワンスインナムーン)
動画を見る
昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクスが1番人気に応えて見事な差し切り勝ちをした。2着は5人気レッツゴードンキ、3着は7人気のワンスインナムーンであった。

エネイブルが圧勝!【凱旋門賞】

inyofu 現地時間10月1日、フランスのシャンティイ競馬場で行われた第96回凱旋門賞(GI、芝2400m)は道中3番手で進んでいた断然の1番人気エネイブル(牝3、英・J.ゴスデン)が直線に入って早めに抜け出し、そのまま後続を寄せ付けることなく先頭でゴールインを果たした。鞍上はランフランコ・デットーリ騎手で、勝ちタイムは2分28秒69(重)。2馬身半差の2着は中団馬群のなかから追い込んできた8番人気クロスオブスターズ、2着に1馬身1/4差の3着は好位5?6番手で進んだ5番人気ユリシーズ(人気はJRA独自のオッズによる)。

▽JRAでの配当
単勝17 180円
馬連5-17 1550円
馬単17-5 1900円
3連複4-5-17 3550円
3連単17-5-4 1万600円
(17.エネイブル、5.クロスオブスターズ、4.ユリシーズ)
動画を見る
日本でも圧倒的に1番人気になったエネイブルが人気に応えて圧巻の走りで凱旋門賞を制した。2着には8番人気のクロスオブスターズ、3着は5番人気ユリシーズに。日本馬サトノダイヤモンドは15着、サトノノブレスは16着に終わった。

38年ぶりの斤量47キロ馬カスタディーヴァは10着に【3歳上500万下(中山)】

inyofu  30日の中山6Rで、藤田菜七子が白毛馬のカスタディーヴァに騎乗。JRA史上38年ぶりとなる斤量47キロでの出走に注目が集まったが、果敢に逃げたものの直線で失速し、10着に敗れた。菜七子は「いいペースで逃げられたと思いましたが、最後は一杯になってしまいました。クラス慣れすれば走れると思います」とパートナーの今後に期待を寄せていた。
38年ぶりの斤量47キロで注目が集まった藤田菜七子騎手騎乗のカスタディーヴァは残念ながら10着に終わったが、人馬ともに今後の成長に期待したい。

クリソライト休養へ

inyofu 今月10日の韓国GI・コリアCで2着だったクリソライト(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)が左前脚の種子骨靱帯を負傷していることがわかった。
コリアCで2着になったクリソライトが負傷で休養へ。引退という残念な結果にならないよう、ゆっくり休んで復活できることを祈りたい。

今週のリーディング情報

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【138.100.73.64.55.278】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週0勝)【128.95.79.51.40.186】 (→)
3位 M.デムーロ騎手(今週6勝)【128.75.66.45.40.157】 (→)
4位 福永祐一騎手 (今週0勝)【89.63.63.48.48.240】 (→)
5位 和田竜二騎手 (今週2勝)【78.62.75.78.73.405】 (→)
6位 内田博幸騎手 (今週2勝)【71.66.72.72.64.393】 (→)
7位 岩田康誠騎手 (今週3勝)【71.62.71.58.53.321】 (↑)※前週8位
8位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【70.57.37.36.35.250】 (↓)※前週7位
9位 武豊騎手   (今週3勝)【66.69.48.53.45.222】 (↑)※前週10位
10位 吉田隼人騎手 (今週0勝)【64.31.44.40.42.322】 (↓)※前週9位

先週大暴れのC.ルメール騎手は仏国遠征のため国内の騎乗はなし。今週、それに取って代わる活躍を見せたのがM.デムーロ騎手でした。土曜3勝、そして日曜はGIスプリンターズSなど全3鞍すべてをモノにするまさに無敵状態。先週6差あったルメール騎手との距離を一気に縮めています。
C.ルメール騎手がフランス遠征のため0勝だった間にM.デムーロ騎手が一気に差を詰めて、勝ち数がC.ルメール騎手と並んだ。10勝差1位の戸崎騎手が逃げる中、ルメール・デムーロ両騎手がそれを猛追する展開になっている。来週以降も注目である。

2017年9月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは1位戸崎騎手から10勝差でC.ルメール、M.デムーロ騎手が並ぶ熱い展開に。
スプリンターズSではレッドファルクスの追い切り勝ちで連覇を達成。凱旋門賞では圧巻の走りを見せたエネイブルに大きな注目が集まっていた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line