TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年11月12日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年11月12日版】

クラシックホース
どうも10号です!
土曜はまさかの不発…。悩んだ末に辞めたニシノのほうが来てしまいました。
6番人気だったのでかなり残念無念。堀厩舎の馬が不発するのは読めたんですけどね…。
キャラにもなく血統とか馬体とか語りだすと、やばいサインなのかもしれません。お気を付けください!
さて、現在のポイントはこんな感じ!

<現在のポイント>
2号→404pt(暫定1位)
10号→371pt(暫定2位)
5号→352pt(暫定3位)
9号→256pt(暫定4位)
4号→209pt(暫定5位)
8号→204pt(暫定6位)
3号→197pt(暫定7位)
6号→68pt(暫定8位)
11号→65pt(暫定9位)
7号→33pt(暫定10位)
1号→-56pt(暫定11位)

2号さんも撃沈したようで、大きく離されずに済みましたが、30ポイント差って埋まるようで埋まりません。どうしても当てにいってしまいますので…。
思い切ってフルスイングできる下位の方の逆転もまだまだありそうですね!


1号 京都5R

今日、所用で9号と一緒だったのだが、もう一日中、9号から・・・
「師匠、どうされたんですか?どっか具合が悪いんですか?どうしてあんなに当たらないんですか?」 と、聞かれ続け、挙げ句の果てに・・・
「あ、そうか、師匠は、僕たちを遊ばせて、最後に大外一気を決めようとしてるんですね。さすがだな~。」

くくく、あったま来るな、こいつ。
そうだよ、ビリだよ、何だか知らんが当たらないんだよ。
グリグリ印が付いてる馬を選ぶと、コケて、印なしの人気薄選ぶと、歩いて、なんだよ!!!!

って、わけで、今日は、一人迷走いや、瞑想した。
心落ち着けて、無になったのだ。

その状態で、無から予想する。

◎4 シーリア

ご存じ、母上がシーザリオ!
といえば、兄貴は、リオンディーズやエピファネイア。
みんな新馬勝ちしてる一族で、ようやく、母の跡継ぎが登場!
そう女の子だ。

キンカメ牝馬は、やや心配な面もあるが、調教みる限りここは、勝つとみた。
だし、そもそも牝馬限定の新馬戦とか見向きもせずに、牡馬混合のここを平然と使ってくるあたり、自信の程が窺えるよ。

ま、鉄板じゃないかな。

って言ったんだから、歩くなよ!


2号 京都4R
◎6 フィニフティ

土曜の推奨馬は馬券圏外になってしまいましたが、ポイント減でも依然1位。更に差を広げるべく、『新馬勝ち→阪神JF勝ち』が狙えそうなこの馬を狙います!

結構早い段階から乗り込まれていた馬ですが、時計はそこそこ出るものの「普通」「イマイチ」「まぁ将来的にはそれなり?」などなど、あまりパッとした評価は無かったとか。
ところが福永騎手が騎乗した1週前追い切りの後から急激に良化。今週水曜の追い切りの時には、引き続き騎乗した福永騎手が驚くほどの激変ぶりを見せたそうな・・・・・。

1週間でそれだけ変わったのなら、4週間後には一気に世代トップクラスにまで進化していてもおかしくありません。ぜひ頑張ってほしいですね!


3号 京都5R
◎9 ポートフィリップ

土曜に推奨したホウオウシックスは2番人気8着。その前は1番人気9着と、なんか勝手に自滅していってる気がする……。ここらでいい流れを引き寄せなくては。明日はポートフィリップに注目。「9月からここまでじっくりと調整。先週は岩田(騎手)を背に長めのウッドで攻められたが、最後までしっかりと脚を伸ばし切っていたな。今週も実戦さながらの稽古で軽快なフットワークを見せていたし、現状の力は出し切れると思うよ。本当によくなるのはもっと先かもしれないが、これといったメンバーもいないし、いきなりからチャンスだと思う」と、関係者。ってことでポートフィリップから勝負よ!


