TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【11月3日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【11月3日版】

クラシックホース
シーズン1の制した覆面馬主4号ことカウボーイ4号でござるよ。

シーズン2だが、ここに来てルールが複雑化し過ぎて訳が分からなくなって来たでござる。POG的な要素が大きく、ダートの地味なレースの地味な血統よりもディープインパクト産駒とかキングカメハメハ産駒などの前評判の高い馬や生産牧場がノーザンファームの馬に指名が集中しているような気がするでござる。吾輩ももれなく。苦笑 しかし、血統大好きオヤジの1号師匠が最下位とはびっくらこいたY。血統理論に長けていても新馬戦で1着に来る馬がわかるわけではないところに競馬の面白さがあると思うのでR。
そんな1号師匠は一発逆転を狙って人気薄を狙って来ているが今のところ空回り状態なり。
吾輩は初心貫徹!ルールをしっかり理解しつつ良血馬、評判馬を勝負馬に指名してコツコツ30ポイントづつポイントを稼ぐ作戦で今後も勝負するでござる。

現在の順位は、以下でござる。未勝利9号に負けているのだけが屈辱だが、「勝利の法則」とやらでポイント加算しているだけでござる。大した法則ではない事は明白なだけに悔しいでござる。

2号→330pt(暫定1位)
10号→316pt(暫定2位)
5号→301pt(暫定3位)
3号→279pt(暫定4位)
8号→202pt(暫定5位)
9号→177pt(暫定6位)
11号→107pt(暫定7位)
4号→103pt(暫定8位)
6号→71pt(暫定9位)
7号→43pt(暫定10位)
1号→13pt(暫定11位)

明日の新馬戦は京都で3鞍、組まれているYO!

京都5R>14頭立て>ダート1,400m
☆血統面魅力
・半兄キネティクスはGlll富士S制覇→クールメアリー
・3代母ダンスパートナーはGlオークス、Glエリザベス女王杯制覇→カッチャウカモネ
・祖母アローキャリーはGl桜花賞制覇→ダンスドリーマー
・半兄クルーガーはGllマイラーズC制覇→アリストライン
・母ベッラレイアはGllフローラS制覇、Glオークス2着→カラレイア
・半兄ハクサンムーンはGlll京成杯制覇、GlllアイビスSD制覇、GllセントウルS制覇、GlスプリンターズS、Gl高松宮記念2着→マリアバローズ
☆この舞台に強い種牡馬(過去3年)
・1位:ダイワメジャー→出走なし
・2位:キングカメハメハ→出走なし
・3位:ディープインパクト→マリアバローズ
・4位:キンシャサノキセキ→出走なし
・5位:ゼンノロブロイ→出走なし
☆調教魅力
・乗り込み十分、馬体仕上がる→カラレイア
・追われて鋭い伸び→マリアバローズ
・好時計&好気配→ダンツカホウ
☆生産牧場力魅力
・ノーザンファーム→アリストライン、カラレイア
・白老ファーム→スイートレモネード
・社台ファーム→カッチャウカモネ
☆厩舎力魅力
・須貝厩舎→スイートレモネード
・石坂厩舎→マリアバローズ
以上の要素などから綜合的に考えて、吾輩の本命馬は◎エンパイアメーカー産駒のカラレイアなのでR。

京都6R>13頭立て>ダート1,400m
☆血統面魅力
・叔母のショウナンパントルはGl阪神JF制覇→アサケルビー
・叔父のナムラタイタンはGlll武蔵野S制覇→ナムラガッツ
・祖母ノースフライトはGl安田記念制覇、GlマイルCS制覇など重賞6勝馬→ノーウェイ
・叔母のオースミハルカはGlllチューリップ賞、GlllクイーンS連覇、Glll府中牝馬S制覇、Glエリザベス女王杯2着2回→カシノアイザー
☆この舞台に強い種牡馬(過去3年)
・1位:ダイワメジャー→出走なし
・2位:キングカメハメハ→出走なし
・3位:ゴールドアリュール→ヴィヴィアナガール、アポロロッキー
・4位:パイロ→出走なし
・5位:エンパイアメーカー→出走なし
☆調教魅力
好時計好気配特になし。完全に仕上がっている馬がいない。
☆生産牧場力魅力
特になし。
☆厩舎力魅力
特に無し。
以上の要素などから綜合的に考えて、吾輩の本命馬は◎ゴールドアリュール産駒の牡馬◎アポロロッキーでござるよ。

