TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【10月28日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【10月28日版】

クラシックホース
「罰ゲームは洋子さんのパンツ被ってフルーツ食べる写真とか撮っちゃうのもいいかも・・いや、それだと塩爺が怒るか・・」

ということで

どうも!
日々罰ゲームの内容を考えている覆面馬主・データの8号です!

まずは先週日曜日までの結果を記載しておきましょう!

1位・5号 → 299pt
2位・2号 → 270pt
3位・10号 → 256pt
4位・3号 → 204pt
5位・11号 → 127pt
6位・9号 → 117pt
7位・8号 → 97pt
8位・4号 → 58pt
9位・7号 → 49pt
10位・1号 → 39pt
11位・6号 → 11pt

イケメンな上に馬券も上手い5号さんがトップ。
1位~4位までは常にこの4名がしのぎを削っているイメージですね。

そして最下位はというと・・・

11ptで6号さん!

なお、この前あったのですが、この新馬企画の結果について聞いても、相変わらず飄々としています。
そういえば、一昨年だかの覆面馬主参加のクリスマスパーティーで、トナカイのきぐるみを着させられてても、普段通りの表情でしたからね。罰ゲームの一つや二つじゃあ、ビクともしないんでしょう。

ただし!
戦前の想定とは裏腹に、血統の1号さんと小鳥の7号さんが危険地帯に。

最下位は罰ゲーム。
前回は9号さんが、「宴会のたびにアキラ100%の全裸芸をやる」というものでしたが、第2回は更に過激になりそうな可能性大。

どんな罰ゲームが待っているかわからない中・・


1号師匠・・


なにやってんですか・・・


もはやそれ、ちょっと軽めの罰ゲームじゃないですか(笑)

(詳細は文末にリンクを貼っておきますので、本日更新の【成り上がり夫婦のドリーム馬券術】をご覧ください)

理由は良く分からないですが・・って、塩爺はもっとわからないですね(笑)

さて、話は脱線してしまいましたが、明日の新馬戦は4レース。

東京
4R・ダ1400m
5R・芝1600m(牝)

京都
4R・ダ1200m
5R・芝1800m

クラシック狙い!となれば、やっぱり京都5R狙いが多くなるんですかね?それとも牝馬限定?
では皆さんの結論をどうぞ!


1号 京都5R
◎9 プリメラビスタ

凄いお母さんといえば・・・馬の世界では、そう、ビワハイジ!
もう凄すぎて、めまいするくらいだ。

アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、ブエナビスタ、トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴル、サングレアル。
こうした息子、娘たちは、みんな重賞ウイナー!

この6頭のうち、ブエナビスタ以外の5頭が、すべて新馬勝ち!
ブエナビスタが新馬3着ってのも、謎ではあるが・・。

でもって、この仔、プリメラビスタ、相当に能力がなければここ使って来ないんじゃないかと思う。
カーリアンの娘ビワハイジは、どんなサンデー系種牡馬を付けても走る。
スペシャルウィーク、ゼンノロブロイ、アグネスタキオン、ディープインパクト・・。

今回、父がオルフェーブルに替わり、どんな走りを見せてくれるのか、とっても楽しみな一頭。

2か3番人気じゃないかと思うので、これでガツンとポイントを加算したいし、この仔、クラシック戦線十分あり得るとみた。

以上。


2号 京都5R
◎16 レッドヴェイロン

将来性まで込みで考えると『ブエナビスタの半妹』は少々怖い存在ですが、現状では繁殖牝馬の質に対し、望まれているほどの活躍が出来ているとは言いがたいオルフェーヴル産駒。46頭がデビューして5頭が合計6勝。重賞馬は1頭出ていますが、ちょっと打率が悪すぎます。
まぁオルフェーヴル自身、3歳春のある時期から急激に強くなった馬なので、この後産駒が軒並み一変する可能性も無くはないですが、未知数な部分に期待するより、半兄姉に重賞馬4頭(リディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパン)&実績十分なキングカメハメハ産駒の◎レッドヴェイロンを狙った方が、POG的要素が加わった現ルールでは強そうです!
上記4頭の他に重賞未勝利の兄姉が3頭いますが、そのうち1頭は未勝利とエルフィンSを勝ち牝馬三冠全てに参戦、もう1頭は3月に未勝利戦を勝ってから未出走の3歳馬。残る1頭も未勝利戦で3着に入った後、骨折で・・・・・というやむを得ない経緯ですので、選んだ時点で『1勝』がほぼ確約クラス、『重賞参戦』『GI出走』も相当期待できる血統と言えるでしょう。
兄弟のうちこの馬が初めての『父が非サンデーサイレンス系』となっていますが、兄姉は軒並みGIタイトルにあと一歩及ばず。父が替わったことが「あと一歩」に繋がる可能性も、十分にあり得るでしょう。個人的に結構好きだったクラレントの下なので、贔屓目込みで注目しています!


