TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年10月15日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年10月15日版】

抱きしめて!ミスターP
「東京ダ2100mは難しい…」と思っている人は意外に多いそうだ。

確かにダートで2000mを超える条件はどちらかと言えば多くはない。
しかも、今回のように「東京そのものが初めて」という馬が複数頭いるとなおさらだろう。

しかし、こういった条件でこそ、ミスターPの存在は輝くと思う。

日曜日の東京10R・赤富士Sはダ2100m。3頭のミスターPが出走。

中でもキングカメハメハ産駒のイーストオブザサンに注目したい。

関西馬で東京コースは初めて、関東圏のレースもほとんど出走していない。普段よりクリアすべき要素も多くなるため、必ずしも有利な立場ではない。しかし、逆を言えば、それを分かってこその東京参戦。陣営にとっても東京コースに出走させるメリットがあっての判断だろう。幸い、過去に新潟と福島で出走した経験があり、いずれも馬券圏内。輸送に対する心配はほとんどないはずだ。

しかも、父キングカメハメハに加えて、母父カネヒキリ。血統的に東京コースを走れる下地は十分。非常に楽しみ。

東京10R・赤富士Sは⑩イーストオブザサンを軸に3連複1頭軸流しで計6点。
相手は、⑯ロイヤルパンプ、④マイネルトゥラン、③プリンシアコメータ、⑬コパノアラジン。

各5千。


抱きしめて!ミスターP~京都編~
抱きしめて!ミスターP~新潟編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line