TOP > 予想/馬券 > 【第37回ジャパンカップ】全17頭最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第37回ジャパンカップ】全17頭最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年11月26日(日)東京競馬場で行われるGI【第37回ジャパンカップ】今回は全17頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 シュヴァルグラン

inyofu シュヴァルグラン(牡5、友道)は坂路でボウマン騎手を背に最終追い切りを行った。時計は4ハロン56秒0-12秒7。  「もともとそんなに調教で動くタイプじゃないけど、動きは良かった」と友道師。昨年のこのレースは強行軍のローテーションでも3着に健闘した。「今年は万全の状態で挑める。何とか巻き返したい」と一発を期待していた。

1枠2番 レイデオロ

inyofu 美浦ウッドで3頭併せを行った。美浦に駆けつけたルメール騎手を背に、先行する僚馬2頭に内から馬なりで併入した。神戸新聞杯(1着)から2カ月ほどの間隔が開くが、入念な乗り込みを消化したことで初の古馬相手にも見劣りしない風格が備わっている。ルメール騎手は「コンディションはとてもいいと思う。休み明けの前走からパワーアップした。馬が大人になった。(古馬相手の競馬は)初めてだけど、自信があります」

2枠3番 ギニョール

inyofu 東京競馬場ダートコースでキャンター1周と軽めの調整。イタリア人騎手で助手として帯同しているカデドゥ(レースはミナリク)が懸命になだめながら馬場へ。向正面では抑えきれずにペースアップしたが、後半は何とか制御の利いた走り。  カデドゥは「最初は大変だったけど、後半は良かった。環境が違うから1頭で走るのを嫌がっていた」

2枠4番 キタサンブラック

inyofu CWコースに入ると、静かに最終リハを完了した。4馬身先行のビップレボルシオン(6歳1000万)を目標に直線へ。調教パートナーの黒岩(レースは武豊)が手綱を押さえたまま、外から並び、測ったように併入した。6F84秒8〜1F12秒9(馬なり)。天皇賞・秋(同83秒7〜同12秒7)と比べると一見地味!?動きを見守った武豊は「思っていたより、静かな最終追い切りと思った」

3枠5番 サウンズオブアース

inyofu サウンズオブアースはCWコースでテーオーフォルテ(3歳500万)と併せ馬。6F85秒0〜1F11秒7。5馬身追走から馬なりのまま、反応鋭く併入に持ち込んだ。藤岡師は「先週しっかりやって、硬さは残っていなかった。当週はいつも通り上がり重点に。しまいの反応は良かった」と仕上がりの良さを伝えた。

3枠6番 イキートス

inyofu イキートスは東京競馬場ダートコースをダクとキャンターで緩急つけながら2周。レーゼ助手は「いい動き。気持ちよく走れていました」とニッコリ。小柄でも覇気のある動きが好印象だ。  昨年は414キロながら後方から鋭く差を詰めて0秒6差7着。「最近は体を大きく見せている。体重も(昨年より)5〜6キロは増えているのでは」

4枠7番 ディサイファ

inyofu 美浦坂路でエジステンツァを追走。残り1Fで半馬身差まで詰め寄ったものの、そこから余力なく突き放され2馬身遅れた。攻め駆けしないにしても物足りない動きだった。  ■柴山騎手「坂路だと残り1Fで気を抜いてしまう。身のこなしは悪くなかった。包まれずに気分良く走る形が理想」

4枠8番 ソウルスターリング

inyofu ソウルスターリング(牝3、藤沢和)は、ルメール騎手(レースはC・デムーロ騎手)と美浦ウッドで併せ馬を行った。  ラユロット(古馬1600万)を追走し、直線では持ったまま3馬身の先着。豪快な行きっぷりで状態良化を伝えた。藤沢和師は「涼しくなって、体調が不思議なくらいよくなった。体調は明らかにアップしている。動き、息遣いもよかった。秋2戦は思ったような競馬ではなかったが、今度は頑張ってほしい」

5枠9番 レインボーライン

inyofu 19日に栗東坂路で4F50秒9をマークして、岩田騎手が跨ったけさはいつもの当週のパターンどおり、単走馬なり。スムーズな行きっぷりでペースを上げ、ラスト1Fは12秒9。好調ぶりがうかがえた。  「先週の息づかいも良かったし、前走のダメージはなさそうだ。今回も相手は強いが、いつもこちらの想像以上の競馬をしてくれる」と、若松厩務員

5枠10番 ブームタイム

inyofu 21日に東京競馬場の芝コースで追われたブームタイム(牡6、豪)は、この日もダートコースでキャンターを1周半。  終始落ち着いた雰囲気で、フェネシー助手は「コーフィールドCを勝った時と変わりなくいい状態。見た目にもいい体になっている」と目を細めた。

6枠11番 マカヒキ

inyofu 「先週のCWコースで大きめをやったので坂路でサラッと」(友道調教師)と、栗東坂路でスムーズな流れ。単走で13秒5-12秒6-12秒3と快ラップを刻んだが、ダイナミックなアクションな分、ゆったりとしたフットワークに見える。ラスト1Fもほぼ馬なりのまま12秒9。4F51秒3と全体の時計は速いが、まったく無理はしていない。

