TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年12/18(月)~2017年12/24(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年12/18(月)~2017年12/24(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年12/18(月)~2017年12/24(日)版。
先週はこちらの8ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、水沢(月、土日)、浦和(月〜金)、金沢(木金)、名古屋(月、水〜金)、園田(火〜木)、高知(火水)、佐賀(土日)
馬キュレ

2017年12/18(月)~12/24(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は12月20日(水)名古屋競馬場の7R「B5組」での1,506,270円であった。

永井孝典騎手新人最多勝!

inyofu (永井孝典騎手のコメント)
「自厩舎の馬で33勝目を飾れてうれしかったです。新人最多勝記録を作ることができたのも応援してくれるファンの皆様や関係者のおかげで、感謝しかありません。まだ、うまく乗れていないレースもたくさんあるので、もっと上手く乗れるように努力していきたいです。騎手学校同期の渡邊達也騎手(笠松・34勝)に勝てるように頑張ります。引き続き応援のほどよろしくお願いします」
19日、園田10Rでサカダッシュで1着となり、永井孝典騎手が、兵庫競馬の新人最多勝記録となる33勝を達成。これからのさらなる飛躍を期待したい。

松浦政宏騎手引退

inyofu (松浦政宏騎手のコメント)
「ボクは再デビューさせてもらって、ただただ、いい人、いい馬に巡り会えて価値のある騎手人生が送れたと思います。どれだけファンの皆様や関係者の期待に応えられたかはわからないですが、力を出し尽くした気持ちです。ファン・スタッフ・関係者の皆様、本当にありがとうございました」
1991年にデビューし、2006年に一度騎手を引退。2010年に再び騎手免許試験に合格して2010年9月16日に再デビューした松浦政宏騎手が21日に引退した。

キョウワカイザーが史上初の3連覇【中島記念】

inyofu 24日、佐賀競馬場で行われた第33回中島記念(3歳上・ダ1800m・1着賞金300万円)は、2番手でレースを進めた真島正徳騎手騎乗の2番人気キョウワカイザー(牡7、佐賀・大垣敏夫厩舎)が、最後の直線で逃げた3番人気ウルトラカイザー(牡9、佐賀・真島元徳厩舎)を捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒9(良)。
勝ったキョウワカイザーはこれで2015年、16年に続く中島記念、3連覇達成となった。

メジロゴーリキが3歳頂点に【ばんえいダービー】

inyofu 24日、帯広競馬場で行われた第46回ばんえいダービー(3歳・200m・1着賞金150万円)は、第2障害を最初にクリアした長沢幸太騎手騎乗の2番人気メジロゴーリキ(牡3、ばんえい・岡田定一厩舎、積載重量730kg)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の9番人気マツカゼウンカイ(牡3、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量730kg)に4.9秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分7秒7(馬場水分1.3%)。
3歳馬の頂点に輝いたのは2番人気に推されたメジロゴーリキ。見事な逃げ切り勝ちでの勝利であった。

先週の地方競馬のニュース。今週は名古屋競馬場で150万馬券の高配当が最高額であった。永井孝典騎手の新人最多勝、松浦政宏騎手の引退、そしてキョウワカイザーの3連覇などに話題が集まった。今週はついに東京大賞典が開催される。果たして栄冠を手にするのはどの馬か。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line