TOP > 競走馬 > 「ダノンスマッシュ」波に乗るロードカナロア産駒!重賞初制覇を狙う!【アーリントンC】
競走馬

「ダノンスマッシュ」波に乗るロードカナロア産駒!重賞初制覇を狙う!【アーリントンC】

2歳時から大器の片鱗を見せているロードカナロア産駒のダノンスマッシュが今週のアーリントンCに出走する。前走のファルコンSでは後方からの競馬で伸びあぐねて7着と大敗を喫してしまったが、朝日杯FSで5着と健闘した実力は本物。春の大一番を前に前哨戦で持ち味を発揮できるか。そんなダノンスマッシュについて紹介する。
ダノンスマッシュ

【もみじS】先行し悠々抜け出して完勝!

未勝利戦を中団から悠々抜け出して完勝したダノンスマッシュは今回も1番人気に支持された。雨の中、稍重で行われたこのレースではダノンスマッシュは3番手で競馬を進める。直線では逃げるナムラバンザイを捉えて抜け出すと、最後は3馬身差の完勝劇。地力の違いを見せつけた。
動画を見る
inyofu 1着 ダノンスマッシュ(福永騎手)
「完勝でしたね。いいポジションでレースが出来ました。これまでのように途中で気を抜くこともありませんでした。精神力もついてきて、競走馬としていい形になっています。現状では言うことなしですね」

【朝日杯FS】内から伸びたものの5着

もみじSでは3馬身差の快勝をみせ、このレースでは4番人気に支持される。スタートで出遅れてしまったダノンスマッシュは後方からの競馬となり、直線での末脚勝負に賭ける。しかし、先行していたダノンプレミアムとの差はみるみる広がっていき、ダノンスマッシュ自身も上がり33秒8の末脚をみせたものの追い比べに敗れ5着に終わった。
動画を見る
inyofu 5着 ダノンスマッシュ(福永騎手)
「スタートでトモを落としたのか躓いてしまい、落馬しかかりました。ペースが流れませんでしたから、アクシデントが痛かったです。それでも終いまで伸び続けていますし、普段はスタートのいい馬ですから、今日は残念です」

【ファルコンS】内に包まれ追いだし遅れで7着大敗・・・

朝日杯FSでの成績から今回は堂々の1番人気に支持される。スタートで出遅れ、道中は前走同様後方から競馬を進めるが、直線に入ると内が詰まってしまい追い出しが遅れてしまう。外から勢い良く差してきた馬にも交わされてしまい7着に敗れた。
動画を見る
inyofu 7着 ダノンスマッシュ(戸崎圭太騎手)
「出負けして後ろからになってしまいました。その後も伸びあぐねた感じでした」

アーリントンCの傾向!早期デビュー馬に注目!

inyofu 2010年以降のアーリントンCでは、「9月の2週目までにデビューし、そこで2着以内に入っていた」という馬の連対が多い。3歳春のマイル戦だけに、スピードと完成度がモノを言うところがあるのかも。今年も早い時期から結果を残していた馬に注目する手はあるだろう。

ここ2戦は自身の走りを見せられていないが、もみじSで見せたあの脚は本物である。外回りコースを使用するアーリントンCは実力を発揮するのにはもってこいの舞台。父ロードカナロア譲りの豪脚をみせてほしいものだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line