TOP > 競り > 上位はまたディープインパクトが独占!7月14日セレクトセールまとめ!
競り

上位はまたディープインパクトが独占!7月14日セレクトセールまとめ!

(一社)日本競走馬協会が主催する【セレクトセール2014(Select Sale)】が7月14日・15日の2日間、ノーザンホースパーク開催された。今回は初日(14日)の1歳馬セールについてまとめてみた。
DSC_0084.セレクトセール800

255頭の1歳馬が集結!7月14日セレクトセール速報

↓セールに登場した全馬の行き先はこちら↓

今年も出たぞ!億超えホース!

セール初日の最高額は2億6000万円
inyofu 最高値で落札されたのはリッスンの2013(牡、父ディープインパクト)。2億6000万円(税別=以下同)で、カタール王族の代理人を務めるDavid Redvers氏が購買した。
リッスンの2013(牡、父ディープインパクト)

今回のセール最高額の1歳馬は、近年のPOGでも人気となったアスコルティ、タッチングスピーチを送り出し注目された母リッスンのディープ産駒。

止まらないディープインパクト旋風!

14日のセールで1億円を超えて落札されたのは、8頭。そのうち6頭がディープ産駒で、2億円を超えた2頭も共にディープ産駒だった。
inyofu 高額馬は「マジックストームの2013」(牡、父ディープインパクト)。2億円で里見治氏が落札した。また、「ラヴズオンリーミーの2013」(牡、父ディープインパクト)は1億8000万円で金子真人ホールディングス(株)が落札し、ディープインパクト産駒が落札価格上位3頭を占めた。
マジックストームの2013(牡、父ディープインパクト)

ラヴズオンリーミーの2013(牡、父ディープインパクト)

金子真人氏はなぜ高額馬を!?その評価は!?

今年度は金子真人氏が1億8000万円の高額馬を購入。例年、高額馬を競り落とす方ではないので、ラヴズオンリーミーの2013には相当の期待を寄せているのではないだろうか。
inyofu 上場番号110、ディープインパクト産駒の牡馬「ラヴズオンリーミーの2013」が1億8000万円で落札された。落札者は父のオーナーだった金子真人ホールディングス(株)。
セリは7500万円からスタートし、すぐさま1億円に到達。その後も値は上がり続け、最終的に1億8000万円で落札された。本馬の曽祖母ミエスクは現役時代にGI・10勝を挙げ、繁殖牝馬としてもキングマンボなどを輩出した超名牝。
inyofu おなじみの大物馬主が、今年も高額馬を手にした。
金子真人氏は愛馬ディープインパクトを父に持つ「ラヴズオンリーミー13」(牡)を1億8000万円で落札。「目と顔が父によく似ている。すごくいい馬になる」と相好を崩した。
金子真人氏は以前にもセレクトセールで、他のオーナーからは馬体の薄さなどが嫌われ、評価の低かったものの、その馬の持つ瞳の美しさに引かれて落札されたことがあった。金子氏はその馬の瞳の輝きに大きな衝撃を受けことから、多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いで「ディープインパクト」と名付けた。
今回落札したラヴズオンリーミーの2013がターフで走る日が楽しみである。

2014年セレクトセール初日の売り上げは60億2800万円。1歳セリの過去最高額を更新した昨年の61億6070万円にはやや及ばなかったが、史上2位の売り上げ記録だった。昨年同様に主役はディープインパクト産駒。今回落札された、リッスンの2013、マジックストームの2013、ラヴズオンリーミーの2013を筆頭に、今回セールに登場したディープの若駒たちがどんなサラブレッドに成長するのか注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line