4号 京都5R
◎4 シーリア

19回戦終了時点の吾輩の順位は11人中遂に暫定5位まで登って来たでござるよ。ディフェンディングチャンピオンとして最低限掲示板くらいは確保したいところでござるよ。
今日の勝負馬は吾輩としては珍しく4番人気の馬を指名したわけだが、4着に頑張りはしたものの大幅加点には至らなかったのでR。
やはり吾輩はどこまでも堅く!堅く!堅く!堅く!行くべきなんだよなぁ~
しかし、1号師匠、かなり迷走?瞑想?しているでござるな。ひとりマイナスポイントの最下位とは。 明日の勝負馬は京都4レースに出走してくるステファノスの全弟か京都5レースに出走してくるエピファネイアの半弟&リオンディーズの全弟にするか迷った挙句、後者にする事にしたでござる。
母は言わずと知れた日米オークスを制した名牝シーザリオ!そして半兄エピファネイアはGl菊花賞&Glジャパンカップを制しており、全兄リオンディーズもGl朝日杯FSを制しています。「超」がつく良血なのでR。気性面で問題を抱えていた前述の兄たちに比べて気性面での不安があまりないらしいでござる。んん???それだけですごくないすか???この血統で。折り合いの付くリオンディーズだったら怪物だわな。操縦性に優れていて血統背景通り水準以上の動きを見せているようだし初戦から勝ち負け必至だY。2頭いる全兄リオンディーズとグローブシアターはいずれも新馬勝ちを決めており確勝級!!!
◎シーリアの勝利を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


5号 京都4R
◎10 ミッドサマーコモン

牝馬限定の新馬戦!京都でマイル戦とくれば、まさにディープインパクト産駒を狙うのが常道。
ここは、3頭いるディープ産駒の中で、母父がキングマンボという底力ありあり系からいきます。
おそらく、3~4番人気。
上手くレース運びが出来れば、勝ち負け出来るんじゃないでしょうか。

目下3位ですが、ここから、逆転いきますよ!


6号 京都5R
◎6 ダノンフォーチュン

土曜日はダートの新馬戦で手堅く30ptを稼ぎましたが、このペースでは1位は目指せません。
年末のGIを狙える馬を指名して、一気に高ポイントをゲットするのが最良の近道でしょう。そこで、日曜は京都で行なわれる新馬戦2レースに注目しましたが、内回りコースはとにかく紛れが生じやすいので、ここは力勝負になりやすい外回りの5Rで勝負したいと思います。

今回指名する◎ダノンフォーチュンは、調教での動きのよさが評判になっているディープインパクト産駒。全兄のダノンブライトは2歳11月の新馬戦でデビューして3着という結果ですので、同時期の兄弟の成績としてはマズマズでしょうか。
人気を分けあうリオンディーズの全妹シーリアは、おっとりとしていて新馬戦向きではないかも?という話で調教でもそれほど目立つ動きをみせていませんから、ダノンフォーチュンが稽古どおりに走ればアッサリと新馬勝ちが飾れそうです。


7号 京都5R
◎9 ポートフィリップ

オーストラリアで亡くなったアドマイヤラクティの全弟だね。
追い切りの動きは良いね!他の兄弟と比べても新馬の段階で大分素軽い感じがするよね。
このレースは恐らくシーザリオの子供のシーリアの方が人気になるのかな?ただ、調教の動きはまだまだ微妙だし、先々は走ってくるとは思うけど、今回はポートフィリップの方が先着すると思うぞ。ボチボチ順位を上げてかねーと、罰ゲームで何させられるかわからんし、ビシッと勝ってほしいね!


8号 東京5R
◎10 ピオレドール

東京芝1600mというレースで、なんとディープインパクト産駒0。新馬戦のこの舞台だと、ディープインパクト産駒の複勝率って50%超えますからね。
そんなレースの本命はやっぱりディープ・・と言ってもブリランテの方。この舞台における14年からの成績は勝率11.8%。ロードカナロア産駒が27.3%でオルフェーヴル産駒が20%と、その2頭の産駒と比べると見劣りますが、平均着順8.3に対して平均着順7.2。つまり人気以上の好走を果たす馬が多いということ。複勝率は225%。まずまず良い数字ですし、単回収率は88。これは今回出走する競走馬の種牡馬産駒の中では2位。
ここから勝負です。


9号 京都5R
◎2 ダノンフォーチュン

「勝利の法則」....本日はホームランとは行きませんでしたが、手堅くシングルヒットを打ってくれました。順位は暫定4位をキープしてくれました。上出来でしょう!
しかし勝ったのは日頃からお世話になっているオーナーの愛馬クレディブルでした。8番人気での快勝です。なかなか指名しづらいですが、新馬戦は何が起こるかわかりませんね。

因みに本日の「勝利の法則」馬の結果は以下になります。
・東京5R>エストスペリアル→3着(1番人気)
・東京6R>バトルマイスター→2着(2番人気)
・京都5R>ユイフェンネル→3着(2番人気)
・京都6R>テーオーエナジー→1着(2番人気)
・福島5R>グラスレオ→6着
京都6レースを選んでおけば60ポイントの加算に成功していましたね。惜しい!!!!

