TOP > 予想/馬券 > 単勝オッズ3.9倍以内は複勝率90%!?【第34回マイルチャンピオンシップ】予想まとめ
予想/馬券

単勝オッズ3.9倍以内は複勝率90%!?【第34回マイルチャンピオンシップ】予想まとめ

2017年11月19日(日)京都競馬場で行われるGI【第34回マイルチャンピオンシップ】は秋のマイル王決定戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・マイルCS/人気データ
1番人気 (2-3-2-3)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-2-0-7)
4番人気 (3-1-1-5)
5番人気 (1-0-2-7)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(1-2-1-85)

・マイルCS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/ 1870円・ 5000円(1-4-5)
2008年/ 990円・11700円(4-1-10)
2009年/ 6690円・20730円(1-14-2)
2010年/14240円・53970円(13-1-6)
2011年/12800円・38920円(5-11-4)
2012年/ 2520円・ 9230円(4-1-5)
2013年/ 1930円・ 2090円(2-3-1)
2014年/ 3890円・25760円(8-3-9)
2015年/ 1780円・ 2000円(4-2-1)
2016年/ 1590円・ 8360円(3-2-7)

・マイルCS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-0-0)
3.0~3.9倍 (1-1-2-1)
4.0~4.9台 (1-2-0-5)
5.0~6.9倍 (2-2-0-8)
7.0~9.9倍 (1-2-3-5)
10.0~14.9倍(2-0-3-14)
15.0~19.9倍(1-0-1-22)
20.0~29.9倍(0-0-1-22)
30.0~49.9倍(0-2-0-22)
50.0~99.9倍(1-0-0-34)
100倍以上  (0-0-0-16)
inyofu ・マイルCS/馬齢データ
3歳 (0-0-1-30) 0.0% 0.0% 3.2%
4歳 (3-5-3-25) 8.3% 22.2% 30.6%
5歳 (4-4-5-44) 7.0% 14.0% 22.8%
6歳 (2-1-1-31) 5.7% 8.6% 11.4%
7歳上(1-0-0-19) 5.0% 5.0% 5.0%

・マイルCS/性別データ
牝馬  (1-0-3-27)
牡・セン(9-10-7-122)

・マイルCS/所属データ
美浦(2-3-2-51) 3.4% 8.6% 12.1%
栗東(8-7-6-93) 7.0% 13.2% 18.4%
外国(0-0-2-5) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・マイルCS/枠データ
1枠(1-1-1-17)
2枠(1-1-1-17)
3枠(2-0-1-17)
4枠(2-5-0-13)
5枠(0-1-0-19)
6枠(1-0-1-18)
7枠(1-1-5-22)
8枠(2-1-1-26)

・マイルCS/馬番データ
1番 (1-1-0-8)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-1-0-8)
5番 (2-0-1-7)
6番 (0-0-0-10)
7番 (1-2-0-7)
8番 (1-3-0-6)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-1-0-9)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-2-6)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-3-7)
16番(2-0-0-8)
17番(0-1-1-8)
18番(0-0-0-9)

・マイルCS/脚質データ
逃げ(1-1-0-8)
先行(2-2-2-31)
差し(6-5-54-63)
追込(1-2-3-47)
inyofu ・マイルCS/前走データ
天皇賞秋(3-0-1-14)
富士S(2-3-1-43)
スワンS(1-5-1-35)
スプリンターズS(1-1-1-6)
京都大賞典(1-0-0-1)
安田記念(1-0-0-4)
府中牝馬S(1-0-1-8)
毎日王冠(0-1-1-13)
秋華賞(0-0-0-6)
札幌記念(0-0-1-0)
OP特別/1600万下(0-0-1-4)
海外G1(0-0-2-5)

・マイルCS/前走着順別データ
1着  (4-4-5-17)
2着  (1-3-0-16)
3着  (1-1-2-13)
4着  (0-0-0-13)
5着  (0-0-2-11)
6~9着(4-2-1-37)
10以下(0-0-0-42)

・マイルCS/前走着差データ
負け1.0秒以上(0-0-0-31)

・マイルCS/前走人気別データ
1番人気 (4-1-3-16)
2番人気 (2-3-2-16)
3番人気 (1-2-0-18)
4番人気 (1-2-0-15)
5番人気 (1-1-1-9)
6~9人 (0-1-2-33)
10人以下(1-0-0-37)
inyofu ○単勝オッズ3.9倍以内
(2-2-2-1)
×単勝100倍以上
(0-0-0-16)
△3歳馬
(0-0-1-35)
△7歳以上
(1-0-0-19)
×牝馬で当日6番人気以下
(0-0-0-23)
×前走天皇賞秋だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-9)
×前走10着以下
(0-0-0-42)
×前走着差1.0秒以上負け
(0-0-0-31)
×前走10番人気以下且つ当日5番人気以下
(0-0-0-35)
inyofu 前走の4コーナーでの位置取りにも注目

2013年以降の過去4年間の優勝馬について、前走の4コーナーでの位置取りをチェックすると、4頭いずれも「先頭~5番手」という前方の位置取りで4コーナーを通過していた。この4頭の中には当レースで鮮やかな追い込みを決めた馬もいるが、そんな馬でも前走では4コーナーを「先頭~5番手」で通過していたことは、覚えておいても損はないだろう。

