TOP > コラム > 来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年12月24日版】
コラム

来年のクラシックホースは、この馬だ!2歳新馬戦・相馬眼決定戦!【2017年12月24日版】

クラシックホース
皆さんこんばんは!
現在1位独走中の2号です。

というわけで、まずは本日までのポイントから参りましょう。

2号→843pt(暫定1位)
9号→729pt(暫定2位)
10号→545pt(暫定3位)
11号→474pt(暫定4位)
5号→473pt(暫定5位)
8号→467pt(暫定6位)
4号→410pt(暫定7位)
6号→288pt(暫定8位)
3号→248pt(暫定9位)
7号→213pt(暫定10位)
1号→98pt(暫定11位)

9号との差がちょっと詰まってきているのが気になりますが(今日も9号+60pt、私+30pt)、残る新馬戦はあと2回。

ここまで2回に1回のペースで新馬戦1着馬を当てていますし、誰かの指名馬からホープフルS馬でも出ない限り、私の逃げ切りは濃厚でしょう。
(ホープフルSは現時点で私が指名したトライン、5号が指名したジュンヴァルロ、9号が指名したステイフーリッシュが出走を予定しています。実際に出走すれば+50pt、2着だった場合+200pt、勝てば+500pt!)

最下位は1号師匠でしょうか、その場合の罰ゲームは私が考えるんでしょうか。それとも強制的にアキラ100%ですか?
ともあれ最終日までまだまだ気が抜けませんし、5号がホープフルS一発で逆転優勝!という可能性もありますので、勝った後のことは実際に勝ってから考えようと思います。

というわけで、日曜の皆さんの指名馬はこちら!


1号 中山5R
◎13 アルスラーン

中山の芝が上手い種牡馬といえば、ステイゴールド系だが、忘れてならないのが、ネオユニバース~ヴィクトワールピサのこの血脈、そして、古くは、フジキセキ。

この馬、父系も母系も中山巧者で、心肺機能も相当高いと評判。
中山2000mの新馬は、心肺機能がモノを言うから、ここは間違いなく好勝負じゃなかろうか!


3号 阪神6R
◎2 シンハラージャ

有馬記念の裏で行われる阪神の新馬戦。セレクトセールで2億超えだったダノンマジェスティが人気を集めそうね。でもアタイはシンハラージャから。半姉にオークス馬シンハライト(父ディープインパクト)や重賞勝ち馬リラヴァティ(父ゼンノロブロイ)などがいる一族ね。基本的に仔出しがよく、中央でデビューした兄姉は全頭が勝ち上がり。動きや評判を聞く限り、それに続けるだけの素質を秘めてそうよね。「父(オルフェーヴル)譲りのきれいな栗毛。気性も似ていい意味で前向きだから、初戦から期待できそう。まず勝ち負けじゃないか」と、関係者。ってことでシンハラージャで勝負よ!


4号 阪神6R
◎4 ダノンマジェスティ

32回戦が終了時点の吾輩の順位は相変わらずの11人中暫定7位でござるよ。今日の勝負馬だったキタノコマンドールが見事に2番人気で勝ってくれたおかげで60ポイントの加点に成功したでござるよ。しかし、ゴール直前でキタノコマンドールが斜行して長い長い審議になった時はサトノグロワールとの馬連をたくさんもっていたから肝を冷やしたでござるよ。ともあれ降着にならなくて良かったでござるよ。そして話題だったDMMバヌーシーの所有馬が初勝利!北野武さんの運気も手伝ったのかもしれないY。しかし3頭目4戦目での初勝利は上出来なりよ。
そして明日の勝負馬は、阪神6レースに出走して来るディープインパクト産駒の牡馬◎ダノンマジェスティでござるよ。今年の皐月賞馬アルアインの全弟にあたり、最終追い切りは今回騎乗する和田騎手を背に古馬と併せて先着、好時計を叩き出している。音無先生は「まだ少し緩い。」と控えめなコメントを出しているが、今日のキタノコマンドールのそうだが潜在能力だけで勝ち切る可能性は十分にある。
それでは最後に◎ダノンマジェスティの圧勝を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。


