TOP > 競走馬 > 「タワーオブロンドン」実力はナンバーワン!GI制覇へ軌道に乗せたい!【アーリントンC】
競走馬

「タワーオブロンドン」実力はナンバーワン!GI制覇へ軌道に乗せたい!【アーリントンC】

京王杯2歳Sを制したレイヴンズパス産駒タワーオブロンドンがアーリントンCに出走する。新馬戦で逃げ切り勝ちを収めると、その後はききょうS、京王杯2歳Sを差す競馬で連勝し、4戦3勝で挑んだ朝日杯FSでは馬群を縫って差し脚を伸ばして3着と好走。GI制覇を目指してこのレースから再発進していく。そんなタワーオブロンドンについてまとめてみた。
タワーオブロンドン

【ききょうS】段違いの末脚で勝利!

一頭だけ違う脚色を見せた。スタートから下げて後ろにつけての競馬を選択し、4コーナーあたりで外に持ち出して直線に入る。徐々に加速していくと、一気に前の馬たちを交わしていき、最後まで他馬に並びかけられることなく1着でゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 タワーオブロンドン(C・ルメール騎手) 「スタートは速くありませんでしたが、いい流れになり、ちょうど良かったです。直線の反応がとても良かったですし、坂も問題ありませんでした。前走1500mでは最後止まりましたし、体もスプリント体型。スピードがありますし、距離は短い方がいいと思います」

【京王杯2歳S】一気に差し切り重賞初制覇!

追い出しを開始してからの脚は目を見張るものがあった。1枠1番ということもあり、レースでは中団に待機し、内々を回り脚を溜める。直線に入り、外に持ち出して追い出しを開始すると、一気に前の馬を抜き去っていった。2着の重賞馬カシアスに2馬身差をつける完勝で大舞台への駒を進めた。
動画を見る
inyofu 1着 タワーオブロンドン(ルメール騎手) 「強い馬です。前回は楽勝でしたが、今日はステップアップしてたくさんいい馬がいましたが、自信がありました。調教の動きも良く、馬の状態は良かったです。いいスタートから流れに乗って、いい反応でした。1600mも大丈夫でしょうが、体はスプリンターで、力はとてもあります。1600mはギリギリかもしれませんが、期待します」
inyofu (藤沢和雄調教師) 「いいスタートでしたし、内容は良かったです。この後は放牧に出して、朝日杯FSも候補に入れて、次のことを考えます」

【朝日杯FS】差し脚を伸ばして3着!

前半は先行集団の内目の密集したところを通るが、少しりきむ場面もあったが、折り合いも何とかついて最終コーナーを回ると、ダノンプレミアムの後ろをついて上がっていく。残り100mで2番手まで浮上するも、大外から追い込んできたステルヴィオに差され3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 タワーオブロンドン(ルメール騎手) 「いい競馬でした。でも少し引っ掛かりました。その分、すぐに反応出来ませんでしたが、また伸びてくれました。もう少し短い距離の方がいいと思います」

【アーリントンC】追い切り 一気に加速して先着!

inyofu 朝日杯FSの3着馬タワーオブロンドン(写真右)は坂路で僚馬2頭の最内を追走。ラスト2ハロン付近から一気に加速して前を捕らえにかかり、最後は1馬身先着してフィニッシュした(4ハロン53・5―38・8―13・1秒)。
inyofu 藤沢和調教師「順調。ここを目標に2か月ほど前に戻して、しっかりと乗り込んできた。朝日杯FSは残念だったけど、上位2頭は強かったから仕方ないかな。改めて期待したい」

アーリントンCの傾向!オープンクラスでの成績にも要注目

inyofu 過去10年のアーリントンCでは、「4走前までにオープンクラスのレースで3、4着となっていた」という馬が2008年と2011年を除き連対している。今年も出走各馬はさまざまな臨戦過程を経てこの一戦に臨んでくるだろうが、こういった成績を持っている馬がいないかどうか、チェックしておくことをお勧めしたい。
inyofu 2010年以降のアーリントンCでは、「9月の2週目までにデビューし、そこで2着以内に入っていた」という馬の連対が多い。3歳春のマイル戦だけに、スピードと完成度がモノを言うところがあるのかも。今年も早い時期から結果を残していた馬に注目する手はあるだろう。

前走のレースコメントからもルメール騎手は短めの距離が良いとのことだが、上位2頭のレベルを考えれば多少距離の長いマイルでも世代上位の力はあるはず。素質馬が多くいるが、破壊力のある末脚で実績最上位の力をふんだんに見せつけたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line