TOP > JRA競馬場/WINS > 【第69回阪神ジュベナイルフィリーズ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ
JRA競馬場/WINS

【第69回阪神ジュベナイルフィリーズ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2017年12月10日(日)阪神競馬場で行われるGI【第69回阪神ジュベナイルフィリーズ】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 サヤカチャン

inyofu サヤカチャン(田所)はCウッドで6ハロン82秒9-12秒2をマークし、しまいはいっぱいに追われた。  田所師は「予定通りの追い切り。いい状態をキープできている」。13番人気の前走は逃げ粘って2着。今回は同型がいるが「2、3番手でもいい。自分のペースでリズムよく走ることができれば」とハナにはこだわらなくてもいいようだ。

1枠2番 ラテュロス

inyofu ▼ラテュロス(北村友)2週連続乗って今週はバランス良く走れていた。状態は良さそう。長くいい脚を使えそうで、実戦にいって動いてくれたら。

2枠3番 グリエルマ

inyofu ◆グリエルマ・小牧騎手 「初めて乗ったが、すごくいい馬。いい背中をしていて、動きもシャープ。出られれば楽しみはあるよ」

2枠4番 マウレア

inyofu マウレアが美浦ウッドで粘り強く伸びた。嶋田騎手(レースは戸崎騎手)を背に、ロードライト(2歳500万)に3馬身追走、3馬身先着した。5ハロン68秒6-13秒7。古馬牡馬ですら時計を要すタフな馬場。さすがに最後は苦戦したが、手塚師は「動きは良かったし、何の不安もない」と笑顔で話した。

3枠5番 ラスエモーショネス

inyofu ▼ラスエモーショネス(幸)抜け出すとフワッとしてやめようとするところがあるので、最後はしっかり。軽い走りをするので、レースで追ってどういう感じかですね。

3枠6番 マドモアゼル

inyofu マドモアゼルはWコースで4F55秒4〜1F13秒2(馬なり)。先輩ミッシングリンク(3歳1000万)を3馬身追走し、半馬身遅れでフィニッシュ。斎藤誠師は「馬場が重いこともあって余力を残す形で短めの距離で負荷をかけた。息の入りもいいし、こんな馬場でも真っすぐ走っていた。前走で長距離輸送もクリアしたし、距離もこなせると思う」

4枠7番 リリーノーブル

inyofu 2連勝中のリリーノーブル(藤岡)は、栗東Cウッドで川田騎手を背に追い切られた。藤岡師は「しまいもしっかりしていたし、動きも良かったと思う。G1なのでちゃんとやらないといけないけど、その中でやりすぎないように調整した」と話した。

4枠8番 トーセンブレス

inyofu トーセンブレス・加藤征調教師「テンションを上げない調整。脚をためる競馬をしたい」

5枠9番 レグルドール

inyofu 九州産のレグルドール(杉山)が巻き返しを狙う。  前走ファンタジーSは出遅れが響いて9着。杉山師は「休み明けでゲートの中で力が入り過ぎて立ち遅れた。チグハグだった」と振り返る。  坂路で4ハロン53秒4-12秒3としまいの脚を伸ばしたように状態は良好。「G1でどれだけ力を出し切れるか。スムーズな競馬をしてほしい」

5枠10番 ハイヒール

inyofu 阪神JF組で木曜追いを選択したのは抽選対象だった2頭。白菊賞(6着)から中1週で参戦するハイヒールは、開門直後の坂路で4F57秒1〜1F12秒7をマーク。動きを見届けた寺下は、清水久厩舎へ。担当する吉田助手に感触を尋ねると「サッとやりましたが、状態は変わりないですね」と目を細めた。

6枠11番 ラッキーライラック

inyofu ラッキーライラック(松永幹)はCウッドで併せ馬を行った。  3頭併せで最先着し、松永幹師は「相変わらずいい動き。最後の反応も良かった」と好感触だった。センスのいい競馬で2連勝。「フットワークが大きいわりに力強い。どんな条件でも大丈夫」と楽しみにしていた。

6枠12番 ソシアルクラブ

inyofu ソシアルクラブはCWコースで併せ馬。エルフィンコーブ(4歳1600万)を3馬身追走し、直線は馬なりのまま内から併入に持ち込んだ。「先週ビシッとやっているし、楽に走らせて折り合いだけ確認した。問題なくいい動きだった」と池添学師。

