TOP > 競走馬 > 「テイエムジンソク」余裕のある走り!フェブラリーSの雪辱を果たす!【平安S】
競走馬

「テイエムジンソク」余裕のある走り!フェブラリーSの雪辱を果たす!【平安S】

スピードと持久力を生かした先行で他馬を圧倒してきたクロフネ産駒テイエムジンソクが今週の平安Sに出走する。前走のフェブラリーSではハイペースについて行ってしまい脚が残らず12着と大敗を喫したが、今回のメンバーでは実績も実力も当然上位。昨夏の北海道開催でオープン特別2勝、エルムSは2着に敗れたが、みやこSでは先行から直線で突き抜けて圧勝。さらにチャンピオンズCでも2着に健闘し、今年の東海Sでも断然人気に応えて勝利しており、1周のレースでは抜群の安定感を誇る。今年もダート路線のトップを目指すテイエムジンソクについて紹介する。
テイエムジンソク

【チャンピオンズC】ゴールドドリームの末脚に屈し2着

前走のみやこSでは4角で先頭に立ち、2馬身半差をつけて好タイムで圧勝したテイエムジンソクは、好メンバーの中1番人気に支持される。7枠13番から好スタートを切ると、果敢に先行策を取り、逃げたコパノリッキーの2番手につける。スローで流れる中でも終始2番手を守り、直線に入ってコパノリッキーと競り合う形となり残り100mで僅かにかわして先頭に立ったものの、外から強襲したゴールドドリームの末脚に屈し2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「初めてのGIでしたが、堂々と勝ちに行きました。最後は差されましたが、勝ちに行って負けたのだから仕方がありません。自分の競馬は出来ました。これからも無事に行ってくれたらいいと思います」

【東海S】断然人気に応えて勝利!

前走同コースのチャンピオンズCで2着と惜敗したテイエムジンソクは、単勝1.3倍の1番人気に支持される。今回は逃げの競馬に徹し、終始マイペースを刻む。最後の直線ではコスモカナディアンに詰め寄られて2頭でのマッチレースとなったが、二枚腰を使って振り切り、断然の支持に応え重賞2勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「強かったですね。少し力んでいましたがこんなものでしょう。最後は追ってくる馬が一瞬見えましたが止まる感じもなかったので心配していませんでした。これからもっともっと頑張ってくれると思うので、楽しみにしています」

【フェブラリーS】ハイペースについて行き大敗…

東海Sで逃げ切ってGⅠ獲りに名乗りを挙げた今回は2番人気に支持される。10番枠から好スタートを切り、好位の3番手に追走する。しかし前半800m45秒8という近年まれにみるハイペースに巻き込まれてしまい、脚を溜めることができず、直線に入るとあっさり馬群に沈み、12着と大敗した。
動画を見る
inyofu 12着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「心配していましたが、コーナー2つがうまく行きませんでした。芝のスタートは問題ありませんでしたが、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長かったことも良くありませんでした」
inyofu (木原一良調教師)
「やはりワンターンのコースはこの馬にはきつかったです。どこかで息を入れたかったところですが、思ったよりペースが速くなりました。芝のスタートはクリアしましたが、あそこまでスピードが乗ると溜めが利きませんでした」

【平安S】最終追い切り!雪辱果たす準備整った!

inyofu 古川吉洋騎手が跨って、CWコースを単走。前半から行きたがる素振りは全くなく、リラックスしたフットワークで向正面のラップを刻んでいく。3コーナーから少しラップが速くなり、フットワークにもダイナミックさが出たが、ここでも行きたがる様子はない。
inyofu 徐々にラップを速めていき、最後が一番速くなるラップを踏んでフィニッシュ。時計は6F82.9~5F66.2~4F51.2~3F37.3~1F12.2秒。個人的には昨年末から今年にかけて好調だった時よりも力みが抜けて、走りに余裕があるように見える。良績を残す、コーナー4つの中距離ダートで反撃する態勢は整っている。

平安Sの傾向!GⅠ・JpnⅠで大敗していた馬に要注目!

inyofu 過去5年の平安Sでは、「前年秋以降のダートGⅠ・JpnⅠで10着以下に敗れていた」という馬が毎年1頭ずつ連対している。大舞台で敗れた経験がその後の活躍につながるケースがあるのかも。今年もそういった馬が出走しているかどうか、チェックしてみることをお勧めしたい。

今年はGⅠタイトルがほしいテイエムジンソク。前走フェブラリーSでは12着大敗を喫したが、次なるGⅠに向けても仕切り直しとなる1戦。ダート無敗のグレイトパールという強敵もいるが、力の違いを見せつけて次なるステップへ弾みをつけたいものだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line