3号 京都5R
◎11 スーパーフェザー

POG的なルールがあるので、明日土曜はこのあとも稼いでくれそうな馬をチョイス。スーパーフェザー。去年のセレクトセールで2億8000万円の値が付いた高馬ね。当時はアタイも会場に足を運んでいたから、この目で馬体を確認したんだけど、まとってる雰囲気はまさに走る馬のそれ。もちろん手の届くような金額ではなかったためセリうんぬんではなかったものの、「こういう馬が走ってくるんだろうな」と思ったのは鮮明に覚えているわ。栗東の情報網も「馬体のバランスがいいし、走りにもムダがない。中間の稽古は丹念で、実戦を想定した乗り込みで初戦から動けそう。来年のクラシックの主役候補の1頭だから、まず無様な競馬はしないんじゃないかな。人気でも逆らえないと思うよ」と大絶賛。ってことでスーパーフェザーから勝負よ!


4号 京都4R
◎5 ペルペトゥオ

13回戦終了時点の順位は11人中暫定8位でござるよ。ワンランクダウンの8位.....やはり色気を出したらいかんY。勝負馬だったトーセンバジルの全弟◎トーセンアルタイルはスタートダッシュが決まらず全く見せ場の無い10着敗退!手痛いマイナスポイントだったのでR。やっぱ穴っぽいところを狙った時点でポリシーが貫けていないでござるな。反省反省!
明日は京都5レースに超良血馬が集まっている気がするが、混戦になる分、敢えてそのレースは避けるでござる。2週連続で古馬オープン馬パールコード一蹴したパイオニアオブザナイル産駒のマル外牝馬◎ペルペトゥオで勝負するでござる。パワーとスピードを兼備しており栗東では話題の外車なり。ガチガチの1番人気で堅実にポイント加算するなりよ。
◎ペルペトゥオの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


5号 東京5R
◎5 メジャーマジック

母がソーマジック!と見て、これは買わねば!と思いました。
ソーマジックといえば、アネモネステークスを勝ち、桜花賞がレジネッタの3着。
その後も、マイル戦を得意とし、東京のマイル戦で1000万下特別勝ち、準オープンの2着も、東京マイル戦。

まさに、東京のマイル戦が血統からみると、どんぴしゃで、普通に走れば、おかしな競馬はまずしないと見ました。

たぶん、3番か4番人気くらいかな、と。
ディープインパクト産駒や、ルーラーシップ産駒、オルフェーヴル産駒など、人気も割れそうですが、ここは、好勝負必至だと思います。

それに、馬体も素晴らしいので、クラシック候補にもなりそうな気がします。


6号 京都5R
◎11 スーパーフェザー

土曜日はダートの新馬戦が2つも組まれていますが、2周目からのルール変更により、ダート馬ばかりを狙ってはいられなくなりました。。
その場の勝利はもちろんのこと、その後の活躍まで見込んで指名する必要がありそうです。当然、狙うのは芝コースで行われる東京5Rか京都5Rの2択ですね。
ただ、問題なのは先週の降雨の影響をモロに受けた今の芝状態。今週からBコースになる東京ならまだしも、引き続きAコースで行われる京都の方は、芝の内側がかなり荒れていそうです。週中にもけっこうな量の雨が降ったという話ですからね。

明日の京都芝で狙うならば、外差しを決められそうな馬!

