TOP > 競り > トーセン島川氏も金欠!?大盛況のセレクトセール2日目(7/15)まとめ
競り

トーセン島川氏も金欠!?大盛況のセレクトセール2日目(7/15)まとめ

(一社)日本競走馬協会が主催する【セレクトセール2014(Select Sale)】が7月14日・15日の2日間、ノーザンホースパーク開催された。今回は二日目(15日)の当歳馬セールについてまとめてみた。
DSC_0082.800

セレクトセール2日目も大盛況!!

2日目の最高額は2億5000万
inyofu 前日の1歳馬セールに続いて、この日は当歳馬セールが開催され、社台グループの良血馬を筆頭に220頭が上場された。最高値で落札されたのはアゼリの2014(牡、父ディープインパクト)。2億5000万円(税別=以下同)で、「アドマイヤ」の冠号で知られる近藤利一氏が購買していた。この馬は母アゼリがアメリカでGIを11勝しており、日本のGIを7勝したディープインパクトとの配合で“18冠ベビー”と話題になっていた馬。激しい競り合いの末に、近藤氏が落札した。

◆アゼリの2014
02f73ac53a3b0f0a6e5e3312e5b35fa7
提供:馬市.com
もう一頭の2億円ホースはトーセンでおなじみの島川氏が2億2000万円でアドマイヤキラメキの2014を落札。
アドマイヤキラメキの2014
提供:馬市.com
そのコメントは…?
inyofu  「すごい高い。もうお金ないです。(購入した理由は)兄弟だから、ただそれだけ。何でこんなものに投資するのか、バカみたい」。ぼやいた島川氏だが、本音は違う。「競り始めたら降りたくない。『セリで勝てなきゃ競馬で勝てない』と誰かが言っていましたしね。非常に期待してます。こぴっと頑張ります」。NHK連続テレビ小説「花子とアン」のヒロインの決めぜりふを使って、期待を口にした。
セールの動画は以下のリンクからどうぞ。
9時間近くありますが…(笑)

他の億超えホースは?

2日目のセールでは計6頭が1億円以上で落札された。
inyofu ◎1億円以上で落札された馬(馬名の後は性別、父名、購買者名)
2億5000万円 アゼリの2014=牡、父ディープインパクト、近藤利一氏
2億2000万円 アドマイヤキラメキの2014=牡、父ディープインパクト、島川隆哉氏
1億8000万円 ミュージカルウェイの2014=牡、父ディープインパクト、David Redvers氏
1億5500万円 ピラミマの2014=牡、父ハーツクライ、(株)MMB
1億4000万円 ターフローズの2014=牡、父ステイゴールド、(株)ダノックス
1億4000万円 ウィーミスフランキーの2014=牡、父ディープインパクト、大塚亮一氏
中でも注目は初の1億円ホースを輩出したハーツクライ産駒のピラミマの14。
ピラミマの14
提供:馬市.com
inyofu ピラミマの14(牡)は同産駒最高で、初の億超えとなる1億5500万円で落札された。近親には海外G1馬が並び、半兄にはきさらぎ賞2着のバンドワゴンがいる。(株)MMBの竹内啓安氏は「血統、馬体、歩き方が当歳では抜群。ハーツはディープと同等の種牡馬だと思っているし、成長力は魅力。長い間競馬が楽しめそう」。
ジャスタウェイを筆頭に大活躍中のハーツクライ産駒は、セールを通して注目されたようですね!

セレクトセール2日間通しての売り上げ合計は125億7505万円で、これまで最高記録だった去年の売り上げをさらに上回り、史上最高額となった。去年から2年連続で売り上げを更新し、大盛況の結果となった理由にはセール出身馬の活躍があったからこそだと言えるだろう。今回高額で落札された馬たちも、その期待に応えるような立派な競争馬になってくれるのではないだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line