京都7R>12頭立て>芝1,600m
☆血統面魅力
・叔母アストンマーチャンはGlスプリンターズS制覇→トゥラヴェスーラ
・母コスモプラチナはGlllマーメイドS制覇→ウインラナキラ
・叔父ノーリーズンはGl皐月賞制覇→メラナイト
・半兄ヴァーミリアンはGl9勝馬(地方交流Gl含む)→ミルコメダ
☆この舞台に強い種牡馬(過去3年)
・1位:ディープインパクト→出走なし
・2位:キングカメハメハ→ウインラナキラ
・3位:ハービンジャー→出走なし
・4位:ハーツクライ→メラナイト
・5位:ダイワメジャー→ヒルノオークランド
☆調教魅力
・活気ある動き!出来最高!→メラナイト
・追うごとに調子上がる!仕上がり良好!→トゥラヴェスーラ
・動き軽快で好調子!→セトノシャトル
☆生産牧場力魅力
・ノーザンファーム→ルベライト、ミルコメダ
・社台ファーム→トゥラヴェスーラ
・ダーレージャパン→インターセクション
☆厩舎力魅力
・石坂厩舎→ミルコメダ

以上の要素などから綜合的に考えて、吾輩の本命馬はハーツクライ産駒の牡馬◎メラナイトでござるよ。

以上を3頭から吾輩が悩みに悩んで選んだ明日の指名馬は、
京都7レース
◎08メラナイト
でござるよ。
1番人気にはならないと思うでござるが、調教は抜群に動いているようだし、この舞台に強いハーツクライ産駒!手堅くポイント加算と行くでござるよ。

それでは最後にメラナイトの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。

皆さんの結論はこちら


1号 京都7R
◎9 セトノシャトル

この馬、坂路とCWの併用調教でバリバリ追えてて、とっても良い感じだよね。
最近の新馬戦の人気傾向をおさらいしておこう!

①デムーロ、ルメール、他外人が乗ると人気になる。
②ノーザンファームはじめ社台グループだと人気になる。
③ディープインパクト産駒だと人気になる。最近は、ハーツクライ産駒も過剰人気。
④いかにも勝ちそうなカッコいい名前だと人気になる。

あたりを踏まえて、オレは、この4要素が絡む人気馬は、一切指名しないことにした。

何故か?

それは・・・・

今、ビリだから・・・。

せめて、7号をビリにしてしまいたい(笑)

でもって、このセトノシャトル、この4要素すべて無し。 日高の産まれで、鞍上は幸騎手、地味なタイキシャトル産駒で、名前もカッコいいとは言えない。

が、こんな馬ほど、良くなっていく。
上も走ってるし、明日勝てなくて掲示板でも、次は勝つ。

超大型のくせに素軽いのも良い!

明日は、7番人気くらいじゃなかろうか・・。
馬券も買うぜ。

以上!


2号 京都7R
◎3 ドラグーンシチー

どうやらかなり話題になっているらしいこの馬。直前の『栗東坂路良で4ハロン53秒2』という時計自体は、まぁそれなりに見られる数字ですが、1週前追い切り(25日)のCW重馬場での5ハロン64秒4は、同日最速級のものだったそうな・・・・・。
(参考までに、天皇賞秋出走馬の最終追い切りも同じ25日でしたが、ヤマカツエースが5F70秒、キタサンブラックが68秒2、ロードヴァンドールが64秒2、サトノアラジンが68.4。中には6F追いだったり、軽めの馬なりだったりした馬もいましたが、いずれにしても出そうと思って出る時計では無いでしょう)
上記の最終追いの坂路時計も、聞くところによると本来であればあまり時計が出せない、少々体重が重目な調教助手の人が騎乗してのものだったそうで。不良馬場での時計も併せて考えると、相当なタフさとスピードを兼ね備えているタイプと見て良さそうです。

半兄姉4頭の総賞金がゼロ(つまり5着以内ゼロ回。今調べたら一桁着順すらゼロでした・・・・・)という点だけが若干引っ掛かりますが、あくまでこの馬のみに注目した場合、評価を下げる理由は皆無。好走に期待しています!


