TOP > エンタメ・雑学 > 2017年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
エリザベス女王杯を制したのがモズカッチャンだった今週の競馬界。
など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

モズカッチャンが古馬を退け勝利【エリザベス女王杯】

inyofu 11月12日、京都競馬場で開催された第11R・エリザベス女王杯(GI、芝2200m)は、好位追走の5番人気モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島)が直線内めより鋭伸。押し切るかに思われた2着馬をゴール寸前で捕らえ新女王の座へ駆け上がった。勝ちタイムは2分14秒3(良)で、鞍上は当レース連覇となるM.デムーロ騎手。クビ差の2着は道中2番手追走より終いまでよく踏ん張った9番人気クロコスミア、2着にアタマ差の3着は中団後方より追い込んできた3番人気ミッキークイーンが入った。なお、1番人気に推されたヴィブロスは好位を進み終いもよく差を詰めたが5着まで、後方追走の2番人気ルージュバックは末脚不発で9着に敗れている。

▽配当
単勝5 770円
馬連4-5 8030円
馬単5-4 1万5890円
3連複4-5-10 2万760円
3連単5-4-10 12万7540円
(5.モズカッチャン、4.クロコスミア、10.ミッキークイーン)
動画を見る
5番人気だったモズカッチャンが古馬を退けて2着馬をゴール直前でとらえて3歳馬でエリザベス女王杯を制した。2着は9番人気クロコスミア、3着は3番人気ミッキークイーンだった。

3連単で178万馬券に!【武蔵野S】

inyofu 11月11日、東京競馬場で開催された第11R・武蔵野S(GIII、ダ1600m)は、6番人気インカンテーション(牡7、栗東・羽月)が好位追走より直線内めから鋭伸。ゴール前では2着馬に迫られたが、これを振り切り1着でゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分35秒5(良)で、鞍上は三浦騎手。半馬身差の2着は道中勝ち馬と同じような位置で運んだ8番人気サンライズソア、2着に1馬身3/4差の3着は中団から差を詰めてきたブービー15番人気のアキトクレッセントが入った。なお、1番人気のサンライズノヴァは見せ場なく12着、2番人気カフジテイクは追い込み届かず5着、3番人気ベストウォーリアはハナを切るも直線失速し7着に敗れている。
▽配当
単勝13 1390円
馬連9-13 1万3960円
馬単13-9 2万7980円
3連複7-9-13 36万7090円
3連単13-9-7 178万3490円
(13.インカンテーション、9.サンライズソア、7.アキトクレッセント)
6番人気インカンテーションが人気馬を蹴散らして勝利!2着には8番人気サンライズソア、3着はブービー人気のアキノクレッセントが入り、3連単が178万馬券という超高配当であった。
動画を見る

内田博幸騎手 JRA通算1100勝達成

inyofu 11月11日、東京競馬第6R・メイクデビュー東京でスウィングビート(牡2)が1着となり、騎乗していた内田博幸騎手(47、美浦・フリー)は中央競馬史上30人目、現役では14人目となるJRA通算1100勝を達成した。
1993年7月25日から約24年3カ月、9225戦目での記録達成となった内田博幸騎手。これからも第一線で活躍し続けてファンを楽しませてもらいたい。

福永祐一騎手 年間100勝達成

inyofu 東京8Rで7番ハナレイムーンに騎乗し1着となり、8年連続9回目となるJRA年間100勝を達成した。
怪我から復帰をしての年間100勝を達成。今後も怪我をせず勝ち星を増やしてほしい。

藤田菜七子騎手が復帰後初勝利で記録を更新

inyofu 11月12日、福島競馬第2R・3歳上500万下で、5番人気シトロプシス(牝4)が1着となり、騎乗していた藤田菜七子騎手(20、美浦・根本)は今期JRAで13勝目をマークした。

同騎手は10月21日にJRA女性騎手の年間最多勝記録を更新(12勝)していたが、翌週10月29日の新潟競馬で自身初となる開催4日間の騎乗停止処分が下されていた。
騎乗停止から復帰した藤田菜七子騎手が女子最多勝利の記録を更新する13勝目を達成した。自身の記録を一つ伸ばした形となり、今年まだまだ記録を伸ばす機会があるのでさらなる躍進を期待したい。

今週のリーディング情報

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 C.ルメール騎手(今週2勝)【166.114.92.55.46.224】(→)
2位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【156.114.81.71.62.330】(→)
3位 M.デムーロ騎手(今週1勝)【151.92.70.54.45.180】 (→)
4位 福永祐一騎手 (今週2勝)【101.74.70.57.53.272】 (→)
5位 和田竜二騎手 (今週4勝)【90.77.90.92.83.464】 (→)
6位 内田博幸騎手 (今週2勝)【84.72.81.85.71.461】 (→)
7位 武豊騎手   (今週0勝)【78.83.59.57.54.242】 (→)
8位 岩田康誠騎手 (今週0勝)【77.69.87.73.63.368】 (→)
9位 吉田隼人騎手 (今週0勝)【77.41.51.42.51.372】 (→)
10位 川田将雅騎手 (今週4勝)【75.82.66.38.34.211】 (↑)※前週11位以下

先週に引き続き目立った順位変動はなし。戸崎騎手は今週最多タイの4勝をマークし、首位ルメール騎手との差を僅かながらに縮めていますが、土曜の武蔵野S、日曜の福島記念ともに1番人気馬で敗退。ライバルである外国人騎手両名が伸び悩んだだけに、もう少し差を詰めておきたかったのが正直なところではないでしょうか。ほかでは福永騎手が8年連続9回目となるJRA年間100勝を達成しています。
今週は目立った順位変動はなくトップのルメール騎手が2位の戸崎騎手から10勝差をつけて単独首位をひた走っている。

2017年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは今週もルメール騎手の独走状態。
エリザベス女王杯では新女王モズカッチャンが誕生する結果となった今週。内田博幸騎手の1100勝、藤田菜七子騎手が自身の女子年間最多勝利数の更新をするなどが話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line