TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月7日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月7日版】

クラシックホース
どーもー
データの8号です。

皆さん、新馬戦で儲けてますかーーーー!?



はい。
元気な声が聞こえたところで(Copyright覆面6号)、これまでの覆面馬主相馬眼決定戦の成績をご紹介!

10号→192pt(暫定1位)
2号→155pt(暫定2位)
3号→147pt(暫定3位)
7号→111pt(暫定4位)
5号→ 53pt(暫定5位)
8号→ 47pt(暫定6位)
4号→ 34pt(暫定7位)
11号→ 24pt(暫定8位)
9号→ 2pt(暫定9位)
1号→ -4pt(暫定10位)
6号→-78pt(暫定11位)

11名中プラスポイントが9名!
マイナスが2名なんですが、まさかの1号師匠がマイナスポイント。1号師匠のアキラ100%・・




見てみたい(笑)

とはいえ、マイナス4pt。1Rで即プラ転する点数です。
そして現時点で最下位は6号さん。

前回のルールでは2位だった6号さんがまさかの最下位。とはいえ、ダート戦が増えてきたら即プラ転してくれそうですね。

現時点で1位と11位の差は270pt。今回のルールなら、1週で順位が大幅に変わりますので、引き続き応援いただければと思います。

で、話は少々変わって明日行われるサウジアラビアRC。東京マイルで行われる2歳重賞ですが、その出走メンバーの中にいるのがシュバルツボンバー。

覚えてらっしゃいますかね?
このシュバルツボンバーは、6月25日にタンタン麺屋のオヤジさんが指名した馬です。

指名したタイミングでは5着ではあったものの、次走の未勝利戦をレコードでサクッと勝ち、今回は重賞挑戦。

コスモス賞勝ちのステルヴィオや、新潟2歳3着のテンクウ。札幌2歳3着のダブルシャープなどメンバーが揃った1戦ですが、果たしてどんな結果になるか。

そして前回の相馬眼決定戦で現在最も本賞金が高い馬を選んでいたのが・・・

小鳥の7号
で、選んだ馬がディアバビアナ。
なお現在のクラスは未勝利・・・勝ってないのですが、【0.4.1.2.0/7】という成績。未勝利戦だと微妙かもしれませんが、上のクラスであればリクープ視点で考えた場合、これほど馬主孝行な馬もいません。

このような別の見方もこの企画の楽しみ方の一つ。
是非色々な視点でみて楽しんでくださいね。

では、明日の覆面軍団それぞれのオススメ馬をお伝えします!


どうも!覆面馬主1号です。

おっかしいな~。凱旋門賞とか、あんな難しいレースを、1,2,3着きっちり的中させてんのに、2歳新馬戦、当たらないわ~。

特にむかつくのは、9号。
何が勝利の法則だよ。んもう、腹立つなあ。

とか愚痴ってても始まらないから、ここから、年末に向けて、ビシビシ当てていくしかないな。

ということで、明日は・・・

京都5レース!

◎11サウンドシップ

このレース、プリンセステソーロとか、タガノカレンとかが、人気なんだろうけど、ね。

正直、京都の1400m、スピード勝負な感じがありありで、終いがキレないと話にならない。
なので、1ハロンで繰り出せる潜在スピードを判断基準の一つにしている。
でいくと、この馬、坂路で終い1ハロンが、馬なりで12秒台、CWで、長めから追って、終い1ハロンが、11秒5。
心肺機能に問題さえなければ、切れ負けることは、ほぼ無い。

それに、最近分かってきたことだが、ルーラーシップ産駒は、父が雑な競馬を繰り広げてたせいで、ディープほどキレない、というイメージがあるが、それは真っ赤なウソで、かなりキレる。

なので、ここは、サウンドシップに自信の◎を打つ!


2号 京都5R
◎7 プリンセステソーロ

今週は3日間に渡って開催があり、3日間とも新馬戦がありますが、クラシックに直結する『芝中距離』が無いのは土曜のみ。というわけで今日は『桜花賞馬』『NHKマイルC馬』の候補を探してみようと思います!