ではまずは明日の新馬戦ですが東京で2レース、京都で2レース、の合計4レースが組まれています。
東西TMイチオシ推奨馬は以下になります。
東京5レースのイチオシ推奨馬はキングズベスト産駒の牝馬ベストミライでした。半兄ミライヘノツバサはGll日経賞で2着、GllAJCCで3着に好走した馬です。水準以上の動きを見せていて時計以上の能力の持ち主だそうです。
次に東京6レースのイチオシ推奨馬はタイキシャトル産駒の牝馬ペイシャモンでした。3週連続坂路で好時計を連発しておりかなり仕上がりがいいとの事です。陣営は「欠点が見当たらない。」と太鼓判を押しているようです。
続いて京都4レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牝馬フィニフティでした。全兄ステファノス以上の器だともっぱら栗東トレセンでは噂になっているようです。 最後に京都5レースのイチオシ推奨馬はディープインパクト産駒の牡馬ダノンフォーチュンでした。スピードとパワーを兼備しており、直前の追い切りでは栗東の坂路を54.0-3905-25.6-12.3と破格の時計を出しているようです。完全に仕上がっているようです。
そして以下が明日の新馬戦5レースの「勝利の法則」の該当馬です。
・東京5R>ミッキーボニータ
・東京6R>トーセンニケ
・京都4R>アングルティール
・京都5R>ダノンフォーチュン

結論ですが、明日の指名馬には栗東TMのイチオシ推奨馬でもあり「勝利の法則」該当馬でもある京都5レースに出走するのディープインパクト産駒の牡馬◎ダノンフォーチュンを指名させて頂きます。人気はシーザリオの娘に集まりそうなので2番人気になれば60ポイント加算が見えてきます!

覆面馬主9号 拝


11号 京都5R
◎5 リッカウェイ
日曜日の狙いはこの馬に決めた!例によってコースで追い切られた馬を狙う。長めからしっかりと乗り込まれ、ラップを刻む毎に加速。終いもキッチリ伸びた。血統が地味で人気は無いと思うが、調教の動き自体は全く問題ないレベル。この馬が持っている力を出せば十分に勝ち負けできると判断じゃ。ちなみに血統は、父リッカロイヤル、母父トウカイテイオー、母母父エイシンワシントン。さらに牝系も戦前から日本に入っていたような血統で、父リッカロイヤルの牝系も日本で代を重ねた血統。最近のトレンドを考えるとかなり地味じゃが、同時に全体的に日本色の強い血統でもある。


さて、今回10号が選ぶのは京都5レースです。
ここにはシーザリオの娘シーリアが出走しますが、ズバリこの馬が飛ぶと見ました。牝馬が走るイメージないですよね。この血統。
コメントでは「素直で操縦性が高い」とか言ってます。ですが狂ってるほど走る家系だと思うので、単純に能力が足りないから操縦できちゃうんでしょう。
実際に強かったらすみませんが先々が楽しめないと思うので狙いません。

◎2 ダノンフォーチュン

個人的にはこの馬か、ポートフィリップで悩みました。
ただポートフィリップはもう少し時間がかかるタイプかなと思い、ダノンに。
レッドルークもいいですけど、オルフェ産駒ではずしたばかりなのでやめておきます。
ダノンフォーチュンですが、ノーザンの看板はないんですけど、500kgオーバーのディープ産駒です。
母父ストームキャットはニックスといっていいでしょう。
個人的には非社台だと千代田牧場のディープ産駒にやられていますが、
下河辺牧場はあまり狙ってませんでした。
軽く検索するとアユサンとかヒラボクディープとか、ダノンシャークですか。
この辺が活躍しているようで当たりはあるとみて間違いないでしょう。
特にヒラボクディープは母父ストームキャットってところも同じ。あれくらい活躍してほしいです。坂路で時計だしているので、短距離馬という見方もできますが新馬戦なら1800でも大丈夫でしょう!
あ、気づいたら血統の話をしていましたね…さてさてどうなるか…。

以上です!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line