5号 阪神6R
◎3 ワイズワン

血統が凄い馬だらけで、この馬は地味だけど、芝外回り1800mの我慢比べなら、キンカメ産駒の出番があってもいいと思います。
みんなの逆を行かないと、逆転出来ないので、こちらの可能性に賭けます。


6号 中山5R
◎3 ドナファウスタ

久しぶりにダート新馬戦を解禁!と意気込んではみたものの、8番人気8着という、まったく面白くない結果に。。
注目したインバッティービレはスタート後にズルズルと後退していったので"あれ?故障かな!?"と思いましたが、どうやら行き脚がつかなかった模様。ただ、4角で絶望的な位置から最後はそれなりの脚をつかって8着まで押し上げていますので、ダートスタートのコースで見直したいところです。もし、その時に覚えていたら馬券を買ってみるとよいと思いますよ!

さて。残りは全部ダート新馬戦で勝負!と宣言しましたが、日曜日には芝の新馬戦しかありませんので(笑)、注目馬は中山5Rの◎ ドナファウスタ にしようと思います。
ドナファウスタの半兄は、2歳時に南関でデビューして破竹の6連勝を飾ったポッドガイ。ポットガイの活躍を知っているだけに、半妹ドナファウスタの活躍にも期待をせずにはいられません。ただ、それならば活躍の場はダートになるのでは?という疑問が浮かびますが、父がオルフェーヴルに替わったことで、適性がどう変わるでしょうか?そのあたりにも注目してみたいと思います。
なお、ドナファウスタを管理する武市調教師と津村騎手は、ポッドガイが中央へ移籍した時にお世話になったコンビ。こういう人の繋がりを知っていると、競馬はいっそう面白くなりますね。


7号 阪神6R
◎8 サンティーニ

日曜日は新馬戦が2本しかないから、印が被りそうだね。
9号はこの前アキラ100%をやらされてるのに、「こんなの気にしないっすもん、順位は俺の方が上だし」なんていって息巻いていた。今の順位は相当に嬉しいようだ。おそらく、今日もシンハラージャあたりで「勝利の法則」発動!ってな感じだろうから、俺は、サンティーニでシンハラージャを負かしに行く!笑
母父マキャヴェリアン父ダイワメジャー。
インカンテーションの弟だが、シニスターから父が替わって芝でも行けそうな雰囲気。まぁ、シンハラージャは兄弟同様後ろからの競馬だろうし、2億4000万の瞳のダノンも逃げまではしないだろうから、長く良い脚を使いそうなサンティーニ松若が逃げて、早めスパートで押し切っちまえ!ってな感じのイメージでの指名ね。ダノンとシンハがキレキレだったら、ジエンドだが、まぁ、こういう狙い方もありだろ!


8号 阪神6R
◎8 サンティーニ

阪神芝1800mという条件を見つけた場合、是非軽視しないでほしいのがダイワメジャー産駒。

父ディープインパクト
93-60-55-323/531
単回値86 複回値80

父ダイワメジャー
19-14-16-93/142
単回値311 複回値118

人気は低くとも、ディープ産駒ばりの馬券圏内率。
血統面だけでなく、馬自体も動きが抜群。最終追い切りではなく、注目は兄インカンテーションと追い切った14日のもの。コンマ5秒追い掛けて古馬オープン馬相手にコンマ3秒先着。
2億馬ダノンの動きもいいですし、姉にシンハライトを持つシンハラージャも動きはいいですが、この想定オッズ差なら、こっちから入ります。


9号 阪神6R
◎2 シンハラージャ

中畑清張りに絶好調です。7号さんに「つまらんよね。」とか罵られても全然気にしません。だって順位が物語っていると思いますから。笑 本日も「勝利の法則」様様のおかげで60ポイントの加算が出来ました。余りにも当たるのでなんか怖くなって来ました。2号さんとのポイント差も114ポイントまで縮まり2号さんの背中が見えて来ました。本日のGl中山大障害のオジュウチョウサンではないですがゴール前でキッチリ2号さんを差し切りたいと思います。。

