TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」【11月4日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」【11月4日版】

砂の惑星から来た勇者たち
今回も覆面馬主【データの8号】影武者・パチ号が地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

まずは金曜の推奨馬の結果から

【小牧騎手】
・京都6R
 アポロロッキー
  3人気 5着
 買い目:馬単10→2,5,6,8,9(不的中)
     馬連10-2,5,6,8,9(不的中)
     3連複10-2,5,6,8,9(不的中)

単勝回収率を重視して推奨したアポロロッキーは5着。
上位馬に大きく引き離されたので、着順うんぬんではないですね。
今回は外れてしまいましたが、まだ3日間開催の初日。明日から取り返していきたいと思います。

では、さっそく主な地方競馬出身のジョッキーが騎乗予定の競馬場をチェックしていきましょう。

・岩田騎手 福島競馬場
・内田騎手 東京競馬場
・岡田騎手 福島競馬場
・柴山騎手 東京競馬場
・戸崎騎手 東京競馬場

明日の開催で推奨したい厳選の1頭は……

岩田騎手が福島2Rで騎乗するプタハ!

岩田騎手と福島芝1800mの成績(過去5年)は平均人気8.0に対し、平均着順6.3。
人気よりも走っているコースと言えそうですね。

また、プタハは2歳戦で強いヘニーヒューズ産駒。
同産駒の勝ち上がり率は非常に高く、2歳時の完成度は他産駒よりも優れています。
また、同馬は芝に矛先を向けた前走は勝ち馬から0秒1差の3着。芝2戦目で慣れが見込めるので、さらなる前進にも期待できそうです。

相手はこのコースで高い複勝率を誇るディープインパクト産駒(※1)からヒシハムザリバー、前走で勝ち馬から大きく引き離されていないウインスラーヴァとクリノロマン、メンバー唯一の2着経験馬ファイアプルーフ、そしてこのコースでの勝率が高い吉田隼騎手(※1)が騎乗するモダンクラシック。

買い目はプタハを軸にした馬単マルチと3連複流しの合計20点。

最後に番外編として「京王杯2歳S」の重賞予想。

このレースはキンシャサノキセキ産駒とダイワメジャー産駒が活躍しているレース。
スピードに優れたサンデー系が良さそうですね。
この血統に当てはまるのがマイティーワークスとカシアスの2頭。どちらもキンシャサノキセキ産駒です。

私がこの中で本命に選んだのは『マイティーワークス』!

もう1頭のカシアスは函館での経験しかありませんが、マイティーワークスは新潟で新馬勝ち、東京で500万下3着と左回りで結果を残しています。また、前走のくるみ賞は勝ち馬と0秒3差とそれほど差が開いてるようには感じられませんし、そのときの1着馬は素質馬モルドアレグロ。
人気はありませんが、馬券圏内は十分に届くと考えています。
今回は妙味込みでマイティーワークスを本命視!

相手は先ほど取り上げたカシアス、そして全姉がブランボヌールのエントシャイデン、2歳戦で注目せざるを得ないヨハネスブルク産駒のタイセイプライド、このコースで高い複勝率をマークしているC.ルメール騎手(※2)が騎乗するタワーオブロンドン、そして2週連続で重賞を勝利している好調のC.デムーロ騎手騎乗のトーセンアンバー。

買い目はマイティーワークスを軸にしたと馬単マルチと3連複流しの合計20点。

以上、パチ号でした。


※1 『競馬のカリスマ』内の「【コース分析】福島芝1800m」を参照
「【コース分析】福島芝1800m」はコチラ(無料会員登録が必要です)!

※2 『競馬のカリスマ』内の「【コース分析】東京芝1400m」を参照
「【コース分析】東京芝1400m」はコチラ(無料会員登録が必要です)!


パチ号担当の「フ~ジ子ちゃんの奇跡!」はコチラから
フ~ジ子ちゃんの奇跡!【11月4日版】



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line