ということで、今回注目したいのは外目の11番枠を引き当てたディープインパクト産駒の◎スーパーフェザー。
ちょっと名前がフワフワしすぎて心配になりますが(笑)、鞍上が菊花賞を制したM.デムーロ騎手なら、今の馬場特有のVロードを心得ていそうです。
スーパーフェザーの母オーサムフェザーは、デビューから10連勝を飾った北米2歳牝馬チャンピオン(生涯成績は11戦10勝)。ダート専の私6号としては、この企画とは関係なく、オーサムフェザーの子の走りには注目せざるを得ません。オーサムフェザーにはスーパーフェザーの後も、2年連続でディープインパクトが種付けされており、生産者(ノーザンF)がこの配合にある程度の手応えを感じていることは間違いなさそうです。


7号 東京5R
◎3 スマートエアロ

明日の新馬は狙いたい馬が沢山居て、選出するのにちょっとだけ悩んだわ。
クラシック候補馬という意味では、京都5Rのスーパーフェザーやレッドヴェイロンあたりも狙いたい馬だし、まぁ、現状の順位を考えると、京都4Rのペルペトゥオの話として「確勝級だよ」っていうネタに乗って固くいくか?とも考えたんだが・・・

しかーし。
俺が俺であるために、絶対に狙わなければならない馬を発見してしまった。
それが、スマートエアロだ。
最初はこのレースのカーロバンビーナから行こうと思ってた。
行こうと思ってたんだが、スマートエアロの父を見て仰天した。

なんと!スマートロビンじゃねーか!

俺も自分の持った牡馬を種馬にして、自分の繁殖に付けて、その子供を持つ!という「リアルダビスタ」をやりたい。重賞1勝レベルのスマートロビンを種牡馬にして「リアルダビスタ」してる大川オーナー。
夢をもらった以上、ここはスマートロビン産駒を応援しないといかん!

しかも、2012年の目黒記念で「ロビン×ロビン馬券」で世話になったあのスマートロビンだ。
全くノーマークだったわ。いつの間にスマートロビンは種馬になってたんだ?
って調べたら、現2歳馬が初産駒世代で、もう、何頭か走ってんじゃん。
えー?セリとか出てたか?全然記憶に無かった。
とおもったら、えー!平和賞勝ってる馬150万位で買われてるじゃん。
いきなり船橋の重賞勝ってんのかよ…知らなかった。
って事で、石橋厩舎に横典???ってのも、不思議。
調教で乗ってない横典が、関西の厩舎の新馬に乗る?
ぶっちゃけ、「どヤラズのポツン」か「激走」かのどっちかのパターンじゃないか?
こういう、伸るか反るかの勝負は楽しみだ!


9号 京都5R
◎16 レッドヴェイロン

「勝利の法則」....不発です!2度目の不発です。パワフルノンコ....全くパワフルでは無かったですね。懲りずに明日も「勝利の法則」で勝負したいと思います。
明日の新馬戦は東京で2レース、京都で2レースの合計4レースが開催されます。
東西TMイチオシ推奨馬は以下になります。
東京4レースのイチオシ推奨馬はヘニーヒューズ産駒の牝馬プロミストリープでした。仕上がり抜群で馬体は完全に仕上がっているそうです。
東京5レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牝馬カーロバンビーナでした。小柄なところが父親譲りで、バネのある素軽い動きを見せているそうです。
続いて京都4レースのイチオシ推奨馬はパイオニアオブザナイル産駒の牝馬ペルペトゥオでした。追い切りでは2週続けてオープン馬パールコードと併せて楽々先着したようです。かなりの素質馬のようです。
京都5レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牡馬スーパーフェザーでした。2016年のセレクトセールで2億8,080万円で落札された高額取引馬です。学習能力の高い馬だそうです。取引金額に恥じない走りはするとの事でした。

因みに以下が明日の新馬戦4レースの「勝利の法則」の該当馬です。
・東京4レース→メイショウボーラー産駒の牡馬テイエムボンバー
・東京5レース→オルフェーヴル産駒の牝馬オースオブゴールド
・京都4レース→オーヴァーアナライズ産駒のマル外牡馬アイキャンフライ
・京都5レース→キングカメハメハ産駒の牡馬レッドヴェイロン

結論ですが、明日の指名馬には京都5レースに出走するキングカメハメハ産駒の牡馬◎レッドヴェイロンを指名させて頂きます。母は名繁殖牝馬のエリモピクシーで、半兄リディルは重賞2勝、半兄クラレントは重賞6勝、半兄レッドアリオンは重賞2勝、半兄サトノルパンは重賞1勝と重賞ハンター血統です。調教でも能力の高さは証明されています。
そして「勝利の法則」信じるのみ!

