TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月15日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月15日版】

クラシックホース
どうも、3号よ。

この企画初日に好スタートを決めて以降、
ときにはポジションを落とすこともありーの、
ちょっと浮上することもありーの、
なんとか掲示板ギリギリで踏ん張ってます(笑)

さて、今日もみんなの指名馬が頑張ってくれたわね。

トップを走る2号さんは京都5Rのロンロネオを指名。
先週の月曜(京都5R・タングルウッド)に続き、連勝を決めているわ。

そして2位の5号さんも好調。
本日は東京5Rでマウレアをチョイスし、これが見事勝ち切っているもんね。

ただ、今回のルールで面白いポイントのひとつである係数の設定。

どちらも勝ち馬を指名しながらも、
2号さんは1番人気、5号さんは2番人気でしたから、
後者が30ポイントぶん差を縮めることに成功しているわね。

ってことで現在の順位と、それぞれのポイント差。

2号→238pt(暫定1位)
5号→220pt(暫定2位)
10号→192pt(暫定3位)
3号→168pt(暫定4位)
11号→103pt(暫定5位)
9号→91pt(暫定6位)
1号→84pt(暫定7位)
4号→81pt(暫定8位)
7号→71pt(暫定9位)
8号→42pt(暫定10位)
6号→1pt(暫定11位)

-【ここでルールのおさらい】------
今回のルールでは、着順に応じたポイントに対して、選んだ馬の人気により一定の倍率が掛けられます。1番人気⇒倍率 x1、2~3番人気⇒倍率 x2、といった具合。例えば1番人気1着(30pt x 1)と2番人気2着(15pt x 2)は同じ獲得ポイントとなる。
また選んだ馬が掲示板を外した場合はマイナスポイントとなり、こちらは人気の高い馬の方がマイナスポイントがより大きくなる。

ところでこのルール、さっき言ったように人気(=係数)が大きな鍵を握りそう。
アタイ的には係数がつき、かつそれなりに上位に来そうな2~3番人気がいいかなー、なんて思ったり。

ってことで、今さらだけど独自に各覆面の平均人気を調べてみた!

1号→3.1
2号→2.7
3号→5.2
4号→1.3
5号→2.8
6号→2.7
7号→3.5
8号→3.0
9号→2.7
10号→3.6
11号→3.1

あ、みんな気付いてたのね(笑)

じゃあ本題! 各覆面馬主たちによる日曜の勝負馬たちよ!!


1号 東京3R
◎11 マルトロワ

おそらくだけど、この仔、まったく人気がない。
たぶん、二桁人気じゃなかろうか・・・。
馬体が400キロ足らずってとこが嫌われてる理由かもしれないけどね。
どうして人気がないのか分からないが、かなり良い勝負しそうな気がするんだよね。
母マイネジャンヌは、ローズSやエリザベス女王杯にも出走した女傑で、マイネル軍団を代表する牝馬。
その娘が、父ステイゴールドで登場、鞍上が柴田大地とくれば、もうこの仔、ザ・マイネル軍団だよね。

でもって、母マイネジャンヌは、新馬勝ちを決めてるしね。

それに、マイネジャンヌが母系って事は、トニービンが底力を与えそうだし、全然人気ないならリスクも低いから、この馬から大穴狙いでいってみようかと思ってる!

以上。


2号 京都5R
◎12 フォックスクリーク

土曜の勝利でまたポイントを加算することが出来ましたが、18pt差なんて『1番人気2着(15pt)、2番人気1着(60pt)』のような現実的によくある状況で、あっという間に逆転してしまいますからね。
おまけに今日は1周目の逃げ切り1位が懸かってますし、こういう時に敢えてド本命を狙うメリットは今のところほとんど無いですが、どうやら2周目以降の追加ルールで『推奨した馬が2戦目以降も活躍した場合、ボーナスポイント発生!』というのが予定されているとか・・・・・。
(ちなみに皆同じ話を聞いているはずなので、抜け駆けじゃないですよ)

ならば初戦はまだちょっと緩そうでも、マウントシャスタやベルキャニオンなどなどクラシック路線の活躍馬を多数輩出している『母クロウキャニオン』のこの馬を逃すわけにはいきません!
恐らくもう1頭のディープインパクト産駒・ピボットポイントとの上位争いになると思いますし、血統などからこちらが1番人気でしょう。うっかり2、3着になってしまった場合のリスクは大ですが、今回は企画名のとおり『来年のクラシック』を見据えた推奨でいってみます!


