TOP > 予想/馬券 > 【第42回エリザベス女王杯】全18頭の最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第42回エリザベス女王杯】全18頭の最終追い切り映像&タイムまとめ

2017年11月12日(日)京都競馬場で行われるGI【第42回エリザベス女王杯】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 クインズミラーグロ

inyofu クインズミラーグロ(牝5、和田道)はポリトラックで追われた。ラスト1ハロンだけ強めに追われ、軽快に駆け抜けた。  和田道師は「相変わらず良かったですよ。去年の暮れから力をつけている。成長ぶりを発揮できたらと思います」と話した。前走はスタートが良かったことが災いして引っ掛かり、参考外。「流れに乗れればチャンスがある」と師。

1枠2番 ハッピーユニバンス

inyofu ハッピーユニバンスは池添騎乗で坂路単走、4F53秒2をマークした。駆け上がるごとにラップは加速、ラスト2Fは12秒9〜12秒2でフィニッシュ。平田師は「稽古は動くけど、ジョッキーが乗るともっと動く。先週、今週と時計が出たし具合はいい。直線も平たんの方が良さそう」

2枠3番 トーセンビクトリー

inyofu 今週末から短期免許で騎乗するアンドレア・アッゼニとのコンビで参戦。さっそく坂路最終追いにまたがって4F52秒0の好タイムをマークし、ロードマドリード(2歳未勝利)に1馬身先着した。  鞍上は「乗りやすくて前向きさもある。大きなストライドで走るし、動きは良かった」と好感触。

2枠4番 クロコスミア

inyofu 栗東坂路で単走。馬なりのままスムーズに動き、好調キープが感じ取れた。  ■西浦助手「動きは良く、体調は変わらずいい。どんどん力をつけているね。距離は微妙だけど、逃げなくてもいいし、渋った馬場のほうがいいかも」

3枠5番 モズカッチャン

inyofu モズカッチャンが、叩き3走目で着実に気配アップ。坂路で4ハロン55秒9-12秒6と馬なりの軽めながら、先週の水曜、日曜としっかり追われており予定の追い切りだ。  「直前にやるとテンションが上がりやすい。しまいの動きはよかった」と、鮫島調教師も納得の表情。

3枠6番 リスグラシュー

inyofu リスグラシューは、坂路4ハロン51秒4-12秒2とシャープな伸び。余力を残す形で軽快な走りを見せつけた。前走後も好調をキープしているのは、間違いなさそうだ。  「いい動きでしたよ。息遣いも良かったです。いい意味で前回と気配は変わりないですね」と調整役を務めた坂井騎手

4枠7番 クイーンズリング

inyofu Cウッド6ハロン84秒3-12秒1でショートストーリー(古馬1000万)と併入。自らハミをとって加速した。C・デムーロ騎手は「気持ちが前向きなのがいい。いい瞬発力を持っているし、反応がすごくいい。カリカリしているわけではなく、いい精神状態を保っている」と好感触を口にした。

4枠8番 タッチングスピーチ

inyofu 最終追いは坂路併走でハッシュタグ(3歳500万)に2馬身先着。4F52秒9〜1F12秒5を刻んだ。  石坂師は「間隔は空いたけど問題ない。札幌(前走)の時よりいいんじゃないか」とジャッジ。「走る走ると思ってやってきたが、2年間結果が出ていない。こんなはずじゃないと思っている」

5枠9番 デンコウアンジュ

inyofu 午前10時前の坂路に登場。馬場の荒れた時間帯でも力強い脚さばきで駆け上がった。加納助手は「サッとやる指示で余裕残しだったけど、感触は良かったですよ」と好気配が漂う。  春のヴィクトリアマイルは11番人気ながら2着に食い込んだ。「具合はいいけど、今回は距離が少し長いかも」

5枠10番 ミッキークイーン

inyofu 浜中騎手を背に坂路でシルバーポジー(1000万下)と併せ馬。ラスト1ハロンあたりで並びかけて半馬身先着し、4ハロン52秒0-12秒1の時計も優秀だ。  昨年のこのレースは同じ症状でヴィクトリアマイル(2着)からぶっつけとなって3着。「去年の同時期と比べても攻めは動けている」と池江調教師は状態の良さを強調する。

6枠11番 ディアドラ

inyofu 朝一番の坂路にターゲットが現れた。前半をゆったり運ぶと、直線でも鞍上は手綱を持ったまま。楽なリズムでペースアップし、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン54秒0)でフィニッシュ。上々の動きに映った。  「しまいだけ、強めに。その指示通りの追い切りができました。タフな馬ですし、消耗も少なかった。すごく順調にきています」  橋田調教師の口ぶりから、自信が感じられた。

6枠12番 スマートレイアー

inyofu テンザワールド(1600万下)と坂路で併せ馬を行い、弾むようなフッワークで余力を十分に残しながら4ハロン52秒3-12秒3の好タイムをマークして併入した。  前走の京都大賞典では牡馬相手に鮮やかな末脚で一蹴。大久保調教師は「内容ある強い競馬。その反動もなく、思った通りの仕上げで来られた」と充実一途の臨戦態勢に胸を張る。

