TOP > コラム > 成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2018年1月6日版】
コラム

成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2018年1月6日版】

成り上がり夫婦のドリーム馬券術
洋子のお正月、それはそれは壮絶な三日間だった。

実は、「洋子としっぽり!日本のお正月!」
という企画を販売していたのだが、なんと、この企画の参加者が100名を超えてしまい、急遽、山形の古びた旅館数軒を予約で満タンにしたのだった。
つくづく寂しいオッサンが多いのだ。
31日から、3日まで。
みんなで飲みながら紅白歌合戦を観て、その後、歌い初め!元日は、朝からおせちとお雑煮を頂き、その後は、花札に麻雀、チンチロリンにポーカーと博奕大会!
疲れたら、温泉でゆったり!
洋子と圭子の美人姉妹が、何から何まで世話を焼いてくれて、豪遊出来る三泊四日。
これで、一人50万円なり!
参加者が、120名だったというから、売り上げはとんでもないことになっている。

そんなこんなのお正月、空前絶後のお年玉的なキャッシュを手に、姉妹はヘロヘロになって帰ってきたのだった。

圭子「お姉ちゃん、もう、私、肌がやばいよ。温泉入りすぎだよ、これ。湯あたりしまくり千代子だよ。」

洋子「あ~ら、あんた、面白いこと言えるようになってきたじゃん!だってお正月企画に、オッサンたちが、来すぎたかお、だからね。」

圭子「来すぎ、えつこの方がいいんじゃない?」

洋子「そういうなら、オッサンが、多すぎれん、ってのは?」

圭子「それは、ないな。」

とまあ、こんな調子で、二人とも超ごきげんだ。
それもそのはず、売り上げが四日間で、6000万、原価は、1500万ちょいで仕上げてるから、二人の手元に4500万くらいは、あるって訳。

洋子「何だかさ、アメリカの株も爆上げだしさ、タンタン麺屋のオヤジに言われて、日本の銀行株買ってたら、それまた爆上げでさ、お金が増えて仕方ないわ。」

圭子「だったら、私がいくらでも使ってあげるって。ちょうだいよ。」

洋子「いやよ、お金はいくらあっても困らないからね。」

「あんたら姉妹のエネルギーには、頭が下がるわ。せっかくだから、金杯で勝負でもしたら?」

洋子「そうね、競馬初めね。」

というわけで、中山金杯で、姉妹対決となった。

続きは【競馬のカリスマ】で公開!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line