TOP > 予想/馬券 > 隔世遺伝で覚醒!?マイネルエスパスが2014年【函館2歳ステークス】に挑戦!
予想/馬券

隔世遺伝で覚醒!?マイネルエスパスが2014年【函館2歳ステークス】に挑戦!

新馬戦にて圧倒的な力を見せつけ、観衆の度肝を抜いた【マイネルエスパス】。その勢いそのままに、GIII【函館2歳ステークス】に挑戦する!果たして、制覇なるか!?
競走馬

【マイネルエスパス】の血統!

inyofu 牡馬ながら募集価格は1300万円と比較的安く、それでいてこのパフォーマンスですから上々だと思います。
inyofu 安値の理由は、おそらく「マイネルラヴ×ネオユニヴァース」という地味な血統でしょう。しかし、それは表面的なものに過ぎません。少し突っ込んで分析してみると、かなり特殊な意匠が凝らされたものであることが分かります。
inyofu 2代母タイニーナイトラヴは、デビュー戦2着のあと未勝利戦→ひめさゆり賞を連勝したスピード馬。Belonging≒Premiership 2×2という大胆な4分の3同血クロスを持っています。産駒にはこれといった活躍馬は現れず、母タイニープラネットは不出走馬でした。しかし、こうした極端な配合は、子の代で成果がなくとも、孫の代で爆発するケースがたびたび見られます。父マイネルラヴは、2代母タイニーナイトラヴとよく似たような血統で構成されており、Raise a Native 4×6・6、Buckpasser 4×6、Northern Dancer 5×5をはじめとするアメリカ血統のクロスが生じます。要するにこうしたアメリカ血統が希薄な母の父ネオユニヴァースが4分の1異系の役割を果たしており、好ましい配合形となっています。芝・ダート兼用のマイラーで、ハマれば大物に育つでしょう。
【マイネルエスパス】の血統は、父【マイネルラヴ】×母【タイニープラネット】の組み合わせ。血統のクロスにより、ポテンシャルが爆発している可能性があるので、今後が楽しみな競走馬である。

【マイネルエスパス】のデビュー戦!

inyofu 松岡騎手「重賞を意識させられる内容でした。逃げる気はなかったのですが、二の脚の違いでハナへ。直線で少しふらふらしていましたが、前に馬がいればもっとぐっと伸びていたでしょう。タイムも優秀ですし、力が違いましたね」
菊川調教師「力があるのはわかっていましたが、それにしても強い競馬。今後が楽しみになる内容でした」
inyofu マイネルエスパスは、函館競馬場に滞在中。先週は見事な新馬勝ちでした。レコードタイムに迫る数字であり、今後も楽しみになる内容でした。レース後もこれといった疲れがなく、早速、感触を確かめた松岡騎手は「大丈夫ですね。気になるところもないですし、順調ですよ」と述べていました。
【マイネルエスパス】のデビュー戦は、3番人気ながら最初から逃げ切り、尚且つ直線入ってからも脚が伸び、他馬を圧倒して1着に。今後を期待せずにはいられない強さを見せた。

函館2歳ステークスの過去データと【マイネルエスパス】を比べてみた

inyofu 単勝オッズ別の成績に注目
過去10年の函館2歳Sの単勝オッズ別成績を調べてみると、「6.9倍以下」の支持を受けた馬は良好な結果を残しているが、「7.0~9.9倍」のエリアは、16頭すべてが4着以下に敗れている。また、その下の「10.0~19.9倍」のエリアが好成績と、特徴的な分布になっている点は覚えておいてもいいだろう。
inyofu 北海道組が優勢
前走の競馬場別に成績をまとめてみると、「函館・札幌競馬場」からの臨戦馬が断然。「その他の競馬場」からの転戦組は過去10年で24頭いたが、3着に4回入っただけとなっている。デビューから間もない2歳馬だけに、レースの前に長距離輸送を経験するのは少々厳しいということなのかもしれない。
inyofu 前走の単勝人気にも注目
函館2歳Sで好成績を挙げた馬の前走時の単勝人気をみてみると、やや偏っている印象。好相性となっているのは前走が「1番人気」「3番人気」「5番人気」だった馬となっている。
【マイネルエスパス】の現時点での予想オッズは、3倍で2番人気。また、前走は函館での新馬戦で、3番人気の1着となっている。過去データと比較しても、【マイネルエスパス】は好走出来る条件を満たしている。

【マイネルエスパス】函館2歳ステークスの前評判は!?

inyofu マイネルエスパスは松岡を背にウッドで他厩舎の2歳未勝利馬の外を2馬身ほど追走。ゴール前で追われるとしっかり反応し、最後は半馬身先着した(ウッド5ハロン68・7―38・6―12・5秒)。
inyofu 松岡騎手「初戦は逃げ切りでしたが、中間は控える形を想定して併せ馬を重ねてきました。ゲートもしっかり練習したし、好位2、3番手あたりから運べれば好勝負できるはず」
菊川調教師「いい動き。予定より時計は少し速くなったけど、全く無理はしていないし、輸送のない滞在競馬だからね。問題ないでしょう」

マイネル軍団のルーキー【マイネルエスパス】が重賞初挑戦!新馬戦で圧倒的な強さを発揮し、他馬を置き去りにしたその脚は、函館2歳ステークスでも更に磨きがかかっているだろう。現時点で1番人気の【トウショウピスト】と比べると、新馬戦でのタイムは【マイネルエスパス】が1分09秒5。【トウショウピスト】は1分11秒0。ペースが違うので一概に比較は出来ないが、【マイネルエスパス】のタイムは2歳馬のなかでは一枚上の水準にあるといえよう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line