TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年11/6(月)~2017年11/12(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年11/6(月)~2017年11/12(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年11/6(月)~2017年11/12(日)版。
先週はこちらの10ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、門別(火〜木)、盛岡(月)、水沢(土日)、川崎(月〜金)、金沢(火、日)、笠松(月〜金)、園田(火〜金)、高知(土日)、佐賀(木、土)
馬キュレ

2017年11/6(月)~11/12(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は11月6日(月)盛岡競馬場の「アキズキ賞C1四組」での3,361,600円であった。

4歳女王にブルーオーシャン【クインC】

inyofu 12日、帯広競馬場で行われた第42回クインC(4歳・牝・200m・1着賞金100万円)は、第2障害を最初にクリアした藤野俊一騎手騎乗の1番人気ブルーオーシャン(牝4、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量690kg)が、そのままゴールまで粘り切り、2着の5番人気ヒカルナナヒメ(牝4、ばんえい・谷あゆみ厩舎、積載重量690kg)に1.7秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分8秒3(馬場水分2.0%)。
1番人気に推されたブルーオーシャンが人気に応えて4歳女王の栄冠に輝いた。

【ホッカイドウ競馬】服部茂史騎手が1600勝達成

inyofu 7日、門別7Rでピンクノミーナ(牝3、北海道・千葉津代士厩舎)が1着となり、騎乗していた服部茂史騎手が通算1600勝目(JRAの成績も含む)をあげた。14272戦目での達成、現役騎手としては4人目の快挙。
1600勝を達成した服部騎手。ここからにファンを引きつける素晴らしいレースをこれからも期待したい。

【高知競馬】永森騎手1500勝達成

inyofu 2017年11月11日、平成29年度第11回高知競馬第1日第11競走雪待ち月特別(サラブレッド系 11頭立 エイシンキロオル号騎乗)において、永森大智騎手が地方競馬通算1500勝を達成。
inyofu ■永森大智騎手コメント
「馬主さんと調教師の先生、厩舎の皆さんのおかげで達成することが出来ました。これからも皆さんの期待に応えられるようがんばります」
1500勝の区切りを迎えた永森騎手。これからもどんどんと勝利を重ねていってもらいたい。

【大井競馬】御神本訓史騎手2000勝達成

inyofu 御神本騎手は「川崎であと1勝としながら大井に持ち越してしまいましたが、初日に達成できて良かったし、自厩舎の馬で達成できたことも感慨深く思います。以前よりも騎乗までのプロセスを大事にして、準備をしっかりするように心がけています。簡単に比較することはできないけど、だいぶいいところまで戻ってきたと感じています」と笑顔をまじえて話した。
2015年の騎手免許失効から今年復帰を果たした御神本訓史騎手。地方通算2000勝を自身が所属する三坂盛厩舎の馬で達成した。
また、2017年11月14日(火)9R終了後に2000勝表彰式が賞典台で行われる。

2017年度ホッカイドウ競馬閉幕

inyofu 平成29年度のホッカイドウ競馬グランシャリオナイターが、15開催80日間の全日程を終了した。  今年度の開催は、濃霧による競走の取り止めが9競走にとどまり、発売総額は246億4,121万円となり、2年連続で200億円を超えた。計画対比は114.0%、前年対比は121.1%。入場人員は265,978人(一日当たり3,325人)、競走数は900レース(一日当たり11.3レース)、出走頭数は8,175頭(一日当たり102.2頭)だった。
ネット販売の効果が高く、ネット・電話投票が199億3089万円と前年度比127・4%で大幅な伸び率となった。

先週の地方競馬のニュース。今週は盛岡競馬場で300万馬券の超高額配当が最高額であった。服部騎手の1600勝、永森騎手の1500勝などの区切りの勝利が話題となった。またクインCではブルーオーシャンが4歳女王の座に輝いた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line