覆面馬主9号 拝


10号 京都5R
◎11 スーパーフェザー

いや~毎回のランキングの上下が楽しみになってきました。POG的要素も合わさって面白くなってきましたね~。

さて、そろそろディープの大物が出てくる頃でしょう。ということで、この馬です。
1番人気確実ならやめようかと思いましたが、ここにはビワハイジの仔プリメラビスタもスタンバイ。
さらにエリモピクシーの仔もいて、案外おいしいことにならないかなと。
ノーザンのディープといえど、まだよくわからないですからね~。
でもまあ、時計を見る限り水準以上は間違いなさそうですし、友道厩舎は今年すでに新馬4勝と絶好調。
雨が気になりますが、ディープ産駒の道悪成績って、印象より数倍いいですからね。
ポイント的には間違いないでしょう。POGでもそこそこ人気でしたからね。GⅠ出走ポイントくらいは稼いでくれるはずです。


11号 京都5R
◎14 ヴィオローネ

土曜日にワシが狙うのはコレ。例によってコースで追い切られた馬を狙う。最終追い切りの時計が速いのもあるが、今週CWは力の要る馬場だった。さすがに水曜のアノ雨だとな。木曜も馬場状態は回復しとらんかったらしいが、もっとも、それは競馬場も同じではないか。史上に残る不良馬場の菊花賞。そこから僅か一週間。しかも、今週も開催場は雨予報。パワーの要る馬場が想定される。母系にサドラーズウェルズ、スペシャルウィーク、ホワイトマズルとスタミナとパワーを秘める血統に、父はルーラーシップ。追い切りでしっかり動いて能力を期待できる上に、しぶった馬場を苦にせんはずじゃ。そんなこんなで、ワシはこの馬で勝負する!


そして8号の狙い馬は

東京5R
◎10 アイアムヒメ

東京芝1600mにおける種牡馬成績を見ると、今回の出走メンバーに関係する馬の中で、複勝率が最も高い(2014年以降です)のがディープインパクト産駒。複勝率36.3%もあります。しかし、平均人気も高く4.8人気。単勝回収率は61で複勝回収率81では決して突き抜けた良い数値とは言えません。

そんな中、出走頭数も多く、単複回収率が共に100を超えているのがタイキシャトル産駒。ディープブリランテ産駒も単複共に100を超えておりますが、出走数は28頭。対してタイキシャトル産駒は145頭おり、複勝率22.1%という数値。

更に、タイキシャトルと母父の関係性を見てみると高い回収率となっているのがノーザンダンサー系。アイアムヒメの父フレンチデピュティもノーザンダンサー系の流れをくむヴァイスリージェント系。
そして、明日は雨予報。タイキシャトル産駒は白井先生が管理したメイショウボーラーをはじめ馬場が渋るのが苦手という産駒が少なく、馬場が渋ったとしても苦にしないでしょう。

これで、調教まるで動いてない!なんて事なら、流石に本命にはできませんが、柴田善騎手が2回またがっている点にも驚きつつ、25日の追い切りでは先行していたとはいえ、古馬500万相手に先着。
強い相手と調教を行うことで、馬の成長って進むと思うのですが、今回の出走メンバーで1000万クラスの馬と併せているのはこのアイアムヒメとレッドテオドーラのみ。調教で走る走らないはありますが、その1000万クラスの馬と併せ同入しているのもいいですし、美浦のウッドで66.6というタイムを出しているのも好感触。
人気も無さそうだし、この馬で一気に上位陣に食い込みます!


逆噴射したら、罰ゲームを覚悟しつつ・・8号がおおくりしました!


1号師匠と塩爺の件はこちらをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年10月28日版】



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line