TOP > 競走馬 > 「サイタスリーレッド」ブリンカー装着で集中力アップ!【根岸S】
競走馬

「サイタスリーレッド」ブリンカー装着で集中力アップ!【根岸S】

昨年破竹の勢いで重賞ウイナーの仲間入りを果たしたサイタスリーレッドが根岸Sに出走する。昨年春のダート転向後破竹の4連勝を飾ると、浦和の交流重賞オーバルスプリントで戸崎圭太騎手を背に軽快に逃げ切り重賞初制覇を飾った。しかし、JBCスプリントを賞金不足で除外されると、室町S、カペラSでは見せ場なく惨敗。前走の兵庫GTでは3着を確保したものの、3コーナーで後ろから馬が来て耳を絞って失速するという不安が残る内容だった。それでも今回はその課題を克服するための秘策を用意しているという。そんなサイタスリーレッドについてまとめてみた。
サイタスリーレッド

【栗東S】ダート転向から破竹の4連勝!

3番枠から五分のスタートを切り、5,6番手でレースを進める。道中は砂を被りながらも折り合いが付き、直線ではメンバー最速の末脚で内目から鋭く伸び、コウエイエンブレムに2馬身差をつけ4連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 サイタスリーレッド(高倉稜騎手) 「前走では砂を被って嫌がっていましたし、今日は枠やメンバーがそろっていることを考えると、嫌だなと思っていました。しかし、砂を嫌がりながらも、前走で被っていた分、大人な走りが出来ていました。ペースも楽でしたし、じっと出来ました。今日の競馬ができたら、今後は幅が出ると思います」

【オーバルスプリント】浦和巧者の戸崎騎手を背に重賞初制覇!

7番枠から好スタートを切ると、戸崎騎手が気合をつけてレースの主導権を握る。淡々と逃げながらも道中でうまく息を入れることもでき、3コーナーの下り坂をうまく利用して再加速すると、最後の直線では後続を楽々と振り切り重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 サイタスリーレッド(戸崎圭太騎手) 「以前、芝のレースで乗せて頂いた時から『センスがある馬だな』と思っていましたし、ダートを使うようになってからも凄く良い走りを見せていましたから、良いイメージを持って乗れました。スタートが決まって二の脚も速かったですし、手応え十分に、気持ちよく走っていました。最後も外から来られると、また反応して伸びてくれました。まだ4歳ですし、この先が楽しみです」
inyofu (佐藤正雄調教師) 「モンドクラッセが行くのかな、と思っていたのですが、スタートが良かったですし、ジョッキーも早めに、という考えだったのでしょう。前走の盛岡(クラスターC)は久々で余裕残しだった分、最後に息切れしたようでしたが、一叩きした今日は馬体も絞れて、良くなっていました。この後は東京盃にも登録していますが、状態を見て考えようと思います。賞金がどうかと言う面もありますが、オーナーもGIに行きたい、という願いを持っていますし、JBCスプリントを目標にしたいです」

【兵庫GT】直線で盛り返し3着

秋の大目標であるJBCスプリントを賞金不足で除外されると、室町S、カペラSは見せ場なく惨敗に終わり、兵庫ゴールドトロフィーに向かった。まずまずのスタートを切り先手を奪うものの、グレイスフルリープにマークされる厳しい競馬になる。3コーナーでグレイスフルリープが外から動き出すと、サイタスリーレッドはズルズルと後退し馬群に飲み込まれる。それでも最後の直線で息を吹き返したかのように内から盛り返し3着を確保した。
動画を見る
inyofu 「後ろから馬が来たら、耳を絞って急に下がってしまったみたい」と佐藤正師は敗因を分析する。

【根岸S】直前情報!ブリンカー着用で変わり身に期待!

inyofu 集中力アップへ、今回はブリンカーを装着して臨む。「調教では前向きさが出ている」とトレーナーは効果を強調。府中の7ハロン戦へ、「スピードはあるし、好位で折り合った競馬をさせたい。G1に使いたいという馬主さんの希望にも応えたい」。静かな口調に、勝負気配をにじませた。

【前年度 秋の成績に注目】

inyofu 2010年以降、過去8年の根岸Sでは、「前年の9月中旬~11月末にダート1400mで勝利を挙げていた」という馬が毎年連対している。JRAではGⅠ競走が行われていない距離ではあるが、1400mを得意とする馬もいるだけに、過去の成績をチェックしておくことをおすすめしたい。
inyofu 過去10年の前走の着順別成績をまとめると、優勝馬10頭は全て前走で5着以内に入っていた。6着以下から巻き返して連対を果たしたのは、2015年2着のワイドバッハ(前走・チャンピオンズC6着)だけとなっている。続いて、前走の単勝人気別成績を調べてみると、優勝馬こそ前走で3番人気以内だった馬に集中しているが、全体的には前走の人気にかかわらず好走馬が出ている。前走について比較する際は、単勝人気より着順を重視したいところだ。

逃げても良し、溜めても良しと能力が高いことは事実だが、砂を被ることを苦手としているように気性面に課題が残っている。それだけに、今回のブリンカー着用が彼にとって良い結果を生み出すことを期待したい。初コンビとなる石橋脩騎手を背に、2月で定年となる佐藤正雄調教師に白星を届ける。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line