TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月21日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年10月21日版】

クラシックホース
2歳戦企画も1周目が終了!
この企画、結構楽しんでくれてる人も多いみたいだね!
ただ、俺、7号はイマイチぱっとしない成績。

GIに関しては、スプリンターズS、秋華賞、と連勝を飾らしてもらってるが、ぶっちゃけ、こういう勝負事は負けたくないからね。ボチボチ巻き返しに入りたい。

現在の順位は1位が2号、2位が5号、3位が10号。

2号や5号はともかく、ビックリしたのが10号の上手さだよね!
穴っぽいところ指名させたら天下一品じゃないかね?

で、俺といえば、3号の姐御の後塵を拝しているばかりか、4号、9号、あたりにも負けてる…。
これが順位一覧。

2号→268pt(暫定1位)
5号→239pt(暫定2位)
10号→222pt(暫定3位)
3号→176pt(暫定4位)
11号→133pt(暫定5位)
9号→121pt(暫定6位)
4号→86pt(暫定7位)
7号→75pt(暫定8位)
1号→50pt(暫定9位)
8号→47pt(暫定10位)
6号→31pt(暫定11位)

なんじゃこりゃ~
なんなんじゃこりゃぁぁぁぁ!

ヤバイぞこれ。
俺が暫定8位で、1号のアニキが暫定9位だと?
しかもすげーマイナスだった6号が、プラスゾーンまで押し上げてきてちょっと下手打ったら、すぐそこは最下位じゃん。

ヤベーなこれ。
今の内に、上位の連中に美味い物でも奢ってやって、軽い罰ゲームしか出せないように恩でも売っておくか?

とはいえ、年末まではまだまだある。
寝技を使っての、攻防は11月の終わりからでも遅くない。

ここは、しっかり実力で上位進出めざすかな。

って事で、横暴な俺のわがままモードを発動させて、ルールを少々変更するぞ!
まぁ、ここまでのルールでは、少頭数の時の事とか、新馬以降の事とか、想定に入れてなかったモノも有るからね。


新得点ルールはコチラ。


■基礎得点表(変更あり)

<9頭立て以上>
1着・・・30ポイント
2着・・・15ポイント
3着・・・10ポイント
4着・・・2ポイント
5着・・・2ポイント
6着以下・・・マイナスポイント

<8頭立て以下>
1着・・・30ポイント
2着・・・15ポイント
3着・・・10ポイント
4着以下・・・マイナスポイント

<マイナスポイント計算式>
(人気−着順)×2−20


■人気係数(変更なし)

1番人気・・・係数は1
2,3番人気・・係数は2
4~6番人気・・係数は3
7~9番人気・・係数は4
10番人気以下・係数は5


■ボーナスポイント(新設)

未勝利勝ち=15P
500万下勝利=50P
OP特別勝利=100P
重賞勝利=200P
重賞2着=100P
GI出走=50P
GI勝利=500P
GI2着=200P


簡単に説明すると、読者諸氏にとって見れば、「馬券圏内」に突入してきてくれる馬が知りたいだろうから、1着~3着のポイント配分を大きくした。また、出走頭数によっては、6頭立て5着!とかでも、ポイントゲットという事になるが、それじゃぁこのゲームは面白くなくなる。なので、8頭立て以下は、4着以下からマイナスポイントを発生させる事にして、9頭立て以上でも、4・5着は基礎得点「2P」と、激低に設定した。

あとは、「クラシックホースを探せ!」というコンセプトである以上、一度指名した馬のその後も追いかけ続けられるように、ボーナスポイントを設定した。考え方は、POGのようなイメージかな。既に、指名した馬も含めて、それらの馬が勝ち進むと、その分の得点も、加算される事になる。

とりあえず、年内はこの新馬企画を続けるから、最低でもあと22頭は指名することになるし、毎年、この時期はクラシック候補のデビューが続出する時期だ。新馬はもちろんのこと、朝日杯FSや阪神JF、ホープフルSといったGIをも狙える馬を指名して、最後の最後で「どんでん返し!」ってのも、有りそうだよね。

さーて、どうなることか。
クラシック候補目白押しの、2周目のはじまりはじまり~!


まずは、俺の土曜日の指名馬ね!

7号 東京5R
◎7 メイケイゴールド

フーラブライドの弟とあっちゃ買わない訳には行かないだろ。
2013年の愛知杯の時は12人気で大穴ぶちあけてくれて「はいちゅどーーーん!」ってさせてもらった恩ある馬だからな。その弟がわざわざ東上して新馬に使われる。血統的にも父ステイゴールドで、母父メジロマックイーンなら馬場が悪くなってもゴリゴリ走ってくれそうだし、そこそこ素質馬が揃ってるし、木原厩舎は地味だから関西馬でも人気にはならないだろ。藤沢厩舎のオブセッションがどハデな追い切り見せてるから、軽くひねりつぶされるかもしれないけど、俺はメイケイから入る!

