TOP > 競走馬 > 「モルトアレグロ」ダイナミックな動きで切れ味もある!【阪神JF】
競走馬

「モルトアレグロ」ダイナミックな動きで切れ味もある!【阪神JF】

外国産馬のモルトアレグロが阪神JFに出走する。父スパイツタウン産駒には昨年の全日本2歳優駿を制し、今年のNHKマイルC2着に入ったリエノテソーロがいる。デビューはダートで快勝するとその後は2戦とも芝を使い、2戦1勝2着1回とパーフェクトな成績を残している。そんなモルトアレグロについてまとめてみた。
モルトアレグロ

【メイクデビュー函館】危なげない勝利!

スタートからやや抑えるようにして3番手についていくと、4コーナーで前を射程圏内に入れる。直線ではムチが1発豪快に入ると、そこからギアが上がり2着馬以降を突き放して勝利を手にした。
動画を見る
inyofu 1着 モルトアレグロ(吉田隼人騎手) 「3~4コーナーでふかした時、反応が少しにぶいところがありましたが、直線ではもう一段の伸びを見せてくれました。これからの馬ですし、気を抜かずに走ってくれればいいです」

【すずらん賞】良い脚を使うも2着まで...

スタート後に前が狭くなり後方に下げざるを得ない状況。しかし、3コーナーからグングン押し上げていって直線では大外に持ち出すと、末脚を伸ばして最後は2番手まで浮上したが、惜しいレースとなった。
動画を見る
inyofu 吉田隼騎手は「きつい競馬になりました。スタートして、他の馬にぶつけられて手綱を引いたりして、行きっぷりが悪かった。前に行く競馬を想定していたので。3、4コーナーはいいところを通れたけど、勝った馬が強かった。芝でもいつも通り動いてくれて、まだ課題はあるけど、よく頑張ってくれた」

【くるみ賞】不良馬場を味方につけての勝利!

不良馬場で行われたくるみ賞。前半は少し控えて3番手につけて内目で我慢の競馬。3,4コーナーで馬場の荒れた内目から上がっていって、直線では逃げ馬の内側から前を追うと、ゴール前で差し切って2勝目とした。
動画を見る
inyofu 1着 モルトアレグロ(吉田隼人騎手) 「逃げ馬の後ろを取りたかったのですが、逃げている馬がフラフラしていたので、その位置が取れず、また外に出すタイミングが無く、馬場の悪いところを走ることになってしまいました。道悪はあまり合わない上にタフな競馬になりましたが、根性でよく差してくれました」
inyofu (武井亮調教師) 「以前はダート向きと思っていましたが、今は芝寄りの感じがします。この後は全日本2歳優駿か阪神JFを視野に入れています」

【阪神JF】追い切り 鋭い動きで先着!

inyofu モルトアレグロ(写真左)は南ウッド4ハロンから僚馬2頭を追走。4角で内に潜ると、直線では並ぶ間もなくかわし3馬身先着。鋭い動きを見せた(53・6―39・1―12・9秒)。
inyofu 武井調教師「最後にヤメる面があるので、今朝はしっかり伸ばした。良馬場でどんな脚を見せられるか楽しみ」

これまでダート、札幌の芝、不良馬場の芝とパワー型のこの馬にとって最高の条件でレースが出来ていた。今回は阪神の外回りと瞬発力も求められる舞台で、パワーだけでは通用しない舞台。しかし、勝負根性は目を見張るものがあり、直線で併せ馬となればこの舞台でも力を出し切れるに違いない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line