TOP > 予想/馬券 > 【函館記念】昨年2着のアンコイルド、今年こそは!
予想/馬券

【函館記念】昨年2着のアンコイルド、今年こそは!

昨年の函館記念で2着になったアンコイルドが今年も同レースに参戦してきた。果たして今年はどのような走りを見せてくれるのだろうか。
DSC_9173.アンコイルド800.

昨年の函館記念で2着!

2013年 函館記念


2013年 札幌記念

アンコイルドは昨年の函館記念でトウケイヘイローの2着に入る力走。また、同距離・同コースで行われた札幌記念でも3着に入るなど、函館芝2000mへの高い適性を魅せた。

父の産駒らしく3歳秋から年明けにかけての怒涛の4連勝!


2013年 白富士ステークス

アンコイルドは3歳時から年明けにかけて500万下の檜原湖特別~OPの白富士Sまで怒涛の4連勝を挙げた。この連勝はアンコイルドの父ジャイアンツコーズウェイが連勝しやすい特徴を持つストームキャット系であり、その影響を受けての結果であると考えられる。その反面ストームキャット系は一回連勝が止まるとスランプに陥りやすいという特徴も同時に持っている。ここまで3戦連続掲示板外のアンコイルドは果たして…。

2走前には初の海外挑戦

2014年 オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ

アンコイルドは2走前に初の海外レースに出走した。香港のクイーン・エリザベスII世カップに出走したアンコイルド。結果としては10頭立ての10着に終わったが、この経験が今後のアンコイルドにどのように活きてくるか注目である。

巴賞→函館記念は昨年と同じローテーション

◆アンコイルドのデータはこちら

巴賞6着から函館記念に臨むアンコイルドであるが、このローテーションは昨年と同じ。しかも昨年も巴賞で8着に敗れた後、函館記念で2着になったように距離延長をして成績を残している。また、アンコイルドは全5勝を2000m戦で挙げており、今年も期待せずにはいられない。

内枠が欲しいアンコイルド

inyofu 「前走は勝負どころの手応えはもうひとつだったが、最後は伸びている。距離が延びるのはいいし、中1週で十分やれる状態に上がってきている。内寄りの枠が当たって、ロスなく運べるようなら」と渋田助手。

昨年の2着馬であり、かつGⅠやGⅡでも好走歴があるようにメンバーの中でも実績は頭一つ抜けた感のあるアンコイルド。しかし、今年は年明け初戦の京都記念で3着になった後は凡走が続いており、上記でも挙げたストームキャット系の特徴を考えると不安も覚える。ただ、力通りの走りを見せれば必ず良い結果が生まれるはずだ。ぜひここで初重賞制覇を挙げ、秋への弾みにしてもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line