京都外1600m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu ルメール(26-16-10-46) 26.5% 42.9% 53.1%
田辺裕信(16-21-37-178) 6.3% 14.7% 29.4%
福永祐一(13-13-12-63) 12.9% 25.7% 37.6%
M.デム(12-7-10-41) 17.1% 27.1% 41.4%
石橋脩 (10-9-10-145) 5.7% 10.9% 16.7%

岩田康誠(8-7-9-68)   8.7% 16.3% 26.1%
武豊  (7-5-5-64)   8.6% 14.8% 21.0%
川田将雅(6-2-4-22)  17.6% 23.5% 35.3%
津村明秀(5-2-4-56)   7.5% 10.4% 16.4%
武士沢友(2-5-5-139)  1.3% 4.6% 7.9%

ムーア (2-4-4-22)   6.3% 18.8% 31.3%
藤岡佑介(2-1-1-13)  11.8% 17.6% 23.5%
C.デム(1-5-3-19)   3.6% 21.4% 32.1%
シュタル(1-1-0-7)   11.1% 22.2% 22.2%
松山弘平(0-1-2-17)   0.0% 5.0% 15.0%

和田竜二(0-1-2-23)   0.0% 3.8% 11.5%
北村友一(0-1-1-11)   0.0% 7.7% 15.4%
アッゼニ(0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(71-56-44-317)14.5% 26.0% 35.0%
ダイワメジャー  (32-21-28-214)10.8% 18.0% 27.5%
キングカメハメハ (19-23-15-200) 7.4% 16.3% 22.2%
ステイゴールド  (19-13-24-141) 9.6% 16.2% 28.4%
フジキセキ    (9-9-14-78)  8.2% 16.4% 29.1%

ハービンジャー  (8-4-12-54)  10.3% 15.4% 30.8%
アドマイヤムーン (5-13-9-107)  3.7% 13.4% 20.1%
マンハッタンカフェ(5-10-15-112) 3.5% 10.6% 21.1%
スニッツェル   (2-0-0-9)   18.2% 18.2% 18.2%
スウェプトオーヴァ(1-2-2-31)   2.8% 8.3% 13.9%

ジョーカプチーノ (0-0-0-4)   0.0% 0.0% 0.0%
ゴスホークケン  (0-0-0-3)   0.0% 0.0% 0.0%

マイルレース巧者 エアスピネル

inyofu キングカメハメハ産駒。母の父SS。
デイリー杯2歳S、京都金杯、富士Sのマイル重賞3勝を挙げているマイルレース巧者。前走の富士Sを不良馬場の中で2馬身差をつけて勝利したが、時計の掛かる馬場を激走したので体力が回復しているかが鍵になる。

馬券内は堅い イスラボニータ

inyofu 初めてのマイルCSは出遅れるも、内からスルスルと位置を上げる競馬で3着。
昨年のマイルCSは中団から一気の末脚で迫り2着となりました。
どういった競馬でもできる器用なタイプです。
極端な外枠でなければ、今回も馬券内は堅いのかなと思っています。
無視はできない存在ですね。内枠なら頭まで有り得る馬だと思います。

末脚の信頼度は高い レッドファルクス

inyofu とにかく馬場・展開・距離を問わず最後は追い込んでくる馬であり末脚の信頼度は高い。
今回はマルターズアポジーが引っ張るレースで前掛かりになれば最後は差し追い込みも届きやすそう。
乗り替わりもC・デムーロ騎手なら何の心配も無く現段階では本命候補の1頭。

メンツ内でもNO1クラス ペルシアンナイト

inyofu ここまで9戦連続G1で3着以内に来ているミルコが選んだのはこの馬。
当たり年のハービンジャー産駒でマイルでの強さは御存知の通り。
前走の富士Sは不良馬場でこの馬の持ち味を全く活かせていなかった。
スパッと切れる脚があるし脚比べならメンツ内でもNO1クラス。
ミルコ人気してしまうかもしれないがそれでもここは普通に上位。

互角の勝負が可能 サングレーザー

inyofu ディープインパクト産駒。母の父Deputy Minister。
4連勝でスワンSを優勝。時計のかかる馬場での粘り強い走りを得意としている。雨の影響でコース全体に傷みがあり時計のかかる馬場の今の京都コースなら上位馬と互角の勝負が可能だと思われる。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のエリザベス女王杯は、本命のミッキークイーンが外から追い込んで3着を確保。

一番強い競馬したんじゃないでしょうか?おかげで3連複207倍GETしました!

ただのマグレと言われない為にも、連勝といきたいところです。

本命(軸)はレッドファルクスにしました。

マイルはやや長いものの、安田記念がサトノアラジンと0.1秒差であり、 エアスピネルやイスラボニータに先着しているので、悲観してません。
確勝だった兄のミルコがペルシアンナイトに騎乗。弟でも勝ち負けくらいまでは持って来てくれすハズ。
今年は短期免許を取得し、既に重賞を2勝を挙げてることから少しは成長していると判断しました。

印は

◎レッドファルクス
○エアスピネル
▲サングレーザー
☆イスラボニータ
△ペルシアンナイト
△ヤングマンパワー
△マルターズアポジー
△クルーガー

いつも通り馬券は◎→○▲☆の馬連3点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点

以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line