TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年10月22日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年10月22日版】

抱きしめて!ミスターP
5勝だ。
土曜日東京でミスターPは12レース中5勝。

ミスターPが出走していないレースも1戦あり、実に勝率45%!

雨の日、しぶった馬場。
このような条件でミスターPは大活躍!

では、東京メインのブラジルC。
ここは父も母父もミスターPのナムラアラシに注目。

デビューから3歳の秋までは二桁着順も多く目立たなかったが、3歳暮れに1000万下を勝つと4歳になって準オープンも通過。それまで波のあった成績も古馬になって安定し、明らかに軌道に乗ってきた。

血統表を見ると、ノーザンダンサーの4×4×5や、ミスタープロスペクターの4×4など大種牡馬のクロスが並ぶ。デビュー以降、徐々に馬体重を増やし成長しているが、成長力に富んだ血統背景がバックボーンにあり、今後ますます活躍しそうな馬だ。

さて、今回のレースは東京で行なわれる。5月に今回と同条件の東京ダ2100m(オープン)で3着と結果を出しており、本質的には広いコース向きの馬。

最近は不向きな小回りのレースに出走していたが、東京なら俄然狙いやすい馬になる。

ということで、ブラジルCは⑧ナムラアラシを軸に3連複1頭軸流しで計6点。
相手は、④サンライズソア、⑤メイショウウタゲ、⑨モンドアルジェンテ、②キクノソル。

各5千。


抱きしめて!ミスターP~新潟編~
抱きしめて!ミスターP~京都編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line