TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」【2017年10月22日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」【2017年10月22日版】

砂の惑星から来た勇者たち
菊花賞の予想も公開!
今回も覆面馬主【データの8号】影武者・パチ号が地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

まずは土曜の推奨馬の結果から

【戸崎騎手】
・東京10R
 クインズサターン
  1人気 1着
 買い目:馬単マルチ7-3,4,5,14,16(不的中)
     3連複7-3,4,5,14,16(不的中)

推奨馬クインズサターンは1着でしたが、ヒモ抜けに終わりました。
2着がブービー人気の大穴だったのでこの結果は事故と思って、明日の開催に目を向けます。
何事も気持ちの切り替えは早い方が良いですからね。

では、さっそく主な地方競馬出身のジョッキーが騎乗予定の競馬場をチェックしていきましょう。

・岩田騎手 京都競馬場
・内田騎手 東京競馬場
・柴山騎手 東京競馬場
・戸崎騎手 京都競馬場

明日の開催で推奨したい厳選の1頭は……

岩田騎手が京都2Rで騎乗するレッドゼノビア!

岩田騎手は京都ダ1800mの複勝回収率は100%超(※1)と得意としています。
また、このコースは4つのコーナーを回るため、内枠が有利(※1)。少頭数ではありますが、ロスなく進めるならそれに越したことはありません。
オルフェーヴル産駒ということでダート適性は未知数。しかし、母父はキングマンボで母母父はプルピットと母系はアメリカ血統。
こちらが強く出てくるようならダートは向いているはずです。
ちなみに母父キングマンボの馬が京都ダ1800mでまずまずの成績(※1)。単勝回収率は90%で複勝回収率は105%となっています。

相手はこのコースと相性がいいゴールドアリュール産駒(※1)のプラチナバローズ、このコースでの単勝回収率が100%超の秋山騎手(※1)が騎乗するエーティーマゼラン、ミスプロ系とマッチする舞台(※1)ですので該当馬からブルベアブロッコリとダージリンクーラー、京都ダ1800mでの単複回収率がともに100%超のカジノドライヴ産駒(※1)からルクスムンディー。

買い目はレッドゼノビアを軸にした3連複流しの10点。
単系の数字が良いわけではないので、馬単マルチはやめて3連複のみで勝負します!

最後に番外編として「菊花賞」の重賞予想。

このレースは神戸新聞杯組が好成績で過去5年で11頭が馬券に絡んでいます。
また、その馬は全て前走で5着以内と言う点も見逃せません。

この条件に当てはまるのが「キセキ、サトノアーサー、ダンビュライト」の3頭。
本命候補の3頭で私が◎を付けたのは『ダンビュライト』!

長距離レースで重要なのは騎手。
上記3頭に騎乗する騎手の3000m以上のレース成績(過去5年)を調べると、下記のようになります。

・ダンビュライトに騎乗する武豊騎手は勝利数1位タイの4勝【4.2.3.11】。
・キセキに騎乗するM.デムーロ騎手は0勝【0.0.1.6】。
・サトノアーサーに騎乗する川田騎手も0勝【0.0.1.15】。

これは武豊騎手を買わざるを得ませんね。

相手は京都芝3000mで複勝率が50%を越えているC.ルメール騎手と岩田騎手(※2)の騎乗馬アルアインとベストアプローチ、騎手成績が良くないですが上記で取り上げたキセキ、池江厩舎の3頭で最も長距離向きのサトノクロニクル、最後に穴馬として度々波乱を演出している前走1000万下組からトリコロールブルー。

関東馬の成績が目立たないのでミッキースワロー等は切り。
神戸新聞杯組のサトノアーサーも川田騎手の長距離実績が乏しいので無印です。

買い目はダンビュライトを軸にした馬単マルチと3連複流しの合計20点。

それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、パチ号でした。

※1 『競馬のカリスマ』内の「【コース分析】京都ダート1800m」を参照
「【コース分析】京都ダート1800m」はコチラ(無料会員登録が必要です)!

※2 『競馬のカリスマ』内の「【コース分析】京都芝3000m」を参照
「【コース分析】京都芝3000m」はコチラ(無料会員登録が必要です)!

パチ号担当の「フ~ジ子ちゃんの奇跡!」はコチラから
フ~ジ子ちゃんの奇跡!【2017年10月22日版】



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line