7枠13番 ジュールポレール

inyofu ジュールポレールは1回目のハロー(馬場整地)明けに坂路単走追い。4F52秒6、しまいビシッと追ってラスト12秒3で駆け上がった。  西園師は「抜群の動き。休み明け(秋風S1着)を使った上積みは大きい」と絶好の感触だ。

7枠14番 ウキヨノカゼ

inyofu 美浦坂路で併せ馬を行った。ロードコメット(古馬500万)を2馬身追走し、併入。4ハロン52秒3-13秒8でまとめた。ラストに時計を要したのは僚馬に合わせたためで、自身は軽快な登坂を披露した。  菊沢師は「動きはよかった。掛かる感じもなくなっているね。しまいを生かす競馬をする馬なので、最後に脚が残っているかどうか」

7枠15番 マキシマムドパリ

inyofu マキシマムドパリは坂路で切れ切れの動き。ラスト1F11秒8は8日、2番目に速い上がりだった。  吉田助手は「1回使って、いい頃の切れが戻っている。自分から行くようなところも出てきた」と上積みを強調。

8枠16番 ヴィブロス

inyofu 坂路で抜群の動き。友道調教師から自然と笑みがこぼれた。  「時計は予定より速くなったけど、そんなに負担はかかってないと思うし、いい感じで(レースを)迎えられる」  ルメール騎手を背に、ジュンヴァルロ(2歳500万下)を半馬身追走する。残り400メートル付近で早くも僚馬をパス。馬なりで4ハロン52秒0-12秒9をマークして、貫禄の3馬身先着だ。

8枠17番 ルージュバック

inyofu 美浦ウッドでの3頭併せ。先行するゴージャスガール、メゾンリー(ともに古馬500万)を目標に直線で鋭く伸びてきた。前へ、前へと行く気を見せ、可動域の広いフットワークで内から最先着を果たした。大竹師は「イメージ以上に反応のスピードが速かった」と目を丸くした。4ハロン51秒7-12秒3。出来は重賞4勝目を挙げたオールカマー以上だ。師は「ここまでやってきたことが状態に反映されている」

8枠18番 エテルナミノル

inyofu エテルナミノルは新コンビを組む四位を背にCWコースでサラッと。6F83秒8〜1F13秒0をマークした。  感触を確かめた鞍上は「元気がいいね。前走は勝ちっぷりも良かったけど相手が強くなるし、そのあたりがどうか」と話した。動きを見届けた本田師は「中1週だし、調整程度で大丈夫。状態は維持しています」

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu ヴィブロス 牝4 56 ルメール 08日栗坂良:52.0-38.1-12.9:馬也

ウキヨノカゼ 牝7 56 横山典弘 08日美坂稍:52.3-38.6-13.8:馬也

エテルナミノル 牝4 56 *四位洋文 08日栗C良:83.8-68.8-54.2-40.6-13.0:馬也

クイーンズリング 牝5 56 *C.デム 08日栗C良:84.3-68.2-53.2-39.4-12.1:馬也

クインズミラーグロ 牝5 56 *藤岡康太 08日美ポ良:74.7-58.5-42.9-12.8:馬也

クロコスミア 牝4 56 *和田竜二 08日栗坂良:53.6-39.1-12.5:馬也

ジュールポレール 牝4 56 幸英明 08日栗坂良:52.6-38.0-12.3:一杯

スマートレイアー 牝7 56 *川田将雅 08日栗坂良:52.3-37.8-12.3:馬也

タッチングスピーチ 牝5 56 *松山弘平 08日栗坂良:52.9-38.2-12.5:一杯

ディアドラ 牝3 54 *岩田康誠 08日栗坂良:54.0-39.0-12.2:強め

デンコウアンジュ 牝4 56 蛯名正義 08日栗坂良:52.8-38.5-12.8:強め 

トーセンビクトリー 牝5 56 *アッゼニ 08日栗坂良:52.0-37.6-12.3:馬也

ハッピーユニバンス 牝5 56 *池添謙一 08日栗坂良:53.2-38.6-12.2:強め

マキシマムドパリ 牝5 56 藤岡佑介 08日栗坂良:54.4-39.0-11.8:強め

ミッキークイーン 牝5 56 浜中俊 08日栗坂良:52.0-37.6-12.1:強め

モズカッチャン 牝3 54 M.デム 08日栗坂良:55.9-40.9-12.6:馬也

リスグラシュー 牝3 54 *福永祐一 08日栗坂良:51.4-36.8-12.2:一杯

ルージュバック 牝5 56 *ムーア 08日南w良:51.7-37.4-12.3:馬也

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎ヴィブロス
 トーセンビクトリー
 マキシマムドパリ
 ルージュバック
 スマートレイアー

特にヴィブロスは、目立つ時計はないもの、1週前に長めでしっかり負荷を掛け、最終は坂路で軽めという理想的な調教で当日に臨めそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line