で、他の覆面馬主の面々は、どんな馬選んでるのかな?


1号 京都4R
◎9 グリエルマ

来年の牝馬クラシック、特に桜花賞までは、ロードカナロア産駒が活躍しそうで、この馬とかいいんじゃないかね。
お母さんのアズマサンダースは、京都牝馬ステークス(重賞G3)も勝った馬で、もちろん新馬戦も勝っている!

馬体が素晴らしく良くて、今の重い馬場は、かなり走ると思うね。

人気が割れそうな牝馬限定の新馬戦なので、3番人気くらいで、勝ちきって欲しいね!

あんまり参考になるか分からんが、オレ、新馬戦は、馬体重がある馬を優先的に買うようにしている。
全体的な統計でも、体重がある馬とない馬とでは、明らかに体重がある方の成績が良い。
そういう意味では、おそらくこの仔が、一番重くてグラマーなので、この仔から勝負したい!


2号 東京5R
◎9 カフジデューク

今週からセカンドシーズン開幕!というわけで、諸々ルールの改定があるそうな。このまま逃げ切りを図りたいところですが、どうなることやら・・・・・。ひとまずこれまで以上に『クラシック路線』を意識した狙い方にしたいところです。

というわけで舞台は東京芝2000m、狙うはフラワーC勝ち&桜花賞3着馬トレンドハンターの半弟、◎カフジデュークです!
他にも面白そうなマル外や、ディープインパクト産駒&ルメール騎手&藤沢和厩舎の強力タッグ、父ステイゴールド×母父メジロマックイーンなど期待したくなる血統の持ち主が多く集まった1戦ですが、ここに『3歳春のクラシック狙い』『土曜東京は雨予報』という要素を入れると、◎カフジデュークの株が一気に急上昇。
マンハッタンカフェ産駒の半姉トレンドハンターは上記のとおり早仕上がりの芝重賞馬で、ネオユニヴァース産駒の半姉スティールパスは、後に交流重賞を制しているダート馬。渋るであろう土曜の馬場に対する適応性、いざとなれば「ダート路線→ダービー」という、たまに見かけるあの路線も視野に入りそうな半姉2頭の適性等々、狙いたくなる要素がてんこ盛りです。
もちろん初戦に関しても、OP馬と併せてやや重の坂路で先着と、『渋った馬場』で特に期待できそうな調教内容。人気もそこまで被らないと思いますし、好走に期待したいですね!


3号 京都5R
◎2 ブレイニーラン

2周目になってからルールが変わったこの企画。前回は係数があり、かつ上位入線度の高そうな2、3番人気が狙い目だったけど、今回の変更点であることに気付いたわ。だから、これまでは情報元に「当週で馬券になりそうな穴めの馬」ってオーダーを出してたけど、今週からは「GIで勝ちそうな馬」に変更。グリグリの人気が続いちゃうかもだけど、許してちょんまげ。ブレイニーラン。シルクの2歳世代2位タイの高馬で、全姉にはクラブ12年ぶりのGI勝利を果たしたローブティサージュがいるわね。「乗り込み量が豊富だし、稽古でも好タイムを出している。デキに関しては文句ないだろうね。テンションが上がりやすいタイプだけど、いい意味で前向きだし、姉ほどカッカする感じじゃないみたい。トビがきれいなので良馬場でこそだけど、順調に行けば2歳のGIはもとより、来年も楽しめる逸材じゃないかな」と、関係者。ってことでブレイニーランから勝負よ!


4号 東京4R ◎9 ローザフェリーチェ

11回戦終了時点の順位は11人中暫定7位でござるよ。地味にワンランクアップなりよ。しかし、あの兄姉の新馬戦の成績で一番悪い成績の4着を引くとは何とも複雑な気持ちでござる。
明日は、祖父ロゼカラー、母ローズバド、半兄ローズキングダムの超良血!エンパイヤメーカー産駒の牝馬◎ローザフェリーチェで勝負するでござるよ。追うごとに調子は上がり直前の追い切りでは格上馬に先着!初戦から勝ち負けと見た!
今回はかなりメンバーが揃った新馬戦でござるが、サトノダイヤモンドの半妹マルケッサも血統面では怖い一頭だが、追い切りがあまりにも平凡なのでまだ完全に仕上がっていないと判断。◎ローザフェリーチェを上位に取るでござるよ。ま、デムーロだし、マイナスポイントにはならないはずなのでR。
ローザフェリーチェの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