3号 京都7R
◎3 ドラグーンシチー

7Rに新馬戦が組まれてるのって、すごく珍しい印象を受けるわね。ここはドラグーンシチーに期待しているわ。兄姉に中央で勝った馬はおらず、母メイショウアンデス自身も未勝利。血統的に地味な感じは否めないけど、現地のトラックマンの話では「結構いいものをもっていそう。これまでに調教で派手な時計を出したわけじゃないけど、走ってるときの体の使い方がスムーズだったし、乗り手に従順な感じもいい。これといって大きなウィークポイントがないね。父のロードカナロアも新種牡馬のなかでは勢いがあるのもよく、初戦から狙いが立つと思っています」とのこと。ってことでドラグーンシチーから勝負よ!


5号 京都5R
◎10 アリストライン

この馬、ハーツクライ産駒で、クルーガーの妹ですね。
クルーガーは新馬戦2着でしたが、妹は、1着の可能性濃厚とみました。
京都の馬場は、外差しがきく感じになってきているでしょうし、調教では、終いの1ハロンのキレが目立ってます。
明日は、この馬で勝負!


6号 京都5R
◎10 アリストライン

断トツのビリを卒業した私6号ですが、暫定9位という目立たない順位にいるのは不本意です。とりあえずはポイントを加算して少しづつ順位を上げていきましょう。

さて、金曜日は京都・福島の2場開催ですが、新馬戦があるのは京都だけ。さらに、企画のルール上はダート戦を選ぶメリットがほとんどありませんから(悲)、必然的に対象レースは5Rか7Rということに。
この2レースは、どちらも内回りのレースというところがポイント。今週からBコースで行われるとはいえ、芝コースの内側はかなり荒れているはずなので、外からスムーズな競馬が出来る有力馬を見つけて、指名したいと思います。

そこで、、注目したいのは京都5Rで外目の10番ゲートを引き当てた◎アリストライン。
3つ上の半兄には重賞勝ち馬クルーガーがおり、そのクルーガーは2歳11月の新馬戦2着→未勝利戦1着という過程で初勝利を挙げています。兄も預かる高野師のコメントでは"同時期のクルーガーよりもしっかりしている"という話ですから、当然アリストラインには新馬戦勝利が期待されます。
また、アリストラインが生まれた年、母のアディクティドには、すでにデビューし京成杯3着などの実績を残していたクルーガーと同じキングカメハメハではなく、アリストラインと同じハーツクライが2年連続で種付けされていますから、よほど生まれた時の出来がよかったのでしょう。生産者(ノーザンF)の期待を裏切らない走りを期待したいですね!


7号 京都5R
◎14 マリアバローズ

ハクサンムーンの妹。
バクシンオーの肌にディープ。
良いね〜!
桜花賞とかに出てて欲しい馬だよね!
バクシンオーの肌にディープといえば、アデイインザライフとかも好走してるし、楽しみな馬だよね!
まぁ、人気にはなっちまうかもしれないけど、来年のクラシックまで追いかけられる可能性を考えれば、ココはしっかり指名しておいて、ビシッと勝って欲しいね!


8号 京都5R
◎6 スイートレモネード

この条件で狙いたいのはロードカナロア産駒。まだ出走回数は少なく、この京都芝1400mではのべ6頭しか走って無いですが、複勝率は50%。この距離に限れば、ディープ産駒より断然上です。
で、このレースにはロードカナロア産駒が2頭。スイートレモネードとカーティバル。好成績を残しているのは母父サンデー系かノーザンダンサー系。

カーティバルの母父はストラテジックプリンスは、ノーザンダンサー系の流れをくむデインヒル系。デインヒル系だけを見ると、馬券に絡んでないですが、その上のダンジグ系で見ると複勝率40%。ただ、複勝率はサンデー系の方が上。母父サンデーサイレンスに絞ると、複勝率61.5%。連対率も53.8%あります。

更に、鞍上はシュタルケ。一時期日本の競馬になれなかったのか、中々成績が伴わない時期がありましたが、慣れてきてからは、馬券に絡む好走を何度もしてきたシュタルケ。この京都芝1400mでは複勝率60%あります。

スイートレモネード自体は人気も被りそうもないですし、この新馬戦に向けてキッチリ乗り込まれてます。

美味しい配当を届けてくれそうな1頭ですので、馬券もここから手広く勝負です!


