TOP > 競走馬 > 「ラッキーライラック」フットワークが良い上に小脚を使える!【阪神JF】
競走馬

「ラッキーライラック」フットワークが良い上に小脚を使える!【阪神JF】

あの「怪物」オルフェーヴルの初年度産駒の代表格ラッキーライラックが阪神JFに出走する。新馬戦は上がり3F33.1と非凡な瞬発力で快勝すると、続くアルテミスSでは先行しながらも上がり3F最速の脚を使って重賞制覇と3連勝で無敗のGI制覇をもくろむラッキーライラックについてまとめてみた。
馬キュレ

【メイクデビュー新潟】非凡な瞬発力で初陣を勝利!

4枠8番からのスタートで先行集団に取り付くと折り合いもついて直線をじっくりと待つ。直線で馬群が開けると、楽な手応えで先頭に立つ勢い。そこから追い出されるとグイグイと伸びて、ゴール前では馬なりでゴールイン。
動画を見る
inyofu 1着 ラッキーライラック(石橋騎手) 「スタートを上手に出てくれました。返し馬の感じは良かったです。経験をさせたかったので、馬群の中へ入れました。気にせず上手に走ってくれました。最後は見ての通り、他とは脚が違いました。素直です」

【アルテミスS】横綱相撲の競馬で初重賞制覇!

前半は逃げ馬を見るように4番手を進む。直線ではやや外目に持ち出して、残り300mで鞍上のアクションが激しくなると、前をあっという間に捕えてそのまま押し切って2連勝で重賞制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手) 「前走も好位からの競馬でしたが、周りに左右されないような位置で、折り合ってレースをしたかったです。途中、下がぬかるんでいて力んで走っていましたが、直線の反応は良かったので、先頭のサヤカチャンはとらえられると思っていました。新馬戦の時からすごい馬だと思っていたので、このまま順調にいってくれればと思います」
inyofu (松永幹夫調教師) 「新馬戦と同じように強い勝ち方だったと思います。敏感な馬なので、今後はうまく調整していきたいです。一度リフレッシュさせて、今後のレースはその後に決めることになります」

【阪神JF】追い切り 貫禄の違いを見せつける!

inyofu ラッキーライラックは6日、朝一番の栗東CWに登場。文句なしの動き&時計をマークし、最終リハを終えた。
inyofu イグレット(2歳未勝利)が1秒1先行、4馬身後方にナンヨープルートー(3歳1000万下)を従えての3頭併せ。直線手前で一瞬、3頭が馬体を並べたものの、すぐさま真ん中から2頭を突き放し、ゴールまで真一文字に駆け抜けた。6F82秒3-37秒4-11秒6の好タイムだ。
inyofu 松永幹師は「相変わらずいい動き。両サイドに(馬を)置いて、どんなものか見たかったけど、我慢が利いていて、最後の反応も良かった」と満足げな笑みを浮かべた。

重賞での実績と前走の勝ちっぷりに注目

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、「JRAの1400m以上の重賞」において3着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率33.3%と好走率も高い。既に1600m前後の重賞で優勝争いに絡んだことがある馬は高く評価すべきだろう。
inyofu なお、「JRAの1400m以上の重賞」において3着以内に入った経験がなかった馬のうち、前走の着順が「1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒1以上」だった馬の成績は〔5・2・3・41〕(3着内率19.6%)なのに対し、その他の馬は〔1・1・2・77〕(3着内率4.9%)と苦戦している。ちなみに、2008年以降の過去9年に限ると〔0・0・2・72〕(3着内率2.7%)で、連対を果たした馬はいない。1600m前後の重賞で優勝争いに絡んだことがない馬のうち、前走を勝っていなかった馬、勝っていたとしても2着馬とのタイム差が小さかった馬は評価を下げたいところだ。

まさか初年度産駒から2歳GIに2頭出しになるとは、さすがは怪物の遺伝子を継いだ馬である。今回の最大のライバルは同じ父を持つロックディスタウンと言ったところか。鞍上の石橋脩騎手もほれ込んでおり、2012年の天皇賞(春)以来のGI制覇となるのか、その辺りも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line