TOP > コラム > 馬券取ルメール☆利益デムーロ!【2017年10月9日版】
コラム

馬券取ルメール☆利益デムーロ!【2017年10月9日版】

馬券取ルメール☆利益デムーロ!
皆さんこんばんは!
2号です。

というわけでまずは、日曜の結果から参りましょう!

◆M.デムーロ騎手
東京9R  5ボーダーオブライフ 7人気1着 単勝1430円/複勝350円
東京10R  11ダノンフェイス 1人気1着 単勝440円/複勝170円

◆C.ルメール騎手
東京7R  11アルーアキャロル 1人気1着 単勝120円/複勝110円
東京8R  2ケイブルグラム 1人気4着

GIならともかく、まさかこのタイミングで『単勝7番人気・1430円』という配当を見ることになるとは。

4桁配当的中自体は、今年の『ヴィクトリアマイル』の○アドマイヤリード(ルメール騎手で6番人気1着、単勝1350円)があったんですが、印としては○でしたし、そもそもGIは騎手が誰であろうと「馬自体」を見ての馬券購入が多くなりますからね。
この時の上位人気はミッキークイーンやらルージュバックやらレッツゴードンキやら、GI好走がある実力馬ばかり。そんなところにGII2着が重賞最高成績の馬が入ったところで、いくらルメール騎手でも伏兵扱いは必至・・・・・というか、実績から考えればむしろ人気があった方なんじゃないでしょうか。

それに比べて平場のレースは、出走各馬の知名度がGIより大幅に低いため、どうしても『騎手買い』の比率が多くなってしまいます。ここもいくら不安要素の多い3歳馬だったとはいえ『デムーロ騎手』というだけで4番人気ぐらいになると思っていたんですが・・・・・いやはや、ごちそうさまです!という感じでしたね!

さて、3日間開催最終日となる月曜は、お二人とも京都に移動となります。
日曜はそれぞれ4勝ずつを挙げ、トータル12鞍のうち3分の2を2人で確保するとんでもない状態になっていましたが、月曜は一体どうなることやら・・・・・。

◆M.デムーロ騎手出走レース
京都1R 1ビップデヴィット
京都3R 8ゴルトキルシェ
京都5R 2ハーツフェルト
京都6R 5ストライクイーグル
京都11R 3シュヴァルグラン

◆C.ルメール騎手出走レース
京都2R 8ステラローザ
京都3R 11サトノルーリー
京都5R 3サトノエターナル
京都6R 3ダノンオブザイヤー
京都7R 3グラッブユアコート
京都8R 1ダノンプレシャス
京都9R 3マテラスカイ
京都10R 4トーセンマタコイヤ
京都11R 7フェイムゲーム
京都12R 3レッドヴェルサス

それでは月曜のデムーロ騎手の推奨馬を挙げていきましょう。

■京都6R・3歳以上500万下
◎5ストライクイーグル

1000万下でも2着に来ていた馬なのに、降級してからなかなか勝てず2着3着続き。なにかあと一歩足りないのでしょうか・・・・・?と思いつつ戦績を見てみると、勝ち切っているのは2勝とも『京都』!
ひょっとするとこの馬は、京都特有の『残り800mあたりからの下り坂』の助けを借りないと、直線での加速が最高時速に到達しないのでは・・・・・?というわけで、京都コース&日曜5戦4勝のデムーロ騎手効果に期待します!

■京都11R・京都大賞典
☆3シュヴァルグラン

前日1番人気ですが、軸ではないので印も出してしまいます(他の印は【競馬のカリスマ】

で公開中。現在中央重賞4連勝中です!)。
馬の能力云々というより『天皇賞→宝塚記念に出た馬の調整が軒並み遅れている(一部は秋の予定自体が白紙に)』という理由で状態面がどうも信用し切れず、うっかり凡走しても的中の可能性が出るように念のため評価を下げましたが、日曜のデムーロ騎手の活躍を見てしまうと、多少の状態不安程度ならどうにかしてしまいそうな気もします。
そもそもこの不安自体が杞憂である可能性もあるわけで、そうなれば2日連続重賞制覇も十分にあり得るでしょう!


続いてはルメール騎手の推奨馬です。

■京都7R・3歳以上500万下
◎3グラッブユアコート

この馬も上記のストライクイーグルと似たような戦績で、怒涛の2着4連発中。今まで馬券圏内を外したのが1度だけという超堅実派でもあり、ここでもひとまず2着は期待できそうです・・・・・が、推奨する以上、目指して欲しい着順は1着!
パドックでは大体いつもテンションが高く、ヒートアップし過ぎるとゲートを潜ってしまうような馬で、ここまでレース→短期放牧→レースというローテーションを続けていたそうですが、今回は間に放牧を挟んでいないとのこと。これがいい方に出るか悪い方に出るかですが、元の能力&ひと叩きした2戦目の効果&ルメール騎手で、いい方に出ると予想します!

■京都10R・大原ステークス
◎4トーセンマタコイヤ

ほぼ確勝級だと思って紹介した日曜の◎ケイブルグラムは、道中も直線も完全に包囲網が出来ているような状況で4着。まぁ少頭数になってしまった原因かと思われるような強豪ですし、周囲の集中マークを受けるのはある意味必然でした(それでもいけると思っていましたが・・・・・)。
ここも8頭立ての少頭数で、原因の一端は恐らくこの◎トーセンマタコイヤですが、こちらは逃げても番手でも大丈夫なタイプ。強豪のもう1頭・ハナズレジェンドが後方にいるであろう状況下、わざわざトーセンマタコイヤを取り囲みに行くような状況はまず起きないでしょう。実力勝負なら上位必至と見ています!

以上、2号がお送りしました!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line