TOP > エンタメ・雑学 > 2017年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
阪神ジュベナイルフィリーズを制したのがラッキーライラックだった今週の競馬界。
有馬記念人気投票結果発表、香港国際競走の結果など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

ラッキーライラックが勝利!【阪神ジュベナイルフィリーズ】

inyofu 12月10日、阪神競馬場で開催された第11R・阪神JF(GI、芝1600m)は、中団に構えた2番人気ラッキーライラック(牝2、栗東・松永幹)が、直線馬場の真ん中より豪快な伸び脚を披露。ゴール前で詰め寄る3番人気リリーノーブルを3/4馬身差退け、無敗の2歳女王の座へと駆け上がった。勝ちタイムは1分34秒3(良)で、鞍上は石橋騎手。2着に遅れること半馬身差の3着には中団より差し込んできた4番人気マウレアが入った。なお、1番人気に推されたロックディスタウンは直線早目に先頭を窺うも、終い失速し9着、3世代同一GI制覇を狙った5番人気ソシアルクラブは8着に敗れている。

▽配当
単勝11 410円
馬連7-11 920円
馬単11-7 1820円
3連複4-7-11 2160円
3連単11-7-4 8560円
(11.ラッキーライラック、7.リリーノーブル、4.マウレア)
動画を見る
阪神ジュベナイルフィリーズを制したのはオルフェーヴルの娘ラッキーライラックであった。昨年のソウルスターリングに続いて無敗でのG1制覇となり、来年以降の活躍が楽しみである。

有馬記念ファン投票結果発表

inyofu 【有馬記念ファン投票 最終結果】

1位 キタサンブラック(牡5、栗東・清水久) 12万4641票
2位 サトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江) 8万2173票
3位 サトノクラウン(牡5、美浦・堀)    7万9675票
4位 レイデオロ(牡3、美浦・藤沢和)    7万5791票
5位 シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道)  6万6102票
6位 マカヒキ(牡4、栗東・友道)      5万9319票
7位 キセキ(牡3、栗東・角居)       5万8553票
8位 ソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和)5万6372票
9位 ミッキークイーン(牝5、栗東・池江)  5万4839票
10位 ゴールドアクター(牡6、美浦・中川)  4万4085票
今年も1位は予想どおりキタサンブラックであった。果たして最後のレースとなる有馬で勝利して有終の美を飾れるのか注目である。

日本馬は勝利ならず、ネオリアリズム、トーセンバジルが3着に【香港国際競走】

inyofu 競馬の香港国際競走は10日、シャティン競馬場で行われ、G1・4レースに日本馬計8頭が出走し、ネオリアリズム(6歳牡馬、堀宣行厩舎)、トーセンバジル(5歳牡馬、藤原英昭厩舎)の3着が最上位だった。
日本から8頭が海を渡って挑戦した香港国際競走は香港カップのネオリアリズム、香港ヴァーズのトーセンバジルの3着が最高位で、香港カップではステファノス4着、スマートレイアー5着と健闘したが少々残念な結果となってしまった。

藤田菜七子騎手区切りの通算20勝達成!

inyofu 「勝ててうれしい」と喜びを口にした菜七子は、「最後はいい脚を使ってくれる馬なので、自信を持って追いだしました。中京は直線も長いですし、少し難しいコースですね」と振り返り、詰めかけたファンに笑顔を振りまいていた。
今期14勝目、JRA通算で20勝目となる勝利を挙げた藤田菜七子騎手。まだまだこれからの記録だとしても彼女ならこれからも伸ばしていってくれることだろう。

今週のリーディング情報

inyofu 1位 C.ルメール騎手(今週4勝)【187.129.102.60.54.238】(→)
2位 戸崎圭太騎手 (今週1勝)【167.123.93.78.64.368】 (→)
3位 M.デムーロ騎手(今週1勝)【166.97.76.57.53.191】 (→)
4位 福永祐一騎手 (今週2勝)【111.81.75.64.59.308】 (→)
5位 和田竜二騎手 (今週2勝)【92.81.96.104.86.514】 (→)
6位 内田博幸騎手 (今週2勝)【88.75.88.90.77.501】  (→)
7位 川田将雅騎手 (今週3勝)【83.89.70.42.39.239】  (↑)※前週8位
8位 田辺裕信騎手 (今週4勝)【81.80.58.52.49.329】  (↑)※前週10位
9位 吉田隼人騎手 (今週0勝)【81.43.52.50.55.408】  (↓)※前週7位
10位 武豊騎手   (今週0勝)【80.84.62.59.56.252】  (↓)※前週9位

C.ルメール騎手は今週最多の4勝を挙げるも、阪神JFでのロックディスタウン9着敗退など、人気馬での取りこぼしが目立ち、先週までのような大量上乗せとはいかず。ただ、次位の戸崎騎手、M.デムーロ騎手らも勝ち星を伸ばすことができず差は広がる結果となりました。残り3週で20勝差。もはや焦点はルメール騎手の200勝到達なるかどうかに絞られてきているようです。
1位ルメール騎手と2位戸崎騎手の勝利数の差が20勝に。残り3週でこの差を埋めることはよほどのことがないと難しいか。のこり3週、リーディングジョッキーの行方は果たして。

2017年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはC.ルメール騎手の独走のまま最後までいくのだろうか。
阪神ジュベナイルフィリーズではラッキーライラックが勝利、香港国際競走はネオリアリズム、トーセンバジルが3着と健闘したが日本馬が勝利を掴みとることはできなかった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line