TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年11月11日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【2017年11月11日版】

抱きしめて!ミスターP
武蔵野Sの注目は父ミスターP×母父ミスターPの馬。

このレースには6頭の父ミスターPが出走する。そのうち、父と母父がミスターPはカフジテイクの一頭のみ。その他は、母父ノーザンダンサー系か母父サンデーサイレンス系。

この3年の東京ダ1600m戦で母父サンデーサイレンス系の3着内率は25%台、母父ノーザンダンサー系は20%以下である。しかし、これが、父と母父ミスターPの場合、30%台に跳ね上がる。そして、記述の通り該当馬はカフジテイクのみ。

前走の盛岡での南部杯や昨年のチャンピオンズCは馬券圏外だったが、東京に限れば過去5戦全て3着以内。血統的な背景から東京での強さを見せる。

当然今回も注目となる。

では、東京11Rの武蔵野Sは⑯カフジテイクを軸に3連複1頭軸流しで計6点。
相手は、⑫ベストウォーリア、⑥サンライズノヴァ、⑨サンライズソア、①クインズサターン。

各5千。


それから東京では2Rの⑥ラムセスバローズも注目。父はミスターPのカーリンでダートは大歓迎の馬。前走新馬戦もダートを使う予定が芝に出走し2着。今回はある意味で満を持してのダート出走。勝ち負け必至と期待したい。

相手は、⑭コハクノユメ、⑮シゲルジャンボイモ、⑬トーセンゼロス、③マイティテソーロ。
3連複1頭軸流しで計6点。
各5千。


抱きしめて!ミスターP~京都編~
抱きしめて!ミスターP~福島編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line