TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/15(月)~2018年1/21(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/15(月)~2018年1/21(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/15(月)~2018年1/21(日)版。
先週はこちらの6ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、船橋(月〜金)、名古屋(月〜金)、園田(火〜金)、高知(火水、日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2018年1/15(月)~1/21(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は1月17日(水)船橋競馬場の4R「アジュディミツオー・メモリアル3歳一」での1,162,200円であった。

NARグランプリ2017発表!ヒガシウィルウィンが年度代表馬に

inyofu 15日、NAR地方競馬全国協会より『NARグランプリ2017』の表彰馬・表彰者が発表され、年度代表馬はヒガシウィルウィン(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)となった。同馬は3歳最優秀牡馬も併せて受賞した。
inyofu 【NARグランプリ2017 表彰馬】
※馬齢は2017年のもの。
※所属は現在と異なる場合がございます。

■年度代表馬:ヒガシウィルウィン(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)

■2歳最優秀牡馬:ハセノパイロ(牡2、船橋・佐藤賢二厩舎)

■2歳最優秀牝馬:ストロングハート(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)

■3歳最優秀牡馬:ヒガシウィルウィン(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)

■3歳最優秀牝馬:ステップオブダンス(牝3、大井・藤田輝信厩舎)

■4歳以上最優秀牡馬:ブルドッグボス(牡5、浦和・小久保智厩舎)

■4歳以上最優秀牝馬:ララベル(牝5、大井・荒山勝徳厩舎)

■ばんえい最優秀馬:オレノココロ(牡7、ばんえい・槻舘重人厩舎)

■最優秀短距離馬:ブルドッグボス(牡5、浦和・小久保智厩舎)

■最優秀ターフ馬:ダブルシャープ(牡2、北海道・米川昇厩舎)

■ダートグレード競走特別賞馬:コパノリッキー(牡7、栗東・村山明厩舎)
年度代表馬に選ばれたのは東京ダービー、ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンであった。また、今年有終の美を迎えたコパノリッキーはダートグレード競走特別賞馬で表彰された。

的場文男騎手と臼井健太郎騎手が殊勲騎手賞を受賞

inyofu 的場騎手は12月30日の東京シンデレラマイルなど、還暦を過ぎてもなお自身の最高齢重賞勝利記録を塗り替える活躍を続けていることが評価されてのもの。

 臼井騎手は2017年に新設された「ヤングジョッキーズシリーズ」において中央・地方の騎手を相手に総合優勝、初代王者に輝いたことが評価されてのもの。
NARグランプリ2017において、的場文男騎手と臼井健太郎騎手が、顕著な活躍があった騎手に与えられる「殊勲騎手賞」を受賞。どちらも初受賞となった。

ビュレットライナー引退!

inyofu  ビュレットライナーは、父サンデーサイレンス、母カウンテスステフィ、その父Geiger Counterという血統。2004年9月にデビューし、中央競馬では23戦1勝。6歳時の2008年からはホッカイドウ競馬で出走、2009年から引退までは岩手競馬に在籍した。
種牡馬として輝かしい結果を残しているサンデーサイレンス産駒の最後の現役馬ビュレットライナーの引退が発表された。ディープインパクトと同世代で16歳での引退となった。今後は千葉県の東関東馬事専門学院で第二の馬生を送るとのこと。

サムライドライブ圧勝!【新春ペガサスC】

inyofu 16日、名古屋競馬場で行われた第20回新春ペガサスC(3歳・ダ1600m・1着賞金250万円)は、先手を取った丸野勝虎騎手騎乗の1番人気サムライドライブ(牝3、愛知・角田輝也厩舎)が、そのまま直線に入ってリードをさらに広げ、最終的に2着の2番人気ドリームスイーブル(牡3、笠松・笹野博司厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒4(稍重)。
動画を見る
新春ペガサスCで1番人気に推されたサムライドライブが無傷の6連勝で圧勝した。重賞もこれで3連勝となり向かう所敵なしの状態である。

アピアが人気に応え勝利【船橋記念】

inyofu 17日、船橋競馬場で行われた第62回船橋記念(4歳上・ダ1000m・1着賞金1200万円)は、中団からポジションを上げていった御神本訓史騎手騎乗の1番人気アピア(セ7、大井・藤田輝信厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、後方から追い上げてきた8番人気サトノタイガー(牡10、浦和・小久保智厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは59秒4(良)。
動画を見る
船橋記念を制したのは1番人気に推されたアピアであった。また、このレースで、御神本訓史騎手は騎手免許の再取得後初の重賞制覇となった。

大雪の影響で1月23日大井競馬全競走中止に

inyofu 本日1月23日に開催を予定していた大井競馬は、降雪の影響による走路のコンディション不良のため、全レースが取り止めとなった。また、明日開催される交流重賞・TCK女王盃の前日発売、そして高知競馬の場外発売も中止と発表。なお本日の勝馬投票券は、全競走が返還の対象となる。
馬場回復のため作業を行っていたが、想定以上の降雪で1月23日(火)大井競馬場での開催は全走取りやめとなった。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻では船橋競馬場での1,162,200円が最高額であった。ヒガシウィルウィンが年度代表馬に選ばれた先週。コパノリッキーもダートグレード競走特別賞馬で表彰されたほか、的場文男騎手、臼井健太郎騎手は「殊勲騎手賞」を受賞した。サムライドライブやアピアの人気に応えた走りも素晴らしかった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line