4号 東京3R
◎5 レーヴドリーブ

10回戦終了時点の順位は11人中暫定8位でござるよ。今日も若干だが加点して順位は1ランクアップしたのでR。
明日の勝負馬は、兄姉8頭全てが勝ち上がっており、半兄アプレザンレーヴはGll青葉賞制覇、半姉レーヴディソールはGllデイリー杯2歳S、Gl阪神JF、Glllチューリップ賞を制覇、半姉レーヴデトワールは紫苑Sを制覇、半兄レーヴミストラルはGll青葉賞、Gll日経新春杯を制覇と半数の4頭が重賞勝ち馬でござるよ。この兄妹!まじでやばいでござるよ。更に新馬戦での成績は掲示板を外した馬は過去に1頭もおらず4勝、2着1回、3着1回、4着2回と凄まじい結果を残しているのでR。乗り込み量も豊富で格上古馬を相手に楽に先着しておる。この馬もかなり潜在能力は高いでござるよ。
レーヴドリーブの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


5号 京都5R
◎7 ピポットポイント

この仔、ルメールが調教に何度もまたがり、脚を確かめてるくらいですから、まず、新馬戦から勝負でしょうよ。
もう一頭のディープインパクト産駒より、私は、こっちが上とみました。
現在2位なので、ここは、堅めにポイントを重ねにいきたいと思います。


6号 京都5R
◎12 フォックスクリーク

明日は京都と新潟でダートの新馬戦が組まれていますが、共に距離が1200m。スタートに失敗⇒即マイナスポイント濃厚となる短距離の新馬戦は、できるだけ選びたくないというのが本音。
そこで、注目したいのはダートの重賞ウイナー・ボレアスの全弟フォックスクリークが出走する京都5R。
フォックスクリークの母クロウキャニオンには、ボレアス以降7年連続でディープインパクトが種付けされており(ちなみにフォックスクリークの下も父ディープインパクト)、ボレアスを含む全兄姉のすべてがデビュー戦で3着以内に入っているという一族。早熟性と成長力を併せ持つ配合で、当然フォックスクリークのデビュー戦にも期待が持てます。
ライバルと目されるピボポ(ピボットポイント、6号命名)には負けて欲しくないですね(笑)。


7号 京都5R
◎7 ピボットポイント

来た来た!
クラシック狙えるタイプの馬!
フォックスクリークもいい馬だけど、この馬が出てくるの待ってた!
まぁ、良血だし、兄弟も走ってるから解説はいらないと思うけど、それらの兄弟のかなでも一番だと思うんだけどな。シルクで一口持ってる人はダービーまで楽しめるとおもうぞ。
まずは、新馬を楽勝してもらおうじゃねーか!
3着以下だったらマイナスポイントにしてくれていいから、1着取ったらポイント倍!とかにしてくれねーかなぁ。
コレだけ評価してる馬だからゴリッと単勝買って、とはいえ、負けたらショックだからフォックスクリークとの馬連でも押さえとくかな。


8号 東京3R
◎5 レーヴドリーブ

良し!プラ転!やはり

東京+芝+マイル+新馬+デムーロ=買い!

の公式は使えます。

で、明日!
プラ転したといっても、まだブービーには違いありませんからね。
最後にズバッと1着馬を当てて1週目の終了としたいと思います。

そんな中選んだのが、レーヴドリーブ。
言わずもがな、名牝の娘。ディソールにもデトワールにもそしてダムールにもお世話になりました。なぜかレーヴドスカーの牡馬とは相性が悪いのですが、牝馬とは相性が良い私。そろそろディソール以来の大物牝馬の登場に期待です。


9号 京都5R
◎12 フォックスクリーク

「勝利の法則」様様です。本日の加算ポイントは60ポイントでした!順位も暫定6位にジャンプアップです。まさに理想の展開です。勝負レースの選択だけ間違わなければ「勝利の法則」で上位を狙う事が出来そうです。
明日も「勝利の法則」でポイント加算と行きたいところですが、その前に一応、東西TMがイチオシ推奨して来ている馬を発表しておきます。
明日の新馬戦は東京で2レース、京都で2レース、新潟で1レースの合計5レースが開催されます。
東京3レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牝馬オハナでした。小柄ですが、堀厩舎&金子オーナーの期待馬らしくかなり走りっぷりがいいそうです。お婆ちゃんがGl安田記念、GlマイルCSを制覇した名牝ノースフライトだったりもします。
東京4レースのイチオシ推奨馬はハービンジャー産駒の牝馬ギャンブラーでした。併せ馬での加速の速さが目立っていたようです。ひいお婆ちゃんが女傑ヒシアマゾンだったりもします。
続いて京都4レースのイチオシ推奨馬はハードスパン産駒の牡馬クレヴァーパッチでした。追い切る毎にに調子を上げており、力の出せる仕上がりになってそうです。かなり能力は高いと陣営も太鼓判だそうです。
京都5レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牡馬フォックスクリークでした。兄姉8頭全頭が勝ち上がっています。全兄に重賞勝ち馬のボアレス、カミノタサハラやバリバリのオープン馬マウントシャスタやベルキャニオンなどが居り、超良血です。乗り込み量も豊富ですし、水準以上の時計も出しているようです。
最後に新潟5レースのイチオシ推奨馬はこれまたハードスパン産駒の牡馬ビップヴァリアントでした。とにかく馬体が仕上がっており初戦から動ける状態にあるとの事でした。
という事で、上記の東西TMのイチオシ推奨馬5頭の中に「勝利の法則」に該当する馬がいるかどうか確認致しましたら、1頭いるではありませんか!
明日の勝負馬には京都5レースに出走するフォックスクリークを指名させて頂きます。
因みに以下が明日の新馬戦4レースの「勝利の法則」の該当馬です。
・東京3レース→ディープブリランテ産駒の牝馬ライレローズ
・東京4レース→スズカマンボ産駒の牡馬ビストオブバーデン
・京都4レース→メイショウボーラー産駒の牡馬メイショウダブル
・京都5レース→ディープインパクト産駒の牡馬フォックスクリーク
・新潟5レース→トランセンド産駒の牝馬フィールグッド
覆面馬主9号 拝