明日の新馬戦ですが、東西で1レースづつの合計2レースしかありません。東西トラックマンのイチオシ推奨馬をサクっと発表させて頂きます。
・中山5R>ウムラオフ
・阪神6R>ダノンマジェスティ

そして、明日の新馬戦2レースの「勝利の法則」の該当馬は以下になります。
・中山5R>アルスラーン
・阪神6R>シンハラージャ

結論ですが、明日の指名馬には阪神6レースに出走するオルフェーヴル産駒の牡馬◎シンハラージャを指名させて頂きます。シンハリーズの8番目の子で兄姉7頭の内4頭が新馬勝ちを飾っています。特に直近の3頭....半兄アダムスブリッジ(父ゼンノロブロイ)→半姉シンハライト(父ディープインパクト)→半姉ミリッサ(父ダイワメジャー)は新馬勝ちを決めており心強いデータです。半姉シンハライトは言わずとしてたGlオークスを制覇した名牝です。デビューに向けて順調に調教が進められてきたようで馬体は完全に仕上がっているようです。一頭超良血のディープインパクト産駒がいますが遜色無さそうです。ま、僕の場合「勝利の法則」様様に従うだけ何ですけどね。笑

覆面馬主9号 拝


10号 阪神6R
◎2 シンハラージャ

ダノンマジェスティが1番人気でしょうか。
和田竜二騎手騎乗ってのがいいですね。有馬記念でいい騎手がいないとはいえ、
和田騎手がずっと主戦なら応援したい馬です。
しかしここではこちらも注目の血統シンハラージャ。シンハライトの妹ですね。
母シンハリーズのすばらしさは、父が違っても強い馬が生まれるというところ。
一つ上のミリッサはダイワメジャー産駒でしたが、能力は相当なものがあると思います。
ただ、いかんせん馬体重が足りなかった。そこが出世を阻んだ大きなところですが、
この馬は450kgはありそうで安心。オルフェーヴル産駒は牝馬が活躍していますし、
一発当たるとでかい種牡馬です。ハズレのない母から生まれるのは、果たして…。注目しましょう!


11号 中山5R
◎11 バスクインザサン

今回はハーツクライ産駒のバスクインザサンに注目する。母父はシンボリクリスエスで、父と母父が有馬記念の勝ち馬。「競馬のカリスマ」のイベント予想みたいな選び方だが、祖母にフジキセキの母ミルレーサーもいて牝系も良い。特にミルレーサーは走る仔ばかりを出した良質の繁殖牝馬。代を経ているものの、バスクインザサンも将来に大きな可能性を抱けそう。なお、例によって今回もコースで追い切った馬を狙っている。やっぱり新馬は息を作ってから出走しないと人気を背負っても飛ぶときがある。ともかくコースで乗り込んだ馬を狙うのがワシのセオリー。ちなみに今週はウッドコースで併走馬に遅れたが、相手は有馬記念に出走するルージュバック。相手に選ばれるくらいだから、この馬も十分に動く。ということで、今回はこの馬で勝負!


最後に私、2号の指名馬を発表します!

2号 阪神6R
◎2 シンハラージャ

2億円超えのダノン馬も出走してきますが、現2歳世代のダノン馬といえば、何といっても朝日杯馬の『プレミアム』。いかにも特別感のある名前を他に取られ、高額なこちらが『冠名+母馬の一部』という無難なものになっている点から推察する限り、4番ダノンマジェスティの期待値は中の上か上の下あたり(少なくともプレミアムよりは下)なのでしょう。

対するこちらはアダムスピーク、リラヴァティ、シンハライトの半弟という血統のオルフェーヴル産駒で、聞くところによると「負けたら困るレベルの馬」なのだとか。オルフェーヴル産駒は平均打率こそ低いものの、ホームラン級の馬はかなり強く、この馬も『当たり』の方だと見ています!

以上、本日は2号がお送りしました。
最終日の28日分(27日更新)は、現在最下位の1号師匠がコラムを担当する予定ですので、お楽しみに!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line