7枠13番 トーセンアンバー

inyofu トーセンアンバー・菊沢調教師「前走よりも気持ちは穏やかだ。けいこの動きも悪くない」

7枠14番 ノーブルアース

inyofu ▼ノーブルアース(牧浦師)使いつつ良くなっている。いい意味で気が乗っているし、テンションを上げないように調整。

7枠15番 ナディア

inyofu 坂路単走51秒5のタイムに新パートナーの四位は「指示は54秒くらいやったんよね…。あんなに元気なんてビックリしたよ。調教師に怒られるかな、と思ったけど(笹田師は)ニコニコしながら“攻め馬は掛かる”やって。乗る前に聞いておきたかった」と苦笑いしたほど。レースでは折り合っての末脚勝負が可能。

8枠16番 モルトアレグロ

inyofu モルトアレグロはWコースで4F54秒2〜1F13秒0(馬なり)。余力十分にスリラーインマニラ(4歳500万)に4馬身先着した。武井師は「抜け出した後も一生懸命に走り、課題はクリアしてくれた。馬の後ろで折り合えるので距離はこなせると思う。前走は馬場が悪くて動きの良さを確認できなかったが、良馬場のG1でどれだけ走れるか見てみたい」

8枠17番 コーディエライト

inyofu コーディエライトは坂路単走で4F54秒3をマークした。1週前にラスト1F12秒1の切れ味を発揮しており、最終追いは調整程度で十分。佐々木師は「予定通り。動きは良かった。先週びっしりやっているからね」と太鼓判を押す。

8枠18番 ロックディスタウン

inyofu ロックディスタウン(二ノ宮)は、美浦ウッドで併せ馬で追われた。  古馬を追走してわずかに届かずにゴール板を駆け抜けたが、佐竹助手は「先週びっしりやっているし、(遅れは)そんなに気にしていない」と話した。3カ月ぶりの一戦。2歳牝馬ながら先月9日の帰厩後から、追い切りでは負荷をかけ続けてきた。同助手は「休み明けというのが大事。G1を使うので。少しやった方がいいので」と意図を説明した。

最終追い切り映像

動画を見る
動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu グリエルマ 牝2 54 *小牧太 06日栗坂良:52.3-38.2-12.8:馬也

コーディエライト 牝2 54 和田竜二 06日栗坂良:54.3-39.8-12.8:強め

サヤカチャン 牝2 54 松岡正海 06日栗C良:82.9-66.3-51.2-37.0-12.2:一杯

ソシアルクラブ 牝2 54 *福永祐一 06日栗C良:85.1-67.4-51.7-38.2-12.3:馬也

トーセンアンバー 牝2 54 *横山和生 06日南w良:70.9-55.0-40.7-13.7:馬也

トーセンブレス 牝2 54 *柴田善臣 06日南w良:68.3-53.5-39.8-13.8:馬也

ナディア 牝2 54 *四位洋文 06日栗坂良:51.5-38.3-13.4:馬也

ノーブルアース 牝2 54 *鮫島良太 06日栗C良:85.7-70.0-55.0-41.0-13.8:馬也

ハイヒール 牝2 54 *藤岡佑介 07日栗坂良:57.1-41.0-12.7:馬也

マウレア 牝2 54 戸崎圭太 06日南w良:68.6-53.5-39.4-13.7:馬也

マドモアゼル 牝2 54 松田大作 06日南w良:55.4-39.8-13.2:馬也

モルトアレグロ 牝2 54 吉田隼人 06日南w良:54.2-39.3-13.0:馬也

ラスエモーショネス 牝2 54 *幸英明 06日栗C良:50.8-37.8-12.0:一杯

ラッキーライラック 牝2 54 石橋脩 06日栗C良:82.5-66.5-51.0-37.5-11.9:強め

ラテュロス 牝2 54 *北村友一 06日栗C良:82.5-66.4-51.7-38.3-12.3:一杯

リリーノーブル 牝2 54 川田将雅 06日栗C良:83.5-67.0-52.2-38.3-12.1:馬也

レグルドール 牝2 54 高倉稜 06日栗坂良:53.4-38.0-12.3:馬也

ロックディスタウン 牝2 54 ルメール 06日南w良:52.4-37.0-12.9:一杯

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎ラッキーライラック
 リリーノーブル
 トーセンアンバー
 ロックディスタウン
 マウレア

特にラッキーライラックは、1週前に全体時計を詰めて負荷を掛けて、最終は終い重点の理想的な調教過程。追うごとに成長を感じた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line