TOP > 競走馬 > 「マドモアゼル」センスが良く操縦性が高い!【阪神JF】
競走馬

「マドモアゼル」センスが良く操縦性が高い!【阪神JF】

父はキタサンブラックを輩出したブラックタイド、兄に2015年の小倉2歳Sでシュウジの2着に好走したサイモンゼーレを持つマドモアゼルが阪神JFに出走する。新馬戦こそは取りこぼしてしまったが、そこから巻き返して2連勝でGIの大舞台への切符を手に入れた。そんなマドモアゼルについてまとめてみた。
馬キュレ

【メイクデビュー福島】まんまに逃げ切りを許す形に...

単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に支持されて迎えた新馬戦。好ダッシュで2番手についていくと、4コーナー辺りで先頭に顔をのぞかせるが、直線に入ると突き放されてしまい最後まで先頭に立つことはなかった。
動画を見る
inyofu 2着 マドモアゼル(戸崎圭太騎手) 「特に問題なく走っていますし、使ってくればいいと思います」

【2歳未勝利】危なげない勝利!

抜群のスタートから先頭に立ち、レースの主導権を握る。4コーナーで後続を引き付けて直線に向かうと、もう1段階ギアを上げて後続各馬を突き放し、2着馬に2馬身半差をつけて快勝した。
動画を見る
inyofu 1着 マドモアゼル(戸崎騎手) 「新馬の時からセンスの良い走りをしていましたし、1回使って馬も良くなっています」

【りんどう賞】先行押し切りで2連勝!

まずまずのスタートから先行して3番手を追走する。3,4コーナーを絶好の手応えで回ると、直線では外から強襲で残り100mで先頭に立つと、後続の追い上げを抑え切って2連勝とした。
動画を見る
inyofu 1着 マドモアゼル(松田騎手) 「追い切りに乗って具合が良いと感じていたので、チャンスはあると思っていました。ゲートで立ち遅れましたが、二の脚でよく反応してくれました。最後は二枚腰を使い、いい勝ち方でした。距離はもう少しあっても大丈夫です」

【阪神JF】追い切り どっしりとした上々の雰囲気!

inyofu マドモアゼル(写真左)は南ウッドで4ハロンから2頭併せ。2~3馬身追走から直線は内へ。わずかに遅れたものの、馬はどっしりとして上々の雰囲気。脚さばきも軽快だ(54・9―39・4―12・9秒)。調整に狂いはなさそうだ。
inyofu 斎藤誠調教師「馬場が重いと感じたので、長めから追う予定を短くして併せ馬で負荷をかけました。しまい併せる形で余力を残しましたが、乗り手も“息が良かった”と言っていました。追い切り直後で450キロなので、輸送して少し減っても大丈夫。うまくレースに持って行けそうです」

この馬はスタートが上手いのはもちろんだが、2の脚もつくのでポジション取りに全く苦労を要さない。そして先頭に立ってからの2枚腰は他のライバルにとっては脅威となるはずであり、豊富なスピードを武器にどんなレースをするのか楽しみにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line