冠名テソーロの了徳寺氏は、2015年に所有馬を初出走させたばかりの馬主さん。気になるのは所有馬の血統表の英語率の高さで、代表所有馬のリエノテソーロ(全日本2歳優駿、NHKマイルC2着)をはじめ、所有馬の3分の1以上がマル外という、なかなか攻めたラインナップになっています。
このプリンセステソーロもマル外で、父『Declaration of War』は現2歳が初年度の新種牡馬(アメリカ産馬で所属はオブライエン厩舎、現役時はマイルと2000mの芝GIを2勝)、産駒の日本初出走がこの馬です。
完全に『未知の魅力(と、武豊騎手が乗るならそれなりの水準だろうという安心感)』だけで選んだ感じですが、追い切りでは先着を連発していますし、ひょっとすると世界的な化け物級種牡馬の産駒の日本初陣になる可能性も・・・・・?


3号 東京5R
◎11 ワールドヘリテージ

気付いたら2号さんに抜かれ、いつのまにか3位に後退。あんまりうかうかしれていられないわね。さて、土曜は東京で唯一組まれている新馬戦の5Rから。開幕週ってことに加えて天候不順。とても難しい条件だけど、アタイはワールドヘリテージを推すわ。「7月後半にゲート試験をパスし、先月に入ったころから調整を再開。この1カ月間、併せ馬を含めみっちりと乗り込まれていから、体の張りも体調もよさそうだね。前向きさがあるからこのくらいの距離(1400m)が合いそうだし、初戦から力も出せそう。ただ、まだ非力な面が残るだけに極端な重馬場になっちゃうとどうかだけど、全体的に楽しみの方が大きい」と、美浦のトラックマン。ってことでワールドヘリテージから勝負よ!


4号 東京5R
◎18 キャンディケイン

6回戦終了時点の順位は、依然11人中暫定7位でござるよ。前回も30ポイントの加点に成功!いかに減点対象の6着以下を引かないかも勝負のポイントなのでR。
そして明日も断トツの1番人気濃厚のハーツクライ産駒のキャンディケインを指名するでござる。「現時点で欠点は無い!」と陣営は語っており、調教では1000万下の格上馬ダイワドレッサーやダブルコークと互角の走りを見せている。遅咲きが多いハーツクライ産駒、フルゲート18頭立ての大外枠と不安要素はあるものの鞍上ルメールで普通に回ってくれば勝ち負けでござるよ。
キャンディケインの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


ごきげんよう!イケメン5号です。

先週は、スプリンターズステークスを7号さんに乗り、凱旋門賞を1号師匠に乗り、大儲けしちゃいました。

まだ、競馬のカリスマに登録してない方、是非オススメですよ。
あの二人の馬券に乗ってれば、月額の会員費なんて、すぐ出ちゃいますよ。

競馬のカリスマ

さて、明日の新馬戦ですが・・・

京都4レース!

◎13ルクスムンディー

調教では、500万下の古馬に軽く先着してますし、カジノドライヴ産駒だからダート走るんじゃないですかね。
鞍上は、追えるデムーロさんだし、ここは、勝ち負け必至とみました。

ここで、更にポイントを追加したいと思ってます!


6号 京都5R
◎11 サウンドシップ

土曜日はダートの新馬戦が組まれていますが、てっきりダートデビューだと思っていたサウンドシップがこちらに出てきましたので、芝レースですが京都5Rのほうで勝負してみたいと思います。
サウンドシップはダートで好成績をおさめる吉田厩舎に入厩した時点で、ダート馬として期待されているのだと思い、個人的に注目していた馬。実は注目していた理由は他にもあり、この馬はトライマイベストxエルグランセニョールというちょと珍しい全兄弟のインブリードを持っているのです。ピンとこない方にわかりやすく説明すると、オルフェーヴルとドリームジャーニー、ディープインパクトとブラックタイド、など血統が全く同じ兄弟のインブリードがあるということです。かつて地方所属馬ながら全日本2歳優駿(JpnI)で2着に好走したナサニエルという馬が同じインブリードを持っており、この配合を見た時点で(ダートで活躍しそうな馬として)ピンとくるものがありました。おそらく欧州型のパワーが強調される配合なのでは?というのが私6号的な見解。
あれれ?書けば書くほど開幕週の京都芝向きの馬ではない気がしてきましたが…。せっかく注目していた馬ですし、ここは"あえて"の芝デビューを応援してみたいと思います!※もちろん次走でダート替りも大歓迎ですよ。


7号 東京5R
◎11 ワールドヘリテージ

ただ今4位の7号だ。
明日は、東京の新馬が芝1400。
このレースはなんだか一筋縄では収まらなさそうな気がしてる。
そんなメンバー中で狙いたいのは、ワールドヘリテージ!

