TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~京都編~【2017年10月7日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~京都編~【2017年10月7日版】

抱きしめて!ミスターP
京都メインはダ1800m。
このコースにミスターPの血統は強い。
特に強いのはアグネスデジタル産駒で過去3年に述べ100頭以上の出走機会で複勝率40%超。
しかも、勝率は15%、連対率は30%近く。安定感は抜群。

ミスタープロスペクター系は元を辿れば北米血統。豊かな先行力にパワフルな持続力が持ち味。京都のようコース形態はピッタリだったりもする。

しかも、白井寿昭先生の管理していたアグネスデジタルは自身がそうだったように芝のスピード決着に対応。競走馬時代の京都成績は、マイルCS1着、京都金杯3着、もちの木賞2着など実績十分だった。この血統が時計の出やすい京都で強いのはある意味当然かもしれない。

京都11Rの平城京S。
本命は⑪クリノリトミシュル。

直近4走は阪神か東京。阪神で3着以内2回とまずまずだが、京都の直近4走で全て3着以内を考えると、やはり圧倒的に適性は京都コース。ここも信頼度は高いはず。

ということで、クリノリトミシュルを軸に「3連複1頭軸」で流して計6点。
相手は、①ストロングバローズ、⑤ヴァローア、⑦テンザワールド、⑨エポック。

各5千。


抱きしめて!ミスターP~東京編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line