6枠12番 サトノクラウン

inyofu Wコースで3頭併せ。雨にぬれた黒鹿毛の馬体を躍動させた。  「ラストを確かめる程度でしたが、動きはよかったですね」  森助手が満足そうな表情で追い切りを振り返った。先行する2歳馬サトノオンリーワン(未勝利)とブレステイキング(新馬)を追走して直線は最内へ。鞍上が追い出すとじわじわと差を詰める。ゴールでは2頭にクビほど遅れたが、この馬らしいしぶとい伸び脚は健在。4ハロン54秒7-39秒5-13秒3は、重馬場を考えれば悪くない

7枠13番 シャケトラ

inyofu シャケトラ(牡4、角居)は、Cウッドでキングジュエリー(古馬500万)に半馬身先着。馬なりで6ハロン84秒8-11秒6としまいの伸びが目を引いた。  辻野助手は「2週続けて福永騎手に乗ってもらったけど、いい感触を持っていたみたい。今回は良馬場だろうし、前走みたいなことはないと思う」と話した。

7枠14番 アイダホ

inyofu アイルランドのアイダホ(牡4)は東京競馬場の芝コースで単走で追い切られた。断続的な雨でたっぷり水分を含んだやや重の馬場状態だったが、苦にする様子もなく、馬場の外目を通ってシャープに脚を伸ばした。  コマフォード助手は「芝の動きも良かった。調子は一貫していい。どんな馬場でも問題ないし、大きなレースに参加して成長している」と前を向く。

8枠15番 ワンアンドオンリー

inyofu ワンアンドオンリーは横山典を背に坂路単走。馬のリズムを重視しつつ4F56秒7〜1F13秒0。前進気勢あふれるフットワークで軽快に駆け上がった。  「順調なのが何より」と鞍上は納得。橋口師も「先週時計を出しているので、今週は気持ちを乗せるような調整。動きは良かったし馬は元気いっぱいです」

8枠16番 ヤマカツエース

inyofu ヤマカツエース(牡5、池添兼)はCウッドで池添騎手を背に力強いフットワークを披露した。  6ハロン80秒6-11秒5の好時計で、アリイタヤス(2歳未勝利)に3馬身先着。池添騎手は「ラスト1ハロンから1頭になったが、集中して走れていた。いい状態」と満足の表情だった。

8枠17番 ラストインパクト

inyofu ラストインパクトはCWコースで5F64秒0〜1F12秒4(いっぱい)。ロイヤルバローズ(2歳未勝利)を12馬身近く後ろから追いかける意欲的な内容。最後は1馬身半遅れも、十分に負荷をかけた。  辻野助手は「年齢的にズブさが出ているのでG1でもあり、しっかり動かした。これでスイッチが入れば」と変わり身を期待。

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu シュヴァルグラン 牡5 57 *ボウマン 22日栗坂良:56.0-41.0-12.7:馬也

レイデオロ 牡3 55 ルメール 22日南w良:54.1-40.1-13.1:馬也

ギニョール 牡5 57 ミナリク  キャンター

キタサンブラック 牡5 57 武豊 22日栗C良:84.8-69.4-54.1-40.1-12.9:馬也

サウンズオブアース 牡6 57 *田辺裕信 22日栗C良:85.0-67.9-51.5-37.7-11.7:馬也

イキートス 牡5 57 ポルク キャンター

ディサイファ 牡8 57 柴山雄一 22日美坂良:55.6-40.6-13.4:一杯

ソウルスターリング 牝3 53 *C.デム 22日南w良:68.3-52.1-38.3-12.1:馬也

レインボーライン 牡4 57 岩田康誠 22日栗坂良:56.9-41.5-12.9:馬也

ブームタイム 牡6 57 パリッシ 21日東芝良:14.7-67.3-52.3-37.3-11.6:馬也

マカヒキ 牡4 57 内田博幸 22日栗坂良:51.3-37.8-12.9:馬也

サトノクラウン 牡5 57 M.デム 23日南w重:54.5-38.4-14.0:強め

シャケトラ 牡4 57 *福永祐一 22日栗C良:84.8-68.2-52.9-39.2-11.6:馬也

アイダホ 牡4 57 ムーア 23日東芝稍:94.7-67.4-54.0-40.1-12.6:馬也

ワンアンドオンリー 牡6 57 横山典弘 22日栗坂良:56.7-40.5-13.0:馬也

ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一 22日栗C良:80.6-65.6-51.0-37.8-11.5:一杯

ラストインパクト 牡7 57 *戸崎圭太 22日栗C良:64.0-49.5-37.6-12.4:一杯

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎マカヒキ
○ヤマカツエース
○ソウルスターリング
 シャケトラ

特にマカヒキは、抜群の動きを見せており坂路の自己ベストを馬なりで更新。また1週前はCWで7F追いを敢行するなど、今年一番の仕上がりでレースに臨めそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line