TOP > 騎手 > ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【園田戦】
騎手

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【園田戦】

2017年に新設されたヤングジョッキーズシリーズ(YJS)のトライアルラウンドが4月26日(水)から始まった。年末の12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)に中山競馬場で開催されるファイナルラウンド出場に向けて、JRAと地方競馬の若手騎手たちがしのぎを削っている。
今回は11月15日(水)に園田競馬場で開催されるトライアルラウンドで騎乗する騎手についてまとめてみた。
馬キュレ
※ヤングジョッキーズシリーズとは?こちら

騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】

2017年11月15日(水)に行われる園田戦は、YJSトライアルラウンド西日本地区の最終線となる。今回の園田戦で、西日本地区からのYJSファイナルラウンド出場騎手が決定する。

◆騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】
馬キュレ
馬キュレ
この中からファイナルラウンドに出場できるのは、地方・西日本地区の上位3名と、JRAの最上位1名、JRAの最上位をのぞいたJRA・西日本地区の上位3名。

2017年8月22日(火)騎乗騎手【地方 東日本地区】

◆地方 西日本地区2位 (8/22金沢戦終了時点)
加藤 聡一(かとう そういち)2016年デビュー 愛知
日本プロスポーツ大賞新人賞、NARグランプリ2016優秀新人騎手賞をダブル受賞
2017年8月15日(火)に「くろゆり賞」にて7番人気で重賞初制覇

◆地方 西日本地区4位 (8/22金沢戦終了時点)
松木 大地(まつき だいち)2015年デビュー 高知(右)
いつも笑顔が印象的。騎手でなかったら芸人? 和尚?

◆地方 西日本地区6位 (8/22金沢戦終了時点)
山口 以和(やまぐち もちかず)2015年デビュー 佐賀
新人がいなかった佐賀競馬でデビュー、初勝利は同期の中で一番乗り。

◆地方 西日本地区8位 (8/22金沢戦終了時点)
田村 直也(たむら なおや)2016年デビュー 兵庫(左)
2016年9月に31歳で夢だった騎手デビューを果たす。

◆地方 西日本地区9位 (8/22金沢戦終了時点)
永井 孝典(ながい たかのり)2017年デビュー 兵庫
幼少時から騎手が夢。中学1年の時(2011年)にJRA主催ポニー競馬のョッキーベイビーズにも出場。

◆地方 西日本地区10位 (8/22金沢戦終了時点)
長谷部 駿弥(はせべ じゅんや)2017年デビュー 兵庫
園田競馬の金曜ナイター(その金ナイター)と相性が良く、「その金の長谷部」の異名も。

2017年8月22日(火)騎乗騎手【JRA 西日本地区(JRA栗東所属)】

◆JRA 西日本地区位 (8/22金沢戦終了時点)
森 裕太朗(もり ゆうたろう)2015年デビュー
大穴を出す穴騎手として話題。

◆JRA 西日本地区位 (8/22金沢戦終了時点)
岩崎 翼(いわさき つばさ)2013年デビュー
叔父に和田竜二騎手を持つ競馬一家に育ったサラブレッド。

◆JRA 西日本地区位 (8/22金沢戦終了時点)
坂井 瑠星(さかい りゅうせい)2016年デビュー
大井の坂井英光騎手の長男、2016年度「関西所属騎手新人賞」受賞

◆JRA 西日本地区10位 (8/22金沢戦終了時点)
加藤 祥太(かとう しょうた)2015年デビュー
2015年度「関西所属騎手新人賞」受賞

◆JRA 西日本地区11位 (8/22金沢戦終了時点)
三津谷 隼人(みつや はやと)2015年デビュー
父は安田厩舎の調教助手。「外から見てる目と、レースでこっちから見てる目で話せるのでありがたい」

◆JRA 西日本地区12位 (8/22金沢戦終了時点)
鮫島 克駿(さめしま かつま)2015年デビュー
父は佐賀競馬の鮫島克也騎手、兄はJRAの鮫島良太騎手。

YJSトライアルラウンド・リポート動画【西日本地区】

◆2017年8月22日(火)【金沢戦】
※関連記事:ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【金沢戦】

◆2017年7月17日(祝月)【佐賀戦】
※関連記事:ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【佐賀戦】

◆2017年6月8日(木)【名古屋戦】
※関連記事:ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【名古屋戦】

◆2017年5月10日(水)【笠松戦】

◆2017年5月10日(水)【高知戦】


今回の園田戦でいよいよ西日本地区からのYJSファイナルラウンド出場騎手が決まる。西日本地区で現在上位の加藤騎手(地方)や森裕太朗騎手(JRA)は、普段のレースでも目覚しい活躍を見せている。トライアルラウンド最終戦でもどのような騎乗が見られるのか楽しみにしたい。
現在、獲得ポイントが低い新人の騎手たちも、トライアルラウンドにおいて騎乗回数が少なめのため今回の園田戦で高得点を獲得すれば、出場レースの平均点で決まる個人の成績はぐんと跳ね上がる。ファイナルラウンド出場の権利を得られる可能性はまだあり、最終戦での奮闘を期待したい!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line