TOP > コラム > オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2017年12月10日版】
コラム

オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2017年12月10日版】

オタク
O氏「毎月一回!」

2号 「どうしたんだ急に。」

O氏「いや、香港に出る馬の漢字馬名見てたら、ワンスインナムーンが『毎月一回』になってて、なかなかインパクトあるなぁと。Once in a moonだから確かに『月に一回』だが、なんというか、こう、そのまんますぎて・・・・・もっと他にあるだろう、ロードカナロアを『龍王』にしたあのセンスはどこに行ったんだ!と、なんか凄くもやもやする。」

2号 「ロードカナロアは最初、なんで龍王?と思ったが、スプリント二連覇の強さは確かに龍王という感じだったなぁ。」

O氏「オレは当時をリアルタイムでは知らないけど、あれは連覇するほど強い馬が後から改名する称号みたいなモノじゃなくて、最初から『龍王』だったんだろ?ってことはワンスインナムーンが勝ったら、『香港スプリント優勝・毎月一回』みたいな感じになるんだよな?」

2号 「月イチペースで香港スプリントを勝ってるみたいだな、なんか逆に強そうに見えてきた」

O氏「確かにそう見えなくもないが、なんか違う。直訳じゃなくてもうひとひねりほしい。」

2号 「例えば?」

O氏「試しにグーグルで『毎月一回』を検索したら真っ先に出てきたのが、女性の・・・・・」

2号 「おい馬鹿やめろ。多分ほとんどの人が一度は考えたと思うが、わざわざ言うんじゃない。」

O氏「あとは電撃大王とか、跳躍四角とか、月刊午後とか、月刊龍齢とか、月刊武士道とか?」

2号 「月刊誌か何かの名前か?」

O氏「よくわかったな。さては読んでるな?」

2号 「それだけ『月刊』を連発されれば分かる。」

O氏「うーむ・・・・・『毎月一回』が微妙だと思っても、案外代案が出てこないものだなぁ。いっそ元の『ワンスインナムーン』の方をかっこいい漢字にしやすい名前に変えてしまうというのはどうだ。ワンスインナが『毎』と『一回』になるなら、ムーンは残すとして、前半をシャイニングとかライジングとかにすれば『輝月』『昇月』になるんじゃないか?」

2号 「もはや別馬だな、それ。」
(※調べてみたら両方実在しました)

================

・・・・・というわけで、こんばんは。2号です。

今日は香港馬名を妙に気にしていたO氏でしたが、その後の興味は騎手に移ったらしく「デムーロは杜滿萊になるのか、どこがミルコでどこがデムーロなんだ」「Cのほうのデムーロが杜滿樂らしい、ということは『萊』がミルコで『杜滿』がデムーロか、わからん」「Z.パートンは潘頓、なんかわかる」「ボウマンが布文になってる!」などなど、香港競馬のサイトを中文で見ながら一人で盛り上がってました。

================

2号 「それにしても、なんでいきなり香港?まぁGIがあるから分からなくもないが」

O氏「4レースも発売されるし、せっかくだから初の海外馬券を買ってみようかと思ってな。」

2号 「意外だな、結構ミーハーなところがあるお前なら、凱旋門賞で『初海外馬券』を済ませているだろうと思ったが」

O氏「エネイブルの一本被りだったからなぁ。サトノダイヤモンドにある程度の応援票は入っていたみたいだったが、メディアも日本馬そっちのけで『怪物牝馬エネイブルに注目!』みたいな感じだったし、実際単勝1倍台だったし、勝ってたし。せっかくなら海外馬券の一発目は『日本馬軸で買って的中』にしたい。」

2号 「まぁその条件だと、凱旋門賞はなかなか買えないわな・・・・・。」

O氏「最初はキセキにしようと思ったんだが、水虫か何かで隔離されてたんだって?」

2号 「報道では『白癬』だけど、白癬が足にできると水虫と呼ばれるから、まぁ合ってる。」

O氏「馬も水虫になるんだなぁ、初めて聞いた。いずれにせよ異国でボッチにされてたんだ、影響ゼロとは言えんだろうし、海外初馬券が『水虫でボッチにされた馬』というのもなんか嫌だ。というわけで香港カップの◎ネオリアリズムにする。発走時刻もちょうどいいし、狙いのレース→阪神JF→香港カップでコロガすぜ!」

2号 「なら、香港カップの前もちゃんと的中させなきゃだな。」


================


というわけでO氏の日曜の狙いは、阪神9R!

【阪神9R 境港特別】
◎1ヒシマサル
○2フロムマイハート
▲8ビップレボルシオン
☆6ダノンディスタンス
△5エアウィンザー
△10アグリッパーバイオ
△4メイショウカミシマ

【馬連/流し】1-2,8,6,5,10,4(6点)
【3連複 /フォーメ】1-2,8,6-2,8,6,5,10,4(12点)

O氏「マサルさんだな。」

2号 「マサルさんだなぁ。ちなみに同じ名前の三代目、初代は安田記念馬で硫酸かけられた経験の持ち主、二代目はきさらぎ賞他重賞3勝馬だ。」

O氏「え、硫酸!?」

2号 「昔はいたんだよ、人気馬にかけて負ければ高配当!とか考える不届きな輩が。中山大障害の前に、1番人気だったダテハクタカがぶっかけられた事件もあったなぁ。」

O氏「硫酸なんて、かけられたら走れないだろう・・・・・」

2号 「ダテハクタカは目に入ったらしくて除外、復帰後も全然勝てなくなっちまった。ヒシマサルは普通にそのまま出走して勝ったし、安田記念勝ったのも硫酸事件の翌年だ。」

O氏「すごいよマサルさん・・・・・。どこかのタイミングで言ってやろうとは思っていたが、まさか本当に凄い話を聞いて言うとは思わなかったぜ。」

2号 「まぁ今回走るヒシマサルとは別のヒシマサルの話だが、前の2頭が重賞馬になってるんだし、このヒシマサルもどこかで重賞勝ってほしいもんだな」

O氏「元々調教ではあんまり走らないタイプらしいし、前走の勝利は約2ヶ月の休み明け初戦。未勝利勝ちはダートだったが、この斤量とこの距離ならいけると思うぞ。」

2号 「同じルーラーシップ産駒なら、ダノンディスタンスも結構いいと思うがなぁ。」

O氏「それはいつもどおり、オレが◎○▲、お前が☆と△担当だから、☆のとこに入れといてくれ。」

2号 「あとは『阪神JF』のロックディスタウンとサヤカチャン、香港ヴァーズのネオリアリズムか。コロガるといいな。」



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line