10号 東京3R
◎8 ライレローズ

土曜はポイント加算に成功した10号ですが…皆さん上手くなりすぎじゃないですか・・・?
さすが覆面馬主軍団、一筋縄でいく相手じゃないですね、恐るべし。
海千山千の猛者に勝つためには、どうにかひと工夫しねければなりませんよね。
ということで、東京3レースですが、ここはあのレーヴドスカーの仔や、 堀×金子真人HDという信頼のブランドがそろいました。
しかし、わたしはこの2頭が飛ぶ可能性に賭けます。
というのも、レーヴドスカーは年を重ねるにつれて大物は出なくなっている印象ですし、 堀厩舎も無条件で信じてもいいんですが、社台Fとなるとノーザンほどの評価はできません。
新馬戦から石橋脩騎手というのも、思いっきり期待している馬ではない感がプンプンと匂います。
最終追いもモヤでよくわかりませんし、妄信できません。
その点、ライレローズは、ノーザンF生産で、母からはアジュールローズなど素質馬が排出。
稽古でも格上と精力的に合わせていて、牝馬ながら闘志も十二分にありそう。
馬群に包まれて追えず・・・みたいなことがなければ馬券になると思います。人気がないとうれしいです!


11号 京都5R
◎12 フォックスクリーク

前評判はピボットポイントとフォックスクリークの対決と言われとるらしい。まあ、それはそれとして、ワシはフォックスクリークを選ぶことにした。CWで追い切った組の中では、この馬が一番の動きじゃろう。母クロウキャニオンで兄弟も走っとる血統馬。金子さんの馬でもあるし、人気にはなると思うが、攻めの動きを考えると、この馬で勝負じゃ。勝ち負け濃厚と見とる。ちなみに、馬券を買うなら相手筆頭はダノンテアトロ。評判馬のフォックスクリークとピボットポイントがおるので目立たんようでも、この馬の仕上がり具合は注意が必要らしいぞ。三番手は最終追い切りを芝でやったピボットポイント。あとは坂路組からシメイとニシノキントウンも面白いと思う。


ほうほう、なかなかみんないいセンをついているわね。大幅な順位の変動があるかもしれないわね。

さて、じゃあ満を持してアタイの勝負馬を。

3号 東京3R
◎2 ユーフォルビア

レーヴドスカーの仔レーヴドリーブやディープ産駒のオハナあたりが人気を集めそうね。ここはユーフォルビアに期待をしているわ。母は重賞で2着などの実績があるディアアレトゥーサ、伯父にグランプリホースのナカヤマフェスタがいる血統ね。兄姉は中央で勝利を挙げることが叶わなかったけど、この馬は少し違うみたい。トラックマンに聞いてみたところ「いい意味でうるさいね。父(エンパイアメーカー)の影響だろうけど、これがレースにうまく繋がればいい闘争心で立ち向かってくれるんじゃないか。稽古の動きも上々だし、体もできあがっている。人気馬にひと泡吹かせるシーンまであっても」とのこと。ってことでユーフォルビアから勝負よ!

まあ、参考にしてみて頂戴。

あ、最後に! とりあえず本日の更新をもって、この企画1周目が終了。
次週からは少しルールを変更したうえで、2周目が始まるって聞いているわ。

ってか何やねん! ルール変更するんかいな!
せっかく2~3番人気を狙うっていう攻略法に気付いたのに。
ふん、……まぁいいわ。

それと2周目初日のコラム更新は7号さんが担当、とのこと。
そのときに新ルールの説明なんかがあると思うから、見逃さずにチェックするのよ!

以上、3号でした。ヾ(。・ω・。)



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line