5号 東京5R
◎3 ラムセスバローズ

明日は、間違いなく重馬場か、不良馬場。
下がドロドロになる危険性も高いですね。

こうなると、まず、ディープインパクト産駒のキレ味は活かせません。
そして、タフなスタミナ比べのような競馬になること必至です。

この馬の父カーリンは、の父がスマートストライクで、その父がミスタープロスペクター。
ダートでも十分活躍出来そうな血統背景です。
母父が、ディキシーユニオンで、母父父が、ディキシーランドバンド。この母系は、まさにスタミナの塊のような感じですから、明日のような馬場にはピッタリと判断しました。
鞍上のデムーロも、こういう馬場でこういう馬ならピッタリな気がしています。

現在2位ですが、明日は、逆転したいですね。


6号 東京5R
◎4 ロジティナ

2周目からのルール変更により、ダート馬ばかりを狙ってはいられなくなりました。2歳馬によるJRAダート重賞は1つもありませんからね(笑)。また、その場の勝利はもちろんのこと、その後の活躍まで見込んで指名する必要がありそうです。ちょっと"得意なダート戦優先"の戦略から方向転換をしたほうがよさそうです。

さて、土曜日の新馬戦は馬場状態が肝になりそう。芝のレースにも関わらず、東京の新馬戦にはエンパイアメーカー産駒、米国産のInto Mischief産駒、カーリン産駒がエントリー。いっぽうの京都5Rの新馬戦にも、ダート血統の米国産馬2頭、さらにトランセンド産駒の2頭までも出走を予定しています!う~ん。次週のダート新馬戦まで待たなかったということは、各陣営とも"パワー優先の不良馬場なら勝算アリ"ということでしょうか。

そんなダート色の強い?新馬戦ですが、私6号の注目馬は、東京5Rのロジユニヴァース産駒ロジティナ。
父のロジユニヴァースは近年でも稀に見るドロンコ馬場のダービーを制した道悪巧者。15年産が初年度産駒だけにまだ傾向はハッキリと判りませんが、近い将来、道悪馬場=ロジユニヴァース産駒、という評価になる可能性も十分にありそう。明日の芝は重か不良馬場になることが濃厚なので、今回はロジユニヴァース産駒のロジティナに注目したいと思います。


8号 京都5R
◎2 ブレイニーラン

ルール変更ということは、狙うべき馬が変わってきそうです。
なんてまるで攻略しているかのような発言ですが、私の順位は1週目が終わってブービー。とはいえ、1位との差は少々ありますが、会心の選定2、3発で巻き返せる数字。2週目1発目で気持ちを切り替え、来年のクラシックホースを探していきます。

あの【公式】の馬は当然買うとして、今回狙うのは別のレース。

京都芝マイル。過去この条件で新馬勝ちした馬の中には、ベッラレイアやシンハライト、そして後の2歳女王ジョワドヴィーヴルなど重賞で活躍する馬の名前がちらほら。ただ、上に上げたように、牝馬が中心。牡馬の方はというと、カレンブラックヒルがパッと最初に目に付いた馬。その他だとアルアインですかね。

そんなレースで指名したい馬がブレイニーラン。なお、父はディープインパクトで、新馬戦における産駒の連対率が芝で54.1%ともの凄い成績を残しておりますが、データ的にみると、この条件に限って言えばは決して成績が良いとはいえず。
8ラボのコース分析でも書きましたが、ディープ産駒の複勝率は26%。ダイワメジャー産駒と比べて6%も低くなってます。
まぁ凄い数値ではあるんですけどね。他の開催場がもっと凄いので、この数値でもディープ産駒として見れば低いんです。
ただし、他の産駒も同様。

同馬にとって嬉しいデータは鞍上川田騎手。8ラボのデータでみると、複勝率は57%で連対率は51%。勝率に関しては34%もあります。新馬だけで数値を調べても、過去10年データで、複勝率は40.7%。平均人気5.1の中では見事な数値です。

更にブレイニーランの調教を見てみると、入念に乗り込まれており、時計もまずまず。カツジの10月4日の調教は破格のタイムが出てますが、気になるのは明日の空模様。
予報だと、ほぼずっと雨です。
重などの馬場をこなせる血統背景が欲しい日です。で、ブレイニーランとカツジは共に父ディープですが、カツジの母はメリッサ。リファール系ですね。メリッサ自体は決して重馬場を苦手とはしてないような成績ですが、大敗しているのはほとんど重などの馬場が渋った時。一方、ブレイニーランの母はプチノワール。母父はシングスピールでサドラーズウェルズ系。母父シングスピールを近10年のデータでみると、数はすくないですが、不良馬場で複勝率42.9%。連対率に関しては、馬場が渋っても数値は落ちていません。母父ホワイトマズルより、連対率は5%以上上。
人気はカツジが被りそうですが、レースではブレイニーランが先着しているはず!


