TOP > 競走馬 > 「セダブリランテス」血統的に距離は大丈夫!ザ石も影響ない【アルゼンチン共和国杯】
競走馬

「セダブリランテス」血統的に距離は大丈夫!ザ石も影響ない【アルゼンチン共和国杯】

父はディープブリランテ、兄には今年の日経新春杯3着のモンドインテロという血統のセダブリランテス。新馬戦はダートの1800mで圧倒的1番人気に応えて快勝。続く早苗賞では初芝ながらも、切れ味ある末脚で差し切り勝利。勢いそのままにラジオNIKKEI賞も制し無傷の3連勝となった。このままの勢いに乗れるのか、そんなセダブリランテスについてまとめてみた。
セダブリランテス

【メイクデビュー中山】直線だけの競馬で完勝!

スタートを決めて好位の外につけていく。3,4コーナーで前に進出していくが、鞍上の手が盛んに動いて直線コースへ。4番手からなかなか伸びずにいたが、坂下からエンジンが掛かり、ゴール前で先を行く馬を差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 セダブリランテス(内田博幸騎手) 「直線で気合いを入れたらグッと伸びました。直線だけで凄いパフォーマンスを見せてくれましたね。芝も走れそうですが、まだ体も太いですし、現状ではダートで、絞れてきて芝というのがいいのではないでしょうか」

【早苗賞】初芝にも十分に対応!

道中は中団馬群の5番手辺りを進み、折り合いがついてゆったりと向上面を進む。長い直線では馬場の真ん中に持ち出し、追い出しを待つ余裕があるほど。追い出されてからはムチは打たれる事なく先頭でゴールイン。
動画を見る
inyofu 1着 セダブリランテス(石川裕紀人騎手) 「この中間に乗って、動きも良く、休み明けは問題ないと思っていました。芝でも走れると思っていましたが、勝ち方、レース内容が良く、ここでは能力が抜けていました。このまま順調にいってほしいです」

【ラジオNIKKEI賞】無傷の3連勝で重賞制覇!

スタートから積極果敢に3番手に行き、動くタイミングを計る。3コーナーに入った辺りから鞍上の手は動きだして、直線に向かう時には2番手に浮上して前を追っていく。最後はウインガナドルとの追い比べを制し、初重賞制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 セダブリランテス(石川騎手) 「(初重賞勝ちについて)自分としては遅くなってしまったという気持ちもありますが、勝てて良かったです。器用な競馬が出来る馬ですし、自信を持って乗りました。ペースも流れていましたし、いい感じで行けました。まだまだ先のある馬ですし、この馬と一緒にこの先も頑張っていきたいですね」

【アルゼンチン共和国杯】追い切り 気配上々の動き!

inyofu セダブリランテスは1日、美浦Wでバトルマイスター(2歳新馬)、スターフィールド(2歳500万下)との3頭併せ。道中は2頭を2秒近く追走。直線で最内に入り、前者と併入、後者に0秒4先着した。気配は上々だ。
inyofu 5F68秒0-39秒1-12秒8に、手塚師は「ちょっと時計が遅くなっちゃったかな。でも、ゴールを過ぎても伸びていたし、いいでしょう。具合はいいですよ」と好仕上がりをアピール。セントライト記念を目前に爪を傷めるアクシデントがあり、いったん放牧。一頓挫明けとなるが、不安は見当たらない。

近走で1、2番人気経験馬が上位

inyofu 過去10年の出走馬について、過去4走での最高単勝人気別に成績をまとめると、「1番人気」組が3着内率37.9%でトップ、それに「2番人気」組が23.8%で続いており、連対馬20頭中19頭は「1、2番人気」に支持された経験があった馬となっている。それに対し、最高単勝人気が「3番人気以下」だった馬からは3着以内馬が3頭しか出ておらず、好走率の面でも「1、2番人気」組とは大きな差がついている。

これまでの出走したレースは全て1800mと距離不安の声が挙がるが、兄モンドインテロは昨年のステイヤーズS3着、今年の札幌日経オープンを勝利するなど、ステイヤータイプであり、この馬もスタミナは十分にあるはずだ。立て直しの1戦となるが、これからの可能性を占う面でもここは好勝負を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line