9号 京都5R
◎14 マリアバローズ

またしても「勝利の法則」で30ポイントの加算に成功です。またしても指名馬が2番人気2着でのポイント加算!予定通りです。5位の8号を射程圏内に入れています。明日、ベスト5入りを決めたいものです。
今週は変則開催で3日間開催です。明日の新馬戦は京都でんの3レースのみになります。
栗東TMイチオシ推奨馬は以下になります。
まずは5レースのイチオシ推奨馬はエンパイアメーカー産駒の牡馬カラレイアでした。母ベッラレイアはGllフローラステークスを制し、Glオークスでも2着に好走した名牝です。調教ではかなり動いているようで普通に調教通りの競馬が出来れば勝ち負け必至のようです。
6レースのイチオシ推奨馬はメイショウボーラー産駒の牡馬メイショウバイタルでした。2週連続で好時計をマークしており稽古通りに走れば好勝負必至だそうです。
最後に7レースのイチオシ推奨馬はエイシンフラッシュ産駒の牡馬ミルコメダでした。地方交流Gl競走含むGl9勝馬のヴァーミリアンを半兄に持つ良血で、時計は平凡ですが、潜在能力は兄譲りでかなり高いとの事です。

因みに以下が明日の新馬戦5レースの「勝利の法則」の該当馬です。
・京都5レース→ディープインパクト産駒の牝馬マリアバローズ
・京都6レース→ヘニーヒューズ産駒の牝馬タマモカトレア
・京都7レース→ドリームジャーニー産駒の牡馬トゥラヴェスーラ

以上を踏まえ結論です。明日の指名馬には、京都5Rに出走するディープインパクト産駒の牝馬◎マリアバローズを指名させて頂きます。半兄ハクサンムーンなら大丈夫でしょう!
「勝利の法則」頼んだぞ!!!!

覆面馬主9号 拝


10号 京都7R

3 ドラグーンシチー 最近は人気馬から地道に稼いでいる10号です。
今回はこの馬、4番人気くらいにならないかなーと欲をかきつつ狙います。ヴァーミリアンの弟もいますからね。 ロードカナロア産駒を1頭持っておきたいというのもありまして、ちょっと調べましたら、 1200は単回値が41なんですけど、1600は158に跳ね上がるんです。 きっと皆さんの印象としても、マイルで来るな~って感じだと思うんですが、数値的にもその通りでした。 ノーザンFの人気になりそうなところは、クセのありそうな種牡馬が多く、京都マイルで鉄板のディープ産駒もいませんので、 今回は逆らって勝負したいと思います。まあ、掲示板ははずさないでしょう!はずさないでください!


11号 京都7R
◎9 セトノシャトル

金曜日にワシが狙う馬はコレ!最終追い切りは坂路じゃが、それ以前はコースでしっかり乗り込んどる。態勢は整っとると思ってよさそうじゃ。それに坂路の動きもかなり良かったようでシャープに力強い動きは魅力になると思う。この馬よりもいい時計の馬は他にもおるが、ワシは今回この馬で勝負することにした。ちなみに、祖母シンウインドは芝のGIやGIIでも活躍した快速馬で産駒にJBCスプリントを勝ったサマーウインド(父タイキシャトル)がおる。母と祖母の違いはあるがセトノシャトルの父もタイキシャトル。この牝系はタイキシャトルとの相性の良さを見込めるし、母父ジェネラスで多少距離の融通はあるはずじゃ。上手いこといけば将来的に2000mくらいまでは守備範囲になってくれると思う。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line