バクシンオーの肌にアドマイヤコジーン。
短距離、しかも、いかにも1400mを狙い打ったような配合。
キレと言うより、スピードの持続性で一本調子な走りで押し切れそうなイメージ。
ゲートをポンっと出て、ハナか、番手あたりでじわーっとスピードに乗って、そのままあれよあれよと雪崩れ込む。
もしかしたら、うわ、1400mでも長いか…なんていうケースもあるけど、それほど人気にもならないだろうし、馬場が渋れば他の馬のキレも削がれるだろうから、おもろいんじゃないかね?
スナッチマインドの妹のキャンディケインはスナッチマインドの活躍ゾーンが芝の1200~1400mだっただけに、ディープからハーツに種が変わったとしても、母系のスピードが前面に出てれば怖いのは確かだが、大外枠ってのはどうなるか分からないからね。って事で、◎ワールドヘリテージ!


9号 京都5R
◎9 タガノカレン

3回連続での30ポイント加算です!決して勝っているわけではないのに「勝利の法則」に気付いてしまい連続加算です。明日も加算確実な気がします。
明日も新馬戦は合計3レースあります。一応、東西TMがイチオシ推奨して来ている馬を発表しておきます。東京5レースはダンシリ産駒のマル外牝馬ラルムドランジュ(栗東TM推奨)、アドマイヤコジーン産駒の牡馬ワールドヘリテージ(美浦TM推奨)がいいとの事でした。京都4レースはハードスパン産駒の牡馬ヘイデイがいい動きを見せているとの事でした。京都5レースはデクレレーションオブウォー産駒のマル外牝馬プリンセステソーロがかなり仕上がりがいいとの事でした。しかしながら、残念ながら東西TMの4頭の推奨馬に「勝利の法則」に当てはまる馬はいませんでした。
という事で、かなり東京5レースに出走してくるロードカナロア産駒の牝馬フロルセレジェイラと悩みましたが、明日の僕の指名馬は京都5レースに出走してくるダイワメジャー産駒の牝馬タガノカレンにさせて頂きます。坂路調教で好時計をマークしていますし、鞍上ミルコで万全です。

覆面馬主9号 拝


10号 京都5R
◎4 ガウル

この馬は新馬戦で好調の庄野厩舎の管理馬です。
リュックスポケット(8人気)、ドンアルゴス(6人気)と、 今年の新馬を人気薄で勝利した馬たちがいますね。ま、私が指名した馬なんですが!!!
これが自慢したいがために推奨というわけでもなく、実際にいい馬だと思います。
追切りも動いているし、なにより8本中4本を加藤騎手が乗っているってあたりも、 思い入れを感じるじゃないですか。こういう馬を応援したい。
セレクションセールで734万と、超一流の馬に比べればかなりお安いですし、 そういった馬が活躍するのが1400mという微妙な距離設定だと思います。
気性的にも初戦向きだということで、よくわからない人気どころよりも新馬の庄野厩舎を信用します!


11号 東京5R
◎18 キャンディケイン

先週日曜の新馬は父サンデー系や母父ディープインパクトの馬が大活躍だった。やっぱりクラシックに乗ってくるのはこういった血統なのかもしれんの。ということで、土曜にワシが選ぶ馬はコレ。父ハーツクライクのキャンディケイン。長めの距離に適性のあるハーツクライ産駒でも母系は短距離に向く。追い切りはコース中心でワシの好みにもあうし、乗り役がルメールならまず大丈夫と信じたい。この馬で勝負!



ほうほう

この企画がスタートして、今週で4週目。
明日に関しても覆面馬主それぞれ“らしい”指名馬になってます。

そして、私の指名馬はこちら

■8号 京都5R
◎4 ガウル

ガウルの父はキンシャサノキセキ。この京都芝1400mにおいて、今回の出走馬関係の中では2位の勝率。1位は言うずもがなダイワメジャー産駒です。
この馬、去年のセレクションセールで良く見えたんですよ。まぁ結局吉澤ステーブルの社長の吉澤さんが買われたんですけど、いい馬だなぁと。マイル以上の長い距離というよりも、1200から1400ぐらいの距離で対応しそうな馬体をしてたので、今回の条件は合うはず。そしてオーナーは吉澤さん。当然、外厩での調整は余念がないはず。今週の追い切りではタイムをみてもイマイチですけど、先週の28日の坂路では53.0-12.2を出してます。新馬としてはまずまずでしょうし、これだけ動けば十分。これでスタートが微妙だと手が出ませんが、スタートも良いとのこと。明日はここから勝負です。

8号がおおくりしました!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line