TOP > 予想/馬券 > 【チャンピオンズC】今年も人気薄が絡む!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【チャンピオンズC】今年も人気薄が絡む!?高配当の使者はこの馬だ!

舞台を中京に移してからの過去3回は8番人気以下の伏兵が1頭馬券に絡んでいるチャンピオンズC。今年も多種多様なメンバーが揃ったが、果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

JBCクラシック組が強い!

2010年以降のチャンピオンズC(ジャパンCダート)は、前走のJBCクラシックで4着以内に好走していた馬が7年連続で馬券に絡んでいる。今年も要注目だ。
前走のJBCクラシックでは7番人気で3着に入ったミツバ。JRAのGⅠは初参戦になるが、中央地方問わず結果を残してきただけに、楽しみの方が大きい。好走を期待したい。

内枠有利!

中京に舞台が移ってからの過去3回は内枠の活躍が目立っている。馬番4番以内の馬は(1,3,2,6)と複勝率50%・複勝回収率247%と好成績。今年も内枠の馬には要注意だ。
3年連続で馬券に絡んでいる2枠4番に入ったノンコノユメ。前走の武蔵野Sは前残りの展開を後方から追い上げ0秒4差の4着と復調モード。一昨年は2着に好走しており、舞台実績はある。実力馬の復活に要注意だ。

好調な馬を狙え!

過去5年の3着以内馬15頭中13頭は、前走でも3着以内に好走していた馬だった。ダートの精鋭が一堂に集うだけに、好調な馬を積極的に狙っていきたい。
前走のシリウスSを勝ったメイショウスミトモ。11番人気での勝利だったが、レースはゴール前で力強く差し切る内容でフロック視は禁物。今回も人気がなさそうなだけに、押さえておきたい。

人気を集めそうなテイエムジンソクやサウンドトゥルーは、GⅠ初挑戦だったり展開に左右されやすい脚質などと今年は人気馬に死角がありそう。積極的に人気薄から狙ってみるのも面白そうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line