TOP > 競走馬 > 「ラッキーライラック」桜花賞の雪辱を晴らす!長距離仕様で逆転へ!【オークス】
競走馬

「ラッキーライラック」桜花賞の雪辱を晴らす!長距離仕様で逆転へ!【オークス】

昨年の阪神JFの覇者であるラッキーライラックがオークスに出走する。三冠馬オルフェーヴルの初年度産駒で、気性が荒かった父とは対照的に優等生ぶりを感じさせる走りで阪神JFまで3連勝。今年初戦のチューリップ賞も好タイムで無傷の4連勝を飾り、牝馬クラシックの最有力候補に躍り出たが、桜花賞では好位から押し切る盤石の競馬に持ち込んだものの、アーモンドアイの切れ味鋭い末脚に屈し2着に敗れた。悔しさをバネに樫の舞台で雪辱を果たす。そんなラッキーライラックについてまとめてみた。
ラッキーライラック

【阪神JF】直線で鋭く脚を伸ばし堂々2歳女王に!

今回も札幌2歳Sを勝利したロックディスタウンに人気を譲る形となってラッキーライラックは2番人気に支持される。スローペースとなった今年の阪神JFは大外枠のロックディスタウンが壁を作れず前に行ってしまう展開となるが、ラッキーライラックは終始落ち着いて中団で競馬を進める。直線に入って早々に先行勢が崩れる中、前にいたリリーノーブルが抜け出す。ラッキーライラックはこの馬を目標に追いだすとしっかりと差し切って完勝し、無傷の3連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「前回は力んでいたので、今日は返し馬から気をつけてのぞみました。今日は落ち着いていました。頭のいい馬です。道中はうまく運べました。この馬の力は分かっていたので信じて乗りました。身体能力が高い馬で、運もあります。このまま無事にいってもらいたいです。久々のGIですが、この馬で勝ちたいと思っていました」
inyofu 1着 ラッキーライラック(松永幹夫調教師)
「力を出し切ってくれればいいレースはしてくれるだろうと思っていました。アルテミスステークスの時より冷静にレースを見ることができました。今日のレースぶりを見て改めて力があると感じました。このあとは桜花賞を目指すことになりますが、距離が延びてさらにいい馬だと思いますから将来が楽しみです」

【チューリップ賞】今年初戦も見事に快勝!

桜花賞の前哨戦、チューリップ賞では阪神JFの1~3着の馬が出走しハイレベルな一戦となった。そんな中阪神JF1着のラッキーライラックは堂々と1番人気に支持される。レースは好スタートを切って先行して3番手の位置で競馬を進める。逃げ馬2頭に挟まれ少し行きたがる展開となってしまったが、落ち着かせて直線に向かう。先行した2頭が早々に馬群に沈んでいく中、ラッキーライラックは堂々と抜け出し先頭に躍り出ると、後続のマウレア、リリーノーブルを封じて年明け初戦を快勝し、無敗で桜花賞に駒を進めることとなる。
動画を見る
inyofu 1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「レースはゲートを出てから決めようと思っていました。新馬は別として、ここ2回は前を目標にして最後にかわすという形でしたが、今日はこういう展開になったので、自分から先に前に躍り出てどんな感じになるか確認しておきたかったのですが、問題ありませんでした。しっかり走れて、成長も感じていました。上手に仕上げてくれた関係者の皆さんのおかげです」

【桜花賞】アーモンドアイの末脚に屈し2着…

前走チューリップ賞で順当に勝ち上がり無敗で臨んだラッキーライラックは、最内枠から好スタートを切ると、枠の利を活かして先行して盤石の競馬に徹した。直線に入ると早めに先頭に立って悠々と抜け出しを図ったが、後方から鬼脚を使って追い込んだアーモンドアイに差し切られ2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「よく頑張ってくれています。内枠でしたが、包まれないイメージ通りのレースが出来ました。直線も追い出しを我慢して脚を使ったのですが、勝ち馬に一瞬にして来られてしまいました。この馬も力を出し切ってくれていると思います」

【オークス】最終追い切り!2400m仕様で逆転へ!

inyofu 桜花賞2着の雪辱へ、ラッキーライラックがCWコースではじけた。併せ馬で強めに追われ、軽快なフットワークで1馬身先着。動きを見届けた松永幹調教師は満足そうな表情で切り出した。
inyofu 「先週は長めから速い時計も出したので、上がり重点。予定通りのいい動きだったと思います」
inyofu 1600メートルで争う桜花賞までは、坂路に入れながら短い距離で強く追う調教も課して“マイル仕様”に体を作り上げた。しかし4ハロンの距離延長となる今回は、調整パターンを一新。坂路に入らずCWコース中心で長めに乗り込み、しっかり折り合いをつけられるよう、馬の後ろで我慢させる調教も施した。「我慢もきいているし、乗り役も乗りやすいと言ってくれている」と師もうなずくほどの成果を見せている。

オークスの傾向!前年秋の成績にも注目!

inyofu 過去10年のオークスでは、「前年の10月または11月に勝利を挙げていた」という馬が、2012年を除いて1頭ずつ連対している。昨年は10月22日のアイビーSを制していたソウルスターリングが快勝。今年も出走各馬の戦歴をチェックしておくことをお勧めしたい。

2400mは初経験となるが、調教でも工夫を凝らしており距離延長は問題なさそうだ。石橋脩騎手とのコンビも継続となり、リベンジに向けて態勢は整った。勝負根性は世代屈指であるだけに、アーモンドアイの末脚に負けない走りをみせてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line