TOP > レース > オジュウチョウサンGI4連勝なるか!?【第140回中山大障害】
レース

オジュウチョウサンGI4連勝なるか!?【第140回中山大障害】

2017年12月23日(土・祝)に中山競馬場で行われる芝4100mのGIレース【第140回中山大障害】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【中山大障害】歴史

inyofu 本競走は、1934年に当時の中山競馬倶楽部理事長であった肥田金一郎氏が、東京競馬場の東京優駿(日本ダービー)に匹敵する中山競馬場の名物レースとする目的で創設した障害競走である。第1回は同年秋に『大障害特別』の名称で行われ、翌1935年から春と秋の年2回開催となった。その後、度重なる名称変更を経て、1948年秋から現在の名称である『中山大障害』として定着している。
inyofu 何度かの距離変更を経て1972年秋からは創設時の4100mに戻され、障害レースのスピード化に伴う事故防止のため障害の規模を多少縮小したものの、我が国では最も難度の高いレースで、『華の大障害』と呼ばれ親しまれており、障害を飛越する馬の迫力は平地競走とはまた違う醍醐味を感じさせる。
inyofu 1999年に障害競走の改革に伴うグレード制導入により、本競走は最高峰のJ・GⅠに格付けのうえ、負担重量も別定から定量に変更された。また、同年から春季は『中山グランドジャンプ』としてリニューアルされたため、『中山大障害』は秋季のみの開催となったが、暮れの中山競馬を彩る障害のビッグレースとして、多くのファンに親しまれている。

コースの特徴

inyofu 中山・障害4100m(芝・内回り)

「大障害コース」を舞台に争われるのは、春の中山グランドジャンプと同じ。とはいえ、中山グランドジャンプと異なり、中山大障害では1号坂路(谷)を越えたあと内回りコースに入り、向正面の竹柵(第4障害)を飛越した後、3コーナーに設けられている3号坂路(谷)といけ垣(第5障害)を経て最後の直線を迎える設定となっている。距離は中山グランドジャンプ(4250m)より150m短く、最後の直線に置き障害は設置されていないものの、中山グランドジャンプと比べても遜色のないタフな舞台といえる。また、インとアウトが入れ替わる襷(たすき)コースを2度通過するだけに、距離のロスを極力抑えるためのコース取りも、勝負の行方を決する重要なポイントだ。

2016年【第139回中山大障害】

動画を見る
昨年の同レースでは、オジュウチョウサン(和田郎厩舎、父ステイゴールド)が圧勝した。

【中山大障害】レース傾向

inyofu 上位人気馬が優勢

過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を調べると、2010年に12頭立て10番人気のバシケーンが優勝しているが、基本的には上位人気馬が優勢。連対馬20頭のうち18頭は、単勝5番人気以内の馬となっており、単勝オッズでは10倍未満の支持を受けた馬が優勢だ。ただ、2001年の優勝馬ユウフヨウホウ、2002年2着のメイショウワカシオ、2005年2着のメルシーエイタイム、2010年の優勝馬バシケーンと、近年は「10番人気馬」が好走したケースもあるだけに、伏兵馬にも注意を払いたいところだ。
inyofu 6歳以下の馬が好成績

過去10年の年齢別成績を調べてみると、優勝馬10頭のうち9頭は6歳以下だった。しかし、2着には4歳馬が1頭も入っておらず、5歳馬と6歳馬で計9頭となっている点は興味深い。ちなみに、7歳馬で優勝したのは、前年も優勝していたキングジョイ(2009年)。過去10年で8歳以上の馬は、3着以内に1回も入っていない。
inyofu 前走のレース別成績もチェック

過去10年の出走馬の成績を前走のレース別にまとめてみると、好相性を示しているのが「東京ハイジャンプ」組。続いて、「関西の障害重賞」となっている。前哨戦として中山競馬場で行われている「イルミネーションジャンプS」組は2頭が優勝しているものの、勝率はいまひとつ。しかし、3着以内には延べ10頭が入っている。また、同じオープン特別であり東京競馬場で行われる「秋陽ジャンプS」組も、2頭が優勝を飾っている。また、前走が障害競走だった馬を対象に、そのレースでの着順別成績をまとめてみると、連対馬16頭中15頭は前走で4着以内に入っていた。
inyofu 近走の競馬場にも要注目!?

過去10年の中山大障害では、「3走前までに中山・東京・京都・阪神以外のレースに出走していた馬」が2012年を除いて連対している。今年も出走馬の中にこの経歴を持っている馬がいないかどうか、チェックしておくことをおすすめしたい。
過去のレース傾向では、【単勝10倍未満】【6歳以下】【前走東京ハイジャンプ】【3走前までに中山・東京・京都・阪神以外に出走】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第140回中山大障害】登録馬

inyofu オジュウチョウサン
アップトゥデイト
サンレイデューク
シンキングダンサー
マイネルフィエスタ

ルペールノエル
テイエムオペラドン
ミヤジタイガ
ユウキビバワンダー
スズカプレスト

ウインヤード
ビコーピリラニ
クラシックマーク
クランモンタナ
サムライフォンテン
フルゲート16頭に対して今年は15頭が登録されている。もちろん全頭出走可能だ。

【第140回中山大障害】予想オッズ

inyofu 1 オジュウチョウサン 1.4
2 アップトゥデイト 3.5
3 クランモンタナ 7.9
4 ミヤジタイガ 16.1
5 ルペールノエル 21.0
6 スズカプレスト 28.0
7 サンレイデューク 34.3
8 マイネルフィエスタ 47.7
9 シンキングダンサー 56.4
10 テイエムオペラドン 129.4
11 クラシックマーク 199.8
12 サムライフォンテン 258.9
13 ユウキビバワンダー 277.8
14 ウインヤード 307.9
15 ビコーピリラニ 1139.1
現時点(水曜)での予想オッズでは、オジュウチョウサンが圧倒的に人気を集めている。

【第140回中山大障害】有力馬は!?

【6歳以下】【前走東京ハイジャンプ】
オジュウチョウサン
inyofu 春の中山グランドジャンプを快勝した後、軽度の骨折が判明。それでも、経過が良好で前走の東京ハイジャンプで復帰を果たした。あくまでステップレースと思われたが、結果は約12馬身の大差をつける圧勝。力の違いをまざまざと見せつけた。これで障害戦は7連勝。その勢いは、衰えるどころかますます増しているようにさえ思える。「弱点らしい弱点がないのがこの馬のいいところ」と和田郎調教師が愛馬に寄せる信頼は絶大。

アップトゥデイト
inyofu オジュウチョウサンには何度も煮え湯を飲まされている形だが、衰えのない安定感は高く評価できる。前走も楽に先手を取って6馬身差V。中山の障害コースでは5戦してすべて3着以内と、難しいコースをむしろ得意にしている。連下の最右翼とみていいだろう。

【6歳以下】
シンキングダンサー
inyofu ここ4戦で3勝と地力強化が目立つのはシンキングダンサー(美浦・武市康夫厩舎、牡4歳)だ。障害馬としてのキャリアは浅く、中山コースも2度しか経験していないが、落馬経験がなく脚質も自在性に富む。手の内に入れている金子光希騎手とのコンビで、世代交代を果たすか。


有馬記念と並ぶ暮れの風物詩でジャンプ界一年の総決算となる第140回中山大障害
注目なんといってもオジュウチョウサンで昨春からGIを3つを含む重賞7連勝中。
軽度の骨折で半年間の休養明けだった前走東京ハイジャンプは2着に大差をつける圧勝だった。
4連勝の偉業達成なるかに注目が集まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line