9号 東京5R
◎3 ラムセスバローズ

やはり「勝利の法則」は凄いです。加算ポイントは30ポイントでしたが上出来で!。順位も暫定6位をキープです。
明日の新馬戦は東京で2レース、京都で2レース、の合計4レースが開催されます。
東西TMイチオシ推奨馬は以下になります。
東京4レースのイチオシ推奨馬はダイワメジャー産駒の牡馬ダイワダンディでした。雄大な馬体で父と母(アグネスラズベリ)のスピードとパワーを受け継いでいるようです。仕上がりも万全のようです。
東京5レースのイチオシ推奨馬はカーリン産駒のマル外牡馬ラムセスバローズでした。今週の3頭併せの追い切りが圧巻だったようです。「能力は間違いなく高い!」と陣営も強気だそうです。
続いて京都4レースのイチオシ推奨馬はロードカナロア産駒の牝馬プライムチョイスでした。新種牡馬で活躍が目立つロードカナロア産駒ですし、母系の血筋も良く母ファインチョイスは重賞勝ち馬です。芝コースでの追い切りもかなり良かったようです。
京都5レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牡馬カツジでした。母メリッサは短距離重賞勝ち馬です。父ディープインパクト×母父ホワイトマズルはスマートレイヤーと同じ配合でスピード能力が高そうです。活気ある抜群の動きを見せており初戦から勝負になるそうです。

因みに以下が明日の新馬戦4レースの「勝利の法則」の該当馬です。
・東京4レース→エンパイアメーカー産駒の牝馬ローザフェリーチェ
・東京5レース→カーリン産駒のマル外牡馬ラヌセスバローズ
・京都4レース→ロードカナロア産駒の牝馬グリエルマ
・京都5レース→キトゥンズジョイ産駒のマル外牡馬アメリカンワールド

結論ですが、明日の指名馬には美浦TMのイチオシ推奨馬と一致する東京5レースに出走するカーリン産駒のマル外牡馬◎ラムセスバローズを指名させて頂きます。「勝利の法則」を信じて。

覆面馬主9号 拝


10号 東京4R
◎5 デルタバローズ

ルールが変更されまして、指名馬が活躍するとポイントが加算されることに。
GⅠだと500ポイント…。もはや新馬の勝ち負けとかどうでもいいですね。
渋めの人気薄を狙ってポイントを稼いできた自分は方針転換をしなければなりません!
基本はノーザンのディープ狙いですね。あとは名門厩舎。
ということで、東京5レースのオブセッションが気になるところです。
ノーザンF,ディープ、藤沢和、ルメール…しかしシルクR。
母パーシステントリーで1億の馬ですが、トーゼンゲイルなどこれまでの繁殖実績からすると手が出ません。
長い距離でよさそうというコメントも不安を煽ります。

ということで、東京4レース。私の愛する堀厩舎からデルタバローズを選択。
最悪ダートへいっても2、3勝はしてくれそうというのが大きな理由。
アジアエクスプレスのように朝日杯とか勝ってくれると最高ですね。もちろんここは通過点です。


11号 東京4R
◎14 ダイワダンディ

今回はそんなに人気はなさそうな馬から入ってポイントを加算したい。ワシが土曜日に選ぶ馬はコレ!コースで追い切った組の中で動きが「かなり良かった」という話じゃ。全体時計うんぬんだけでなく終始スピードを落とすことなくグングン加速してフィニッシュ。水準に達し、勝ち負けを期待できるレベルにあるという。父ダイワメジャー、母父エアジハード。いかにもスピードがありそうな血統。全兄に準オープンまで上がったレッドルパースもおるし、母アグネスラズベリは重賞勝ち馬。バックボーンがしっかりして、動きも良いなら初戦から楽しみじゃ。人気はデルタバローズやミルコやルメールの乗る馬に集まってくれると嬉しい。


それにしても、みんなルールへの対応早いなぁ。
新馬の選び方見てたら、なんとなく、その人の性格なんかも見えてくるな笑
俺は、自分でルールを決めながらも、ぶっちゃけルール無視で好きな馬の子供や兄弟狙いのスタンスで行く。

で、このコラムのローテーションだけど、最下位の方から順番で回す事になったらしいから、明日は、6号が更新するぞ!
明日は、毎年伝説の新馬戦になるか?と言われる、菊花賞当日の「京都2000m」の新馬があるね。今年は、どんな戦いが繰り広げられるのか?各覆面馬主たちの結論には注目だね!

とにもかくにも、未来ある新馬君たい!
台風が来てるからどんな影響が出るのかは分からないけど、怪我無く、競馬が嫌いにならないように新馬君達には走りきってほしいね